ブログカスタマイズ

独自ドメインを取得しました!移行手順とメリット~検索結果で上位表示されるために~

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

独自ドメインを取得しました

当ブログでは、独自ドメインを取得しました。

新たなブログURLは「https://www.seer-book.info」です。独自ドメインはお名前.com で取りましたよ。

ドメインを取得した理由

メインブログの方では、以前から独自ドメインで運営していました。

崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

メインブログで、Googleアドセンスなどの申請は済んでいたので、サブの読書ブログは、改めて独自ドメインを取得しなくても、事足りる状態でした。

それでも、約1ヶ月運営してきて、やっぱり独自ドメインにしようと考えた理由はふたつあります。

  • Googleアドセンスの関連コンテンツに他のはてなブログの記事がピックアップされてしまうから
  • 同じドメインが検索結果に表示される数は決まっているから

ひとつひとつ解説します。

関連コンテンツに他のはてなブログの記事がピックアップされる現象

Googleアドセンスの関連コンテンツユニットは、私のブログの中の、他の記事を自動で表示させてくれ、その中に広告リンクをミックスしてくれる有能なコンテンツです。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。

しかし、なぜか、同じはてなブログ内の、違う人のブログが、関連コンテンツに表示されています。

ずっと、理由がわからなくて、「同じく読書をメインコンテンツにしているブログだからかな」「私のブログの記事数が少なくて、関連コンテンツとして表示できないのかな」と思っていました。

ですが、ようやく意味がわかりました。私のも他人のも、「hatenablog.com」というドメインが同じだから、同一とみなされていたのです。

私としては、自分のブログの他の記事を読んでほしいし、他のブログにユーザーさんが流れていくのは本意ではありません。

独自ドメインを取らない限り、このリンクは変えられないので、独自ドメインを取る理由のひとつになりました。

 

同じドメインが検索結果に表示される数は決まっている

Googleの検索エンジンには、検索結果の中に同じドメインを一定数しか表示しないというルールがあります。

Googleは、ユーザーが有益な検索結果を得られるように、随時仕様変更をしているので、その数は公開されていません。

一説には4つとも言われていますが、実際同じドメインばかり検索結果に並ぶこともあるようです。

つまり、「hatenablog.com」というドメインに、以前から運営されている、アクセス数の多い読書ブログがあれば、私のブログは一向に検索結果に表示されないのです。

実際、「作者名  本のタイトル  感想」などの、自分の記事が引っかかりそうなキーワードで検索してみましたが、20ページ目まで見てみても、当ブログの記事はヒットしませんでした。

このままでは、どんなに熱い感想を書いても、誰にも届きません。そんなの悲しいので、独自ドメインの取得に踏み切りました。

独自ドメインへの移行手順

アクセスは少ないながらも、せっかくこれまで育ててきたブログです。PV数を毀損しないために、移行の手順を守らなくてはなりません。

GoogleサーチコンソールやGoogleアドセンスの設定を誤ると、全くのイチから…ということになってしまいます。

  • サーチコンソールに旧URLを登録
  • ドメインを取得
  • はてなブログに独自ドメイン設定
  • サーチコンソールに新URLを登録する
  • GoogleアドセンスのURLを変更

詳しくはこちらのサイトを参考にさせて頂きました。図入りで分かりやすかったです!ありがとうございます。

 

検索結果の表示順位を上げる方法

ブログを書くからには、多くの方に見ていただきたいです。そのためには、検索エンジンで上位に表示される必要があります。

「hatenablog.com」のときは、同じドメインの中で競合していたら上位に表示されない…という事情でしたが、独自ドメインを設定したあとは、完全に自分の記事の質やセンス、内容で評価されることになります。気合が入りますね!

このようなことに気をつければ、検索で上位に表示されやすくなる、という傾向をまとめています。どれも、コツコツ積み重ねが必要なことばかりですね。

PV数を増やす

例えば、直近で有名な賞を取った本の感想は、ユーザーからの関心が高く、多くの人が検索するでしょう。そういった、人気のある、ニーズの高い記事を書いて、Googleからのトラフィック(アクセス数)を稼ぐことです。

例えば、辻村深月さんの「かがみの孤城」について書いた記事などが該当しますね。

あわせて読みたい
辻村深月「かがみの孤城」 不登校の中学生たちの、絆と闘いの1年間。【本屋大賞受賞作】【ネタバレなし】【あらすじ・感想】こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 本屋大賞受賞作、辻村深月「かがみの孤城」 辻村深月さんがついに本屋大賞を受賞されま...

読者の方に愛されるブログを目指す

特定の読者の方が、いくつかの記事を見てくだされば、サイトの滞在時間が長くなります。また、平均ページビューが増え、直帰率を下げることにつながります。

それらが成功すると、Googleは「ユーザーが愛着を持っている」と判断して、このブログの新しいドメインの評価を高めてくれます。

他ドメインのサイトからの被リンクを増やす

当ブログへのリンクは、主にこちらから張っているもので、別サイトから張って頂いているものは、まだほとんどありません。

Googleは、サイトの人気度を測定するために、他のドメインのサイトからのリンクを重要視しています。

  • 信頼できるサイト
  • 権威のあるサイト
  • 関連性の高いサイト(同じく本や読書をテーマにしたサイトなど)

特に、こういったサイトからの外部リンクの数を参考にしています。相互リンク、募集中です! また、記事のURL引用など、積極的に歓迎します。

より多くの方に本のおもしろさを届けます

このブログの目標は、私が本当におもしろいと思った本を、たくさんの方に読んでもらいたい、ということです。

なので、「おもしろそう!」「興味ある!」「今度読んでみます!」といったコメントを頂けるのが、いちばん大きなモチベーションになります。

ブログを読むだけでなく、紹介している本を読んでいただくという、次のステップまで目指しているので、ハードルは高いのかもしれません。

読んでくださった方の心の片隅に爪痕を残して、いつか本屋さんで見かけたときに「あ、この本って、あのときの…」と思いだしてもらえたらいいな。

 

おすすめ記事

渾身の感想記事です。心から面白いと思った本をご紹介しています。

あわせて読みたい
三木笙子「人魚は空に還る」明治時代の幻想的な推理小説【帝都探偵絵図シリーズ1】【あらすじ・感想】こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 人魚は空に還る 〜雑誌記者と美形絵師の交流が心温まる推理小説〜 ...
あわせて読みたい
辻村深月「島はぼくらと」 離島に暮らす高校生4人の青春小説【ネタバレなし】【あらすじ・感想】こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 辻村深月さんは、10代の心の機微を描いたら最強 デビュー以来、10代の繊細で切実な...
あわせて読みたい
「骨を彩る」彩瀬まる~大切なものを失ったことのあるあなたに読んでほしい~【あらすじ・感想】こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 彩瀬まるさんは、喪失と向き合って優しく背中を押す作風 彩瀬まるさんは、1986年生...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です