泊まれる本屋

泊まれる本屋「book and bed」で、至福の読書タイムを体験♪設備やアメニティを公開!

book and bed

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

泊まれる本屋「book and bed」

素敵な空間でしょう?こちらは「泊まれる本屋」がコンセプトのホステル「book and bed」です。

私は今回、池袋本店に宿泊しました。その他、赤坂・京都・福岡にも店舗があります。泊まってみた感想をレポートします!

好きなことをしてたらうっかり寝ちゃった、そんな体験を。

本棚

読んでいる本の続きが気になって、眠いけどあと少し、あと少しと思いながら読んでいたら、いつの間にか寝てしまった…

本が好きな人なら、きっと一度はそんな経験があるのではないでしょうか。

book and bedは、そんな幸せな「寝る瞬間」を演出したいというテーマを持っています。

好きな本にどっぷり浸って、そんな最高の瞬間を保存するかのように眠る。それってめちゃくちゃ幸せじゃないですか?

「泊まれる本屋」とは言いますが、本そのものは販売はしていません。

ここで読む専用です。book and bedにいる間に思う存分読んで帰りましょう。または、気になる本を見つけたら、帰りに本物の本屋さんでゲットするのもいいですね。

入り口は普通の雑居ビル

book and bedは、居酒屋などが入っている雑居ビルの、7F・8Fにあります。

雑居ビル
HPやInstagramの、おしゃれな写真のイメージと違う、普通のビルです。本当にこんなところに?と信じられないくらい。

チェックインは16時~、24時間いつでもOK

受付は8Fです。エレベーターで8Fに上がり、チェックイン。

16:00~チェックイン可能です。私は16:00過ぎに到着して、とりあえず疲れていたのでソッコーで2時間ほど寝ました。

ホステルって初めてで、うまく眠れるか心配でしたが、落ち着いた静かな雰囲気で爆睡できました(笑)。

24時間スタッフの方が常駐しているので、23:00以降でもチェックインが可能です。 (要連絡)

入り口が幻想的すぎる!

入り口

私が泊まった部屋は7Fでした。7Fの入り口は、幻想的にライトアップされています。なにか素敵なことが始まりそうなワクワク感。ここから先は本の世界!

チェックイン時にカードキーを渡されるので、タッチして中には入ります。外に出かけるときや、7Fと8Fの行き来の際は、カードキーを忘れずに。

(私は一度忘れて来てしまって、スペアのカードをお借りしました…)

設備・アメニティ

洗面台
洗面台・シャワールームです。シャワーは24時間利用可能ですが、ドライヤーは24:00~翌朝7:00までは使用できません。(撤去するそうです)

寝ている人、ゆっくり過ごしたい人の邪魔にならないための対策ですね。

アメニティ

こちらはお風呂セット(500円)。バスタオルが借りられるのと、シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・歯ブラシセットが、専用エコバッグに入れられています。

バスタオルは、使い終わったら、シャワールームの前にあるカゴに入れて返却します。

歯磨きをしたあと、口をゆすぐコップがなくて困りました。バスタオルは返却してしまうので、朝洗顔したあとに顔を拭くタオルを持ってきてよかった!

パジャマなどくつろげる服を持参しよう

多くのホステルと同様、アメニティは充実していません。パジャマはレンタルもないので、持参しましょう。

ソファ

こんなおしゃれな空間で、パジャマすっぴんメガネって恥ずかしいかな~と思っていましたが、夜は照明も暗めになりますし、周りの人もみんなそんな感じなので大丈夫でした。

男女混合の宿泊施設なので、夫は「女性専用じゃなくて大丈夫なん?」と心配していました。

正直私も、変に絡んでくる男の人とかいたりしないのかな…と警戒していましたが、全くそんな事はありませんでした。

基本的にひとりで利用する方が多く、みんな周りの人のことなんて気にせず、自分の世界に入ってる感じで、居心地が良かったです。

ソファでは飲食可能。持ち込みもOK

トースター

トースター・電子レンジなどは自由に利用OKです。また、コーヒーや紅茶、マフィンなど有料でオーダーできます。宿泊代金も含め、お支払いはクレカか交通系ICカードのみ。

エレベーター前には自動販売機もあり、そこでは現金が使えます。

ソファでは飲食OK、ベッド内では飲食不可です。飲食物の持ち込みは自由です。

私は近所のパン屋さんでパンを買って持ち込み、朝ごはんにしました。コーヒーは400円で淹れていただきました。

お部屋はBOOKSHELF・BUNKの2種類

眠れる本棚

お部屋は2タイプあります。写真に写っているのは、本棚の中で眠れる「BOOKSHELF」です。私は、本棚とは離れた、奥まったスペースにある「BUNK」に泊まりました。

BOOKSHELFもいいな~と思ったのですが、「自分がベッドの外に出たい時に、人が前の本棚のところに立ってたら、ビックリされたり気を遣ってしまいそう」「本の出し入れの時に、中に音が響いたりして寝にくいかな?」と思って、BUNKにしました。

さらに、その中で、お部屋の大きさ別に「STANDARD」と「COMPACT」があります。

私が泊まったのはSTANDARDで、こちらの方が広いので、特に問題なく快適に過ごせました。男性は窮屈に感じるかな?

オシャレにレイアウトされた本棚にテンション上がる!

本棚

色んなジャンルの本が並んでいます。写真集、小説、絵本、マンガ、旅行ガイドブック、自己啓発本などなど…一晩では読みきれません!

天井まで本で埋め尽くされています。なんだか魔法みたい。

天井
私は一晩で4冊ほど読みましたが、まだまだ読みたい本があって、でももう眠い~寝ちゃう~っていう、まさに「幸せな寝落ち」をリアルに体感していました。

お酒もあります(800円)

はちみつビール

ソファではちみつビールを飲みながら、ハワイのガイドブックを眺めるひととき。お酒はすべて800円で、他にもカクテルとかいろいろありました。

予約は公式サイトまたは各種旅行サイトにて

 

おすすめ記事

book and bedで読んだ本の感想記事です。「しごととわたし」は、働く女性のインタビューをまとめたドキュメンタリーです。

あわせて読みたい
「しごととわたし」~働く女性のインタビュー集~試着室で思い出したら、本気の恋だと思う~こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 「しごととわたし」は、働く女性のインタビュー集 内容紹介 女...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です