戦の勝敗を司る「軍配者」を描いた3部作。時代小説が苦手な方にもオススメ!著者:富樫倫太郎

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

軍配者とは、戦のすべてを指揮する立役者

軍配者という言葉は、あまり聞き慣れないですよね。軍配者とは、占術と兵法どちらにも長けた、いわゆる「軍師」です。

戦略を立てたり、戦そのものを取り仕切ることはもちろん、天候を読むことまで。昔は迷信深かったので、戦にまつわる儀式や占いもします。軍略のすべてを指揮して、主君を勝利に導くのです。

この3部作は、「軍配者」を題材にした創作歴史モノです。

早雲の軍配者

あらすじ~風摩小太郎の青春時代~

伊豆・相模の地を平定した北条早雲の次なる策は、周辺諸国から領地を守る次世代の指導者たちを育てること。風間一族の少年・小太郎は学問の才を見出され、早雲の直弟子として日本最古の大学「足利学校」へ送り込まれた。

若き日の山本勘助らと机を並べながら兵法・占術・陰陽道・医術・観天望気・軍陣の作法など、戦国大名のブレーン「軍配者」に必須の学問を修めた小太郎は、やがて戦場で友たちと再会する…。
(「BOOK」データベースより)

 

風摩小太郎って、相模国の忍者集団のトップが代々名乗ってきた名前だったという説が有力です。それを、北条早雲に見出された若き軍配者として描くところが、本作のオリジナル要素です。

小太郎は、両親を亡くし、寺の雑務をこなしながら学問を聞き、農家の手伝いをして妹を養っていました。

そんな折、北条早雲に見出され、軍学を学ぶための大学「足利学校」に通い始めます。それが、小太郎の軍配者としての道の始まりでした。

足利学校で出会った、山本勘助や、曽我冬之助との友情も見どころです。この3部作の始まりにふさわしい、若さと青春あふれるお話です。登場人物が若いところも、感情移入しやすい理由かな。

小太郎は、不遇にあっても、人を憎まず真っ直ぐで、きれいな目と心をもっています。その「いい奴」っぷりに、応援したくなります。

 

信玄の軍配者

あらすじ~不遇の四郎佐=山本勘助~

日本最古の大学・足利学校で学問を修めた勘助は、その後、駿河国で囚われの身となったまま齢四十を超え、無為の時を過ごしていた。預かる軍配もなく、仕えるべき主君にも巡り合えず、焦燥だけがつのる日々…そんな折、武田信虎による実子・晴信(のちの信玄)暗殺計画に加担させられることになる。

命を賭けた一世一代の大芝居、学友たちとの再会を経て、「あの男」がいよいよ歴史の表舞台へ―。
(「BOOK」データベースより)

2作目の主人公は山本勘助。といっても、本当の名前は四郎佐。いわゆる、なりすましです。

山本勘助という人物は、有名な割に、実在していたのかどうか、不明な点が多いそうです。それを逆手に取って、新たな人物像を作り出しているのが面白いです。

勘助は、足利学校を出てからというもの、士官先が見つからず、報われない日々を送っていました。幼少期に患った病のせいで、顔が醜く、体が不自由。そのせいで、天の邪鬼でひねくれた性格です。

仕官先を求めて放浪し、何年も軟禁されるなど苦難の末に、武田晴信=信玄に出会います。晴信の信頼を得て、軍配者として名を挙げはじめます。

勘助は、そのとき、40歳を超えていました。人生50年と言われる時代の40歳は、相当苦しい思いをしてきたことでしょう。

共に学んできた、風摩小太郎や曾我冬之助は、すでに主君を得て活躍していたので、なおのことです。戦場で風摩小太郎を助けたり、捕虜となった曾我冬之助を逃がすなど、彼らの友情は健在です。

勘助が、冬之助に「お前なんか大嫌いだが、だけど、友達だ。それでいいじゃないか」というセリフがあります。自分の気持ちをストレートに表現しない勘助の、精一杯の友情です。

勘助は、武田家の重臣、原虎胤の飲み友達になり、虎胤の娘の千草と出会います。諦めていた「人並みの幸せ」を手に入れることになります。こんなにも、心あたたまる戦国ものって珍しい!

個人的には、昔、大河ドラマの「風林火山」を見ていたので、山本勘助はじめ武将の名前や地名がすんなり理解でき、なんだか懐かしい気分になりました。

 

謙信の軍配者

created by Rinker
¥5,088
(2018/07/15 13:56:22時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ~戦の天才・長尾景虎と、軍配者・宇佐美冬之助~

曾我冬之助は新たに宇佐美姓を名乗り、若き長尾景虎(上杉謙信)の軍配者となる。しかし実際に戦況を支配していたのは「毘沙門天の化身」景虎その人だった。

常識外れの発想で勝ち続ける天才・景虎に、足利学校の兵法は通用するのか?冬之助の旧友・山本勘助が率いる武田軍との攻防が続く―。
(「BOOK」データベースより)

3作目は、曾我冬之助が主人公。名を改め、宇佐美冬之助と名乗っています。

冬之助は、長尾景虎に仕える軍配者となっています。当初、冬之助は、オンナ好きで破天荒なキャラだと思っていました。

しかし、成長に伴ってか、長尾景虎といるせいか、欲がない人物になっています。型破りな冬之助が見たかった!

景虎には、神業的な戦の才能があり、軍配者の作戦がなくても、自分で動いてしまいます。なので、冬之助の軍略センスを発揮するところがあまりありません。策を立てる必要がないんですよね。

そして、冬之助メインと見せかけつつ、勘助が結構目立っています。

武田家と上杉家が、長らく戦をしていたというのは、歴史上の出来事として知っています。

無駄な戦いをせず、調略をしながら、領土拡大をはかる武田信玄。根回しや政治が嫌いで、自ら先頭に立って敵陣に攻め込む長尾景虎。双方の対立を中心に描いています。

しかし、ここまで読んできた読者にとっては、「四郎佐 VS 冬之助」となっているでしょう。

山本勘助が川中島の合戦で戦死した、という史実は知っていました。川中島の合戦に向けて、冬之助が立てている策は、そのまま、勘助が死ぬということにつながります。

勘助に肩入れして読んでいると「ついに来てしまう」という気持ちになります。

史実と違ってもいいから、勘助には、子どもたちと余生を過ごしてほしかったなぁ…と、切なくなってしまいました。

 

時代小説が苦手な人でも楽しめる!

いかがでしたか? 富樫倫太郎さんの著作は、会話が多く読みやすい文体です。

説明文が少なめで、わかりやすく、戦国時代小説のとっつきにくいところを解消してくれています。時代物を敬遠してた人にもオススメです。

個人的には、1作目の「早雲の軍配者」が一番面白かったです! 登場人物が若くて、未来への希望にあふれていて、共感ポイントが多いんです。

1作目で、すんなり世界に入っていければ、あとはどんどん続きが読みたくなりますよ。

おすすめ記事

どんでん返しや謎解きがお好きな方にオススメです。ラストで驚きますよ。

あわせて読みたい
「こわれもの」浦賀和宏~衝撃のラストを見逃すな!【ネタバレなし】【あらすじ・感想】こんにちは。シーアです。(@seer_1118) こわれもの~二転三転するラストの衝撃~ こわれもの po...
あわせて読みたい
ラストの伏線回収とドンデン返し!絶対もう一度最初から読みたくなる「七河迦南」の作品3選こんにちは。シーアです。(@seer_1118) おすすめのミステリー小説のご紹介です! 七河迦南とは? 知る人ぞ知る、ミステリ...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です