映画・ドラマ

「プーと大人になった僕」何もしないをする。疲れた大人が、子ども心を思い出す映画【ネタバレ】

プーと大人になった僕

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

仕事に追われて疲れ切った大人が、子ども心を思い出せるような、素敵な映画をご紹介します。

プーと大人になった僕|映画|ディズニー公式

シーア
シーア
中学校1年生・小学校3年生の息子たちと、3人で見てきましたよ!

くまのプーさんといえば、ディズニーの有名な人気キャラクター。

ですが、この映画は、どちらかというと子ども向けではなく、大人にこそ見てほしい作品です。

仕事のストレスや、日常の忙しさに、すっかり夢や余裕をなくしてしまっている…そんなあなたにピッタリの映画ですよ。

シーア
シーア
この記事では、多少のネタバレがあります。まだご覧になっていない方の楽しみがなくなっちゃうほどではないと思っていますが…気になる方はお気をつけくださいね。

「プーと大人になった僕」の映画データ

  • 原題 Christpher Robin
  • 制作年 2018年
  • 制作国 アメリカ
  • 配給 ディズニー
  • 上映時間 104分

原題は、クリストファー・ロビン、つまり主人公の名前になっています。

  • クリストファー・ロビン(主人公)…ユアン・マクレガー
  • イヴリン・ロビン(主人公の妻)…ヘイリー・アトウェル
  • マデリン・ロビン(主人公の娘)…ブロンテ・カーマイケル
シーア
シーア
クリストファー・ロビンの吹き替えは、俳優の堺雅人さん。いい感じでしたよ!

人間以外(?)のキャストは、おなじみくまのプーさん!

そして、臆病なブタのピグレット、お調子者のトラのティガー、のんびり屋のロバのイーヨー、カンガとルーの親子、ラビット、オウル…

100エーカーの森の仲間が勢揃いしています!

シーア
シーア
懐かしい! だけど、「くまのプーさん」の原作って、お話の筋はほとんど覚えてないかも…。
ライト
ライト
よっぽどのファンじゃない限り、みんなそうじゃない?

原作は、イギリスの児童作家、A.A.ミルンの小説「くまのプーさん」です。

でも、日本では、ディズニーキャラクターとしてのイメージが強いですよね?

私も、「くまのプーさん」のストーリーそのものは、あまり知りませんでした。

シーア
シーア
だけど、問題なく楽しめましたよ!

「プーと大人になった僕」のあらすじ

クリストファー・ロビンは、幼い頃、100エーカーの森で、親友のくまのプーさんたちと仲良く遊んでいました。

しかし、寄宿学校への進学をきっかけに、大人への道を進み始めました。

ふたりは「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わし、別れを告げます。

シーア
シーア
冒頭、このシーンから始まって、すでに泣きそうに…。

そして、月日は流れ…大人になったクリストファー・ロビンは、ロンドンで家族と暮らしていました。

愛する妻・イヴリンと出会い、娘のマデリンにも恵まれました。

しかし、旅行カバン会社のウィンズロウ社で、経費削減や人員整理を求められ、苦しい立場に立たされています。

仕事中心で、精神的に追い詰められ、余裕のない毎日…ついに、家族と故郷で過ごす約束をしていた週末にまで、仕事が入ってしまいます。

シーア
シーア
妻には呆れられ、娘のマデリンにも悲しい思いをさせてしまう…。
ライト
ライト
それでも、部署の存続がかかっていたから、投げ出すわけにはいかないと思ったんだよね。

そんなとき、クリストファー・ロビンの前に、かつての親友、プーが現れます!

「森のみんながいなくなっちゃったんだ。一緒に探してよ」と言うプーのあとについて、久しぶりに100エーカーの森へ…。

ですが、仕事をしなくてはならないことを思い出します。

「仕事って、ぼくの赤い風船よりも大事?」と悲しむプー。

変わらない仲間たち、大人になって変わってしまった自分…。

早々に立ち去ろうとするクリストファー・ロビン。

ところが、慌てていて、仕事に使う重要な資料を忘れていってしまいます。

プーと仲間たちは、マデリンの協力を得て、クリストファー・ロビンに忘れ物を届けるためにロンドンへ出発します。

ライト
ライト
ぬいぐるみたちが、ロンドンの雑踏で大騒ぎ!
シーア
シーア
果たして、無事に「大切なもの」を届けられるのでしょうか…!?

「プーと大人になった僕」の3つの魅力を解説

「プーと大人になった僕」の素晴らしさを、3つピックアップします。

  1. プーさんが語る、哲学的で深いセリフ
  2. 父と娘、家族の絆を取り持つ遊び心
  3. 仕事も大切だけど、それよりも家族が大事
シーア
シーア
ちょうど、仕事を時短勤務にしたばかりの私には、染み渡りました…!
ライト
ライト
大人が感動する作品だよね!

プーさんが語る、哲学的で深いセリフ

プーは、ちょっとお馬鹿さんなように見えるけれど、実は何気なく、深い言葉をかけてくれます。

特に、クリストファー・ロビンへのセリフは、のんびりした口調も相まって、とても哲学的です。

プーの哲学的な言葉たち
  • 僕がいちばん好きなのはね、何もしないこと。
  • 何にもしないって、最高の何かにつながることなんだ。
  • 風船は、何にもならないけど、持っていると幸せな気分になるよ。
  • 君は壊れてないよ。ちょっとシワになってるだけ。
  • 僕は僕でいちゃいけない?
  • どこかに行きたいとき、じっと待っていると、たまにどこかの方から来てくれるんだ。
  • 行ったことないところに行かなきゃいけない。行ったことあるところに戻るんじゃなくて。

いくつかの言葉は、もともとクリストファー・ロビンが言ったのですが、大人になってすっかり忘れてしまっていたんです。

それを、プーは何十年もの時を超えて、そっくりそのまま返します。

ただのハチミツ好きのくまさんだと思っていたら、ちょっとびっくりしますよ。

シーア
シーア
小学3年生の次男には、ちょっと難しかったかも?

父と娘、家族の絆を取り持つ。離れていく心をつなぎとめるのは遊び心。

クリストファー・ロビンは、妻と娘を大切に思っているにも関わらず、仕事を優先してしまいます。

シーア
シーア
日本で言うところの、社畜だね…!

会社に人生を捧げて尽くす価値観は、まるでオーバーワークの日本人みたい。

でも、仕事に生活を支配されて、追い詰められてしまうのは、どこの国でも同じなんですね。

また、自分と同じように、マデリンにも寄宿学校に行かせようとしています。

それも、マデリンにとっては、「パパは私のそばにいたくないの?」と思ってしまう…

このままでは、妻と娘の心は離れていってしまいます。

ライト
ライト
プーに再会して、昔の遊び心を思い出したことで、少しずついい方向に向かいます!

マデリンとの距離も、徐々に縮まっていきますよ。

仕事も大切だけど、それよりも家族やプライベートが大事

クリストファー・ロビンが仕事をするのは、家族より仕事が好きだからではありません。

家族を守るために、仕事をしないといけない状況に陥っていたからです。

シーア
シーア
仕事に真剣に取り組むのは大切だし、ある意味仕方がない部分もあるんだけど…。

仕事のせいで、大切な家族とのプライベートな時間まで取り上げられてしまったら、本末転倒です。

家族がいて、お休みが充実しているから、仕事も頑張れる。

仕事にやりがいがあるから、休暇や旅行もしっかり楽しめる。

シーア
シーア
それが理想ですよね!

仕事を一生懸命やるのは、悪いことではないと思います。

だけど、体を壊したり、家族を壊してしまったら、元も子もありません。

何事にもメリハリが大切だってこと。

ライト
ライト
働きすぎの日本人には、きっと突き刺さる映画じゃないかな?

不登校の長男にも心境の変化が?

この映画を一緒に見に行った、中学1年生の長男は、しばらく学校に行くことができていません。

シーア
シーア
いわゆる不登校です…。

思春期の男子なので、自分の感想や意見をストレートに口にすることはありません。

ですが、プーさんのセリフ「何もしないをする」は、彼なりに心に刺さっていたようでした。

長男は、今ちょうど、「何もしないをする」期間中なのかもしれません。

シーア
シーア
見ている親は、ヤキモキしちゃうんだけどね…。

焦らずに、長い目で見てあげないといけませんね。

おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です