絵本・児童書

「ボビーとそらいろのヨット」いつまでも楽しめるものと、今だけのものの違い。

bobby-and-skyblue-yacht

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

個人的にすごく好きで、私自身の心の栄養になっている絵本をご紹介します。

シーア
シーア
絵もお話も大好き。私にとってはバイブルとなる絵本なんです!
ライト
ライト
そんなに有名じゃないけど、みんなに知ってほしいな。

ずっと残る、いつまでも楽しめるものと、食べたらなくなってしまうような、いわゆる「消え物」の違い。

子どもはとにかく「今」が大事だから、それらの違いを理解するのは、とても難しいもの。

だけど、この絵本を読めば、自然とどういうことなのかが伝わるんです。

シーア
シーア
「ボビーとそらいろのヨット」の魅力を解説します!

「ボビーとそらいろのヨット」の絵本データ

  • 作・絵 マーガレット・バーディック
  • 訳 渡辺茂男
  • 出版社 童話館出版
  • 発行日: 1995年11月(89年刊行の復刊)
  • ページ数 32ページ
  • サイズ 21cm×17cm
  • 楽しめる年齢の目安 5歳から

マーガレット・バーディック氏については、調べても何の情報も見つかりません。

副題に「カエデのもりのものがたり」とついていますが、シリーズの他作品も出ていないみたいです。

ライト
ライト
日本語訳されていないだけで、本当はあるのかもしれないけど…。
シーア
シーア
すごく好きだから、もし他の作品もあるなら、読んでみたいんだけどなぁ。

童話館出版は、絶版になった優れた絵本を復刊する取り組みを行っています。

「ボビーとそらいろのヨット」も、1989年に発行されたあと、絶版になりましたが、1995年に童話館出版より復刊されました。

復刊した絵本以外も含めて、子どもの年齢に合わせた絵本の定期配送サービス「ぶっくくらぶ」で届けています。

シーア
シーア
子どもの本を取り巻く環境を、真剣に考える出版社なんです!
ライト
ライト
復刊のおかげで、こうして出会えたんだから、奇跡だよね。

「ボビーとそらいろのヨット」のあらすじ

かわうそのボビーは、アナグマさんのお店で、素敵な空色のヨットを見つけました。

ヨットには、小さなカードがついていて、こう書かれています。

「ビーバーさんの さくひん――いいものと こうかんします」

ボビーは、空色のヨットが欲しくて、ヨットと交換できるような「いいもの」を探します。

「あんな すてきな ヨットと、こうかんできる いいものって、なんだろう?」

ボビーは、カエデの森できれいな落ち葉を拾って、アナグマさんのお店に持っていきます。

だって、とてもきれいだし、前にお母さんにあげたら喜んでくれたから…。

ですが、アナグマさんは、こう言います。

「ビーバーさんはきっと喜ばないと思うよ。冬になれば、きれいな落ち葉も茶色になってカサカサ。だけど、君には空色のヨットが残るだろ」

シーア
シーア
アナグマさんは、落ち葉のキレイさは今だけのものだ、って言いたいんだね!
ライト
ライト
小さい子にも分かる説明で、ボビーも納得しているね。

次に、ボビーは、ビーバーさんが好きそうな、とてもおいしいニレの枝を集めてきたけれど、結果は同じ。

ニレの枝も、ビーバーさんが食べてしまえば、なくなってしまいます。

小川の底でキラキラ光っていた小石を拾ってみたけれど、それも乾いてしまえばただの石ころでした。

ボビーは、カエデの森の向こうに沈む夕日を見ながら考えます。

空色のヨットと交換できる、美しい、いいもの…ビーバーさんがいつまでも楽しめるもの…

シーア
シーア
結末も、とてもステキ!

ボビーは、ビーバーさんのために絵を描きました。

自分が美しいと思った、カエデの森の夕日と、ビーバーさんに見せたいと思ったきれいな落ち葉、川底の光る小石、おいしそうなニレの枝。

アナグマさんも、これには納得。「素晴らしい絵だよ!」と言ってくれます。

ビーバーさんは、ボビーの絵をいつまでも喜んでくれるのでした。

「ボビーとそらいろのヨット」の3つの魅力を解説

「ボビーとそらいろのヨット」の素晴らしさを、3つピックアップします。

  1. いつまでも残るものと、今しか楽しめないものの違いが分かる
  2. 相手のメリット・自分のメリットの等価交換が学べる
  3. ものを大切に扱う気持ちを身につける
シーア
シーア
お説教っぽくなく、お話の中ですんなり理解できるのがステキ!
ライト
ライト
アナグマさんをはじめ、ボビーの周りの大人がいい人だよね。

いつまでも残るものと、今しか楽しめないものの違いが分かる

ボビーは、空色のヨットを手に入れれば、ずっと遊ぶことができます。

シーア
シーア
その対価って、どんなものがいいのかな?

月日が経つと劣化してしまうものや、食べ物は、一度楽しんだらそれっきりです。

キレイな色の葉っぱも、枯れてしまえばビーバーさんの手元には何も残らない。

おいしいニレの枝も、ビーバーさんが食べてしまえばおしまい。

水の中でキラキラ光っている小石も、乾いたら灰色のただの石ころ。

シーア
シーア
現実社会でも、同じことですよね?

自分が、いつまでも楽しめるものを手に入れたいなら、それ相応の品物を差し出さなくてはなりません。

現代社会では、それが「お金」になっています。

お金は、ほとんど何にでも交換できるので、汎用性の高さでは敵うものはありません。

シーア
シーア
だけど、ボビーのような子どもには、お金は払えないよね。

だからこそ、アナグマさんは、ビーバーさんが長い間喜んでくれるような「いいもの」を求めたのです。

相手のメリット・自分のメリットの等価交換が学べる

ボビーにとっては、いつまでも楽しめるものでも、ビーバーさんがそう感じてくれるかどうかは、また別の問題です。

作者であり売り主である、ビーバーさんが、喜んでくれるものでなくてはなりません。

「自分だったらこれがほしい」じゃ、ダメなんです。

シーア
シーア
子どもにとって、他者の視点を身につけるのは、成長の過程で必要なこと。

子どもは、基本的に自分中心な生き物です。

だけど、集団生活など、人との関わりの中で、他者の価値観を尊重することを覚えていかないといけません。

アナグマさんの意見のおかげで、ボビーは、ビーバーさんのメリットを考える視点を身につけます。

自分以外の人が、自分とは違った感じ方・考え方をするんだと理解していきます。

そして、ついにビーバーさんの希望を叶えられる手段を思いつくのです。

ライト
ライト
ビーバーさんは、自分のためにいろいろ考えながら描いてくれた、ってことも嬉しかったんじゃないかな?

ものを大切に扱う気持ちを身につける

ボビーは、ずっと空色のヨットのことばかり考えています。

目をつぶっても、空色のヨットのことを思い、夢にまで出てくるくらい欲しいのです。

シーア
シーア
今の子どもたちが、ここまでひとつのもののことを欲することってあるのかな…?

お金を出せば、何でも手に入ります。

本だって、電子書籍など、家に居ながらにして読むことができます。

それに、「欲しい」と言えば、すぐに親が買ってくれる…なんておうちもあるでしょう。

ライト
ライト
だけど、簡単に手に入れたものは、すぐ飽きてしまうかもね。

現代は、物がありあふれていて、本当に大切なものを見失ってしまいがち。

実は、人生に必要なものって、そう多くはないのかもしれませんね。

シーア
シーア
私も物欲は多い方なので、我が身を振り返ります!

私にとって、運命的な出会いを果たした絵本

シーア
シーア
私と「ボビーとそらいろのヨット」との出会いは、運命的でした…!

「ボビーとそらいろのヨット」の表紙絵が、絵本の定期便サービス「童話館ぶっくくらぶ」のパンフレットに載っていました。

淡い水彩画のようで素敵だな、と感じたのがきっかけ。

色もキレイだし、動物たちが、デフォルメされすぎず上品に描かれています。

昔好きだった、シルバニアファミリーを思い出すような…とにかく私好みの絵で、ものすごく惹かれたんです!

いつか読みたいとは思っていたけれど、そんなことも忘れかけた頃、図書館で偶然発見しました。

シーア
シーア
それも、もう帰ろうかな~って時に、ふと目に飛び込んできて!

背表紙だけで、表紙が見えなかったにも関わらず、「この絵本…!」ってピンと来て、手に取らなきゃいけないって思ったんです。

ライト
ライト
これぞ運命だね!

ストーリーにも、様々なメッセージがこめられていました。

とても大事な本になりそうだと思って、手元においておきたい気持ちになり、迷わず購入。

シーア
シーア
その直感は当たっていました!

出会いから10年が経つ今でも、私にとっていちばん大切な絵本のひとつです。

関連記事

初版の発売から20年が経つ、古典の絵本を「成人式を迎えた絵本」と呼ぶことがあります。

たとえば、誰もが知っている「ぐりとぐら」も、成人式を迎えた絵本のひとつです。

あわせて読みたい
「ぐりとぐら」不朽の名作!カステラのふんわり甘い香りがする絵本こんにちは。シーアです。(@seer1118b) ふたごののねずみ、ぐりとぐら。 日本でも、世界でも愛される、とっても有名な...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です