小説

「線は、僕を描く」砥上裕將|喪失感を抱えた青年が、水墨画で再生していく小説

senboku

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

家族を亡くし、よりどころを失った青年が、水墨画によって人生を取り戻す。

静かな情熱を感じる物語をご紹介します。

「線は、僕を描く」 砥上裕將

created by Rinker
講談社
¥1,620
(2019/10/17 23:37:34時点 Amazon調べ-詳細)

著者自身も水墨画家という、圧倒的な説得力をもって、第59回メフィスト賞に輝きました。

2019年、コミカライズ化されて、注目を集めている作品。

シーア
シーア
水墨画って文章でイメージしにくいから、マンガも楽しみ!

青山くんの、秘めたる才能が開花し、ゆっくりと悲しみが癒やされていく様子は、何かを失ったことのある人には染み渡るはず。

ライト
ライト
「線は、僕を描く」を解説するよ!

「線は、僕を描く」砥上裕將|登場人物

「線は、僕を描く」は、水墨画をテーマにした、人間の再生と成長の物語です。

  • 青山霜介…主人公の大学生。高校生で両親を失い、喪失感とともに生きている。
  • 篠田湖山…水墨画の巨匠。霜介の才能を見出し、弟子にする。
  • 篠田千瑛…湖山の孫で、花卉画が得意な若き水墨画家。情熱的な美貌の持ち主。
  • 西濱湖峰…湖山門下二番手の水墨画家。見た目は運送屋みたいで豪快な性格。
  • 斉藤湖栖…湖山賞を最年少で受賞した、完璧な技術と容姿をもつ美男子。
  • 古前くん…青山くんの自称親友。いつもサングラスで格好つけている。
  • 川岸さん…青山くんと同じゼミ。母親の影響で水墨画に興味あり。カフェでバイトをしている。

ストーリーは、主人公の青山くんと、周りの人々が関わることで進んでいきます。

「線は、僕を描く」砥上裕將|あらすじと内容

青山霜介は、一人暮らしの大学生。

両親を亡くした痛みが消えず、ガラスケース越しに世界を見るような、無感動で無関心な日常を送っています。

青山くんは、親友の古前くんに半ば押し付けられたバイトをきっかけに、水墨画の巨匠・篠田湖山に出会います。

そのバイトは、水墨画の展覧会のパネル運び。

シーア
シーア
篠田湖山は、テレビや教科書にも出ている有名人…!

青山くんと水墨画を鑑賞している中で、「君は眼がいい」と気に入られ、その場で内弟子にすると言い出します。

しかし、湖山先生の孫、千瑛は「こんなひょろひょろで弱っちそうな人、まったく気に入らない」と受け入れません。

あれよあれよという間に、青山くんと千瑛は、来年の湖山賞をかけて対決する流れに…。

ライト
ライト
青山くんは、湖山先生がすごい人だってことも分かってなかったのに、いきなりの展開だね。

ふたりの関係がどうなっていくのか、そして勝負の行方は…?

シーア
シーア
気になる結末は、ぜひ本編で!

水墨画は線の芸術。生命を描く絵画

水墨画は、日本で暮らしていても、あまりなじみのない画法ですよね。

シーア
シーア
水墨画って、知っているようで、実は全然知らないかも…。

水墨画で描かれるテーマは、花や風景がメイン。

日本の自然の美しさを、森羅万象に宿る生命を、墨で表現する絵画です。

絵の技術も大切ですが、それよりも、対象をよく観察する眼と、生命を心で感じることが重要。

千瑛の薔薇の水墨画は、墨で描かれたモノクロなのに、本物以上の「赤」を感じます。

ライト
ライト
想像以上に、奥が深いものなんだね…!

現代のシンデレラストーリー? 傷ついたからこそ見えるもの

シーア
シーア
めったに弟子を取らない湖山先生が、いきなり弟子にすると言い出すなんてすごいこと!

人のいいおじいちゃんみたいな湖山先生に「今度、うちに遊びにおいで」と誘われる青山くん。

水墨画に詳しくない人でも知っている大先生に声をかけられるなんて、すごいことなのに、青山くんは世間知らずでぼんやりしています。

アイドルのスカウトのようなもので、一見よくあるシンデレラストーリー。

真剣に水墨画の道を追い求めている、千瑛のような人から見ると、青山くんの存在は腹立たしく思うでしょう。

ですが、青山くんが見初められたのは、ただのラッキーではありません。

悲しみを経験したからこそ、生命の輝きを見抜くことができ、人の痛みがわかる

そんな青山くんだからこそ、水墨画の才能を感じられたのです。

ライト
ライト
展覧会の一瞬でそんなこと分かるなんて、湖山先生ってただ者じゃないよね。

僕が線を描くのではなく、線に描かれる僕

読み始める前、「線は、僕を描く」というタイトルに、なんとなく違和感がありました。

シーア
シーア
なんで、「僕」はそんなに受け身なんだろ?「僕が、線を描く」なら、分かるけど…。

ですが、読み進めていくと、タイトルの意味がすんなり理解できます。

青山くんは、突然両親を失ったことで、この世界から隔離されたような状態。

彼は、生命を描く水墨画に触れて、生きている実感を取り戻し、自分を再構築していくのです。

水墨画を描くことで、青山くん自身の輪郭もなぞられていく…。

ライト
ライト
だから、「線が、僕を描く」なんだね。

墨で線を引き、人と関わることで、青山くんはこの世界に少しずつ居場所を手に入れていくのです。

「線は、僕を描く」砥上裕將|水墨画を通じて再生していく青年の成長物語

シーア
シーア
水墨画というとお堅いイメージだけど、普遍的なストーリーだよ!

最初は、身の回りに無頓着で、何も感じず、考えず…流されるままに生活していた青山くん。

ですが、湖山先生、そして水墨画との出会いでゆっくりと回復していきます。

千瑛との関係も、青山くんに大きな変化をもたらしました。

水墨画と向き合うことは、自分の心の中を見つめること。

青山くんは多くを語るタイプではありませんが、だからこそ、静かに感動できる作品ですよ。

created by Rinker
講談社
¥1,620
(2019/10/17 23:37:34時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

大切にしているものを失った経験は、大きな挫折ですが、人生の中で避けて通れないもの。

傷ついた人間が立ち直る過程を、丁寧に描く作品は、読む人に勇気を与えてくれます。

シーア
シーア
他にも、喪失と再生がテーマの作品について感想記事を書いています。
「骨を彩る」彩瀬まる|大切なものを失ったことのあるあなたに読んでほしい本こんにちは。シーアです。(@seer1118b) あなたは、大切なものを失ったことがありますか? 埋められない穴を感じながら...
think-of-soup
名前のないスープとサンドイッチ。人生がとけあう、ささやかであたたかい物語【ネタバレなし】こんにちは。シーアです。(@seer1118b) どんな人にも、気持ちが疲れてしまって、もう何も考えたくない…というときがあるはず...
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、ジップロックに入れたiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

>>Kindleでセール本をチェック

 

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です