小説

名前のないスープとサンドイッチ。人生がとけあう、ささやかであたたかい物語【ネタバレなし】

think-of-soup

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

どんな人にも、気持ちが疲れてしまって、もう何も考えたくない…というときがあるはず。

そんなときに読むなら、穏やかであたたかな世界に浸れる本がオススメ。

大きな出来事や事件はないけれど、ただただ心が落ち着いて癒される…そんな小説をご紹介します。

「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘

シーア
シーア
ほっこり癒されて、世の中って案外悪くないな〜、と思えますよ。

誰も悪い人がいなくて、誰も死なないお話。

深い感動とじんわりとしたあたたかさが染み渡る作品です。

「それからはスープのことばかり考えて暮らした」のあらすじ

路面電車が走る町、月舟町。

主人公は、仕事を辞めて無職になった青年、オーリィくん。

アパートの大家さんこと「屋根裏のマダム」に、苗字が「大里」だからオーリィくんと呼ばれています。

オーリィくんは、隣町の映画館「月舟シネマ」に足繁く通い、商店街のはずれのサンドイッチのお店「トロワ」に惚れ込みます。

美しい世界観が魅力!

オーリィくんのアパートからは、協会の十字架が見えます。

情景が美しくて、まるでこの小説そのものが映画を見ているみたい。

あたたかくて、穏やかで、ゆったりと流れる時間。

イライラ・ギスギスした、ストレスフルな生活を癒してくれるような、そんな静かな力を感じるのです。

おいしいサンドイッチのお店「トロワ」の店主と息子

アパートの近くにある、おいしいサンドイッチのお店「トロワ」。

オーリィくんは、トロワに通う中で、店主の安藤さんと、息子のリツくんと親しくなります。

安藤さんは、サンドイッチを作る天才だけど、機械音痴で真面目なアナログ人間。

リツくんは、賢くて大人びた小学生。

父親に携帯を買ってもらおうとあの手この手で説得したり、家出をしてオーリィくんの家に上がり込んだり、意外と行動派なんです。

やっと携帯を買って、オーリィくんにたどたどしいメールを打ってくる安藤さんがかわいい!

シーア
シーア
クスッと笑ってしまうシーン!
安藤さんとリツくんの過去

安藤さんの奥さん、つまりリツくんのお母さんはいません。

そして、安藤さんは、教会に通ってお祈りをしているようなのです。

なぜお母さんがいないのか、思慮深いオーリィくんはあえて聞きません。

ふたりとの関係は、オーリィくんの周囲を少しずつ変えていきます。

月舟シネマに通う理由は、好きな女優さんがいるから

オーリィくんは、路面電車に乗って、隣町の映画館「月舟シネマ」に通っています。

同じ映画を25回も見るほどに…!

シーア
シーア
すごい回数! どうしてそんなに同じ映画を…?

それは、チョイ役で出てくる女優さん、「松原あおい」さんが好きだからなのです。

ライト
ライト
オーリィくんは、食べ物でも映画でも、好きになったらとことん好きで、何度でも飽きないタイプなんだね。

昔の映画のリバイバル上映だから、今は松原あおいさんはきっともっと年を取っているはず。

だから、決して交わらない、叶わぬ恋…?なんです。

シーア
シーア
だけど、思わぬところから発展する予感…!
ライト
ライト
読んでみてのお楽しみだよ。
女優・松原あおいについて

松原あおいさんは、主演女優になるような、有名な人ではありません。

様々な映画に、ほんの数秒、エキストラのように登場するだけ。

でも、オーリィくんは気になって仕方がなくて、隣町で松原あおいさんの映画が上映していると思うだけで、いても立ってもいられないんです。

いくつもの人生がとけあった、名前のないスープ

特に大きな事件が起きるわけではなくて、淡々と日常が流れていきます。

それなのに、どうしてか、日々の生活が愛おしくなるようなきらめきを持っています。

オーリィくんは独身で、デートをする相手もいなくて、昔の映画に出てくる女優さんくらいしか好きな人がいないけれど、ちっとも孤独ではありません。

シーア
シーア
こんな風に、人と触れ合って暮らすのって、ちょっと羨ましいな。

マダムも、安藤さんもリツくんも、このお話に出てくる人は、少しずつ家族が欠けています。

明るく暮らしていても、心の奥底には、喪失感を抱えています。

それは、見ようによっては不幸に映るかもしれない…けれど、決して悲観していません。

だって、血のつながりはなくても、こうして一緒にサンドイッチを食べて、スープを飲んで、楽しく過ごすことができる…。

ライト
ライト
なんだか、すごくフラットで、豊かな暮らしだよね。

名前のないスープのことばかり考えて暮らす

シーア
シーア
この作品の大事なキーワードが、名前のないスープ。

オーリィくんは、サンドイッチに合う、おいしいスープを作るため、ある人にレシピを教えてもらいます。

食べる人が、それぞれ違う感想を言う、なんともいえない味わいのスープ。

母親を覚えていないはずのリツくんに、「おふくろの味」と言われます。

そして、レシピをもとに忠実に作ったはずのスープが、だんだんオーリィくんの味になっていくのです。

レシピを教えてくれた人には「私の味と違うのね」「これはもうあなたのスープなのよ」と言われます。

いくつもの人の気持ちや、失った思い出が、スープにはとけあっている…それって、人生そのものみたいだと思いませんか?

シーア
シーア
ぜひ、この世界観を感じてみてほしいな。

月舟町シリーズの関連作品

実は、月舟町を舞台にした作品は、三部作あるんです。

加えて、リツくんが主役のスピンオフ的作品も。

シーア
シーア
知らずに読んじゃったから、他の作品も読んでみたい!
created by Rinker
¥626
(2019/01/22 10:36:05時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥713
(2019/01/22 10:36:05時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥734
(2019/01/22 10:36:06時点 Amazon調べ-詳細)

映像化もされています。

関連記事

じんわりと広がる感動、心の底にある喪失感…「骨を彩る」にも共通する感想を持ちました。

「骨を彩る」彩瀬まる|大切なものを失ったことのあるあなたに読んでほしい本こんにちは。シーアです。(@seer1118b) あなたは、大切なものを失ったことがありますか? 埋められない穴を感じながら...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です