小説

「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」相沢沙呼|すべてが伏線になるミステリー

medium

書評ブログを運営していると、自然とおもしろい本の情報が集まってきます。

シーア

そんな中でも、この「medium」に対する賞賛は桁違いに多かったよ!

普段あまり本を読まない人も、目の肥えた読者も、「これは面白い!」「まんまと騙された!」と声を上げていました。

¥1,540 (2020/10/19 10:39:33時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

数々のミステリー賞を受賞した、業界騒然の話題作です。

  • 「このミステリーがすごい!」2020年版国内編 第1位
  • 「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング 第1位
  • 「2019年ベストブック」(Apple Books)2019ベストミステリー
  • 本屋大賞2020 ノミネート作品

ミステリー作家と霊媒師、異色の組み合わせが織りなす、予測不能のストーリー展開です。

ライト

「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」を紹介するよ!

本屋大賞2020大賞受賞作&ノミネート作品の感想・レビューまとめはこちら!

hontai-2020
【2020年本屋大賞】大賞受賞作&ノミネート作品の感想・レビューまとめ本屋大賞は、全国の書店員さんが、売りたい・おすすめしたい本を選ぶもの。毎年、面白い作品ばかりで、期待が高まります!2020年の本屋大賞の大賞受賞作&ノミネート作品と、レビュー記事をまとめました。1位「流浪の月/凪良ゆう」2位「ライオンのおやつ/小川糸」3位「線は、僕を描く/砥上裕將」など...

「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」相沢沙呼|登場人物

メインの登場人物は、推理作家と霊媒師という異色のコンビ。

  • 香月史郎(こうげつしろう)…警察に協力して多くの事件を解決してきた、若手の推理作家。
  • 城塚翡翠(じょうづかひすい)…死者の言葉を伝えることができる霊媒師。黒く長い髪に、緑色の瞳、フリルのついた服を好む、世間知らずでお嬢様らしい女の子。

ふたりは、お互いの特技を活かし、欠点を補い合いながら、証拠のない連続殺人事件を解決していくのです。

著者、相沢沙呼さんは男性!日常の謎が得意

相沢沙呼さんは、2009年、「午前零時のサンドリヨン」で、正統派ミステリーの新人賞・鮎川哲也賞を受賞しデビューされました。

東京創元社
¥836 (2020/10/19 01:59:05時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

「午前零時のサンドリヨン」は、Kindle Unlimitedの読み放題対象です!(2020年5月現在)
>>Kindle Unlimitedを30日間無料で試してみる

身のまわりで起こるちょっとした事件を解決する「日常の謎」ジャンルにこだわって執筆。

ポップでリズミカルな文章は、ライトノベル風の読み味で、小難しいことを考えなくても楽しめます。

実は、殺人事件を扱う本格ミステリーは「medium」が初挑戦。

シーア

お名前から、てっきり女性かと思っていたら、男性だったのでびっくり!

登場人物の描写に、男性的なエロティシズムを感じるので、読んでみて納得でした。

例えば、髪の艶やブラウスの胸元など、女性だとちょっと恥ずかしくなっちゃうような描き方をされているんです。

ちなみに、作品中で登場する、マジック(手品)は、相沢沙呼さんご自身の趣味でもあります。

ライト

ミステリー小説とマジックって、最後に種明かしするあたりちょっと似てるかも!

「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」相沢沙呼|あらすじと内容

香月は、大学の後輩・倉持結花の付き添いで、城塚翡翠の元を訪れました。

占い師に、「泣いている女の人が見える」と言われたのが気になるので、霊媒師の城塚翡翠に相談したいと、付き添いを求められます。

ライト

結花は、霊媒師のところにひとりで行くのが不安だったんだよね。

その出会いをきっかけに、ふたりは力を合わせて難事件を解決することに。

香月は、作品で培った推理能力とプロファイリングで、警察に協力して難事件を解決に導いた実績がありました。

翡翠は、死者の魂を呼び出して、犯人につながる手がかりを見つけることができます。

ですが、翡翠の証言には物証がないため、それを裏付けるためには、香月の推理力を組み合わせなくてはなりません。

また、翡翠は突然死者と同化するなど、精神的に不安定なため、いろんな意味で守ってあげないといけない存在。

シーア

この能力のせいで、これまでの人生でも、気味悪がられて友達ができなかったんだよね…。

香月は、少しずつ翡翠のことを知り、身も心も近づいていくのです。

「medium」は、短編とインタールード構成

「medium」は、短編4つと、間に起こった出来事を描くインタールードという構成。

  1. 【事件1】泣き女の殺人
  2. 【事件2】水鏡荘の殺人
  3. 【事件3】女子高生連続絞殺事件
  4. 【最終章】VSエリミネーター

ひとつの事件を描いた短編パートが3つ、そして最後に解決編。

事件を通じて、香月と翡翠が心を通わせていく様子が伝わります。

インタールードは、香月と翡翠が取り組む事件とは別の、連続殺人犯の視点。

若く美しい女性を狙った、徹底的に証拠を残さない殺人鬼が、次のターゲットを城塚翡翠に定めて動き出します。

シーア

香月さんが、ちゃんと翡翠を守ってあげなくちゃ…!

最終章では、ついに連続殺人と香月・翡翠コンビがぶつかりますが…。

ライト

どんな結末になるかは、本作を読んでみてね!

「medium」は霊媒探偵という特殊な設定がおもしろい!

シーア

翡翠の能力で犯人が分かるなら、どんな事件でも余裕で解決できちゃうよね!?

たしかに、翡翠さえいれば、犯人が分かってしまうので、謎解きだけなら簡単。

ですが、そんな不思議な能力がある前提で世の中は成り立っていないし、警察も動いてくれません。

オカルト的なものだと、鼻で笑われておしまいです。

ライト

だからこそ、香月の推理力が活かされるんだね!

香月は、翡翠が見つけた犯人に、論理的な推理を後付けする役割。

シーア

犯人は分かっているのに、証拠が見つからなくて立証できない…というジレンマがあるよ。

せっかく犯人が目の前にいるのに、逮捕できないまま、次の犯行を起こされてしまう…ということも。

それに、翡翠は、殺された人の魂が残る殺害現場でないと降霊できないので、死体を別の場所に遺棄されてしまっては、力が使えません。

もどかしい気持ち、やりきれない思いを抱えながら、それでも事件に立ち向かうふたり。

そういった設定の妙があるからこそ、さらにストーリーがおもしろくなるのです。

ライト

ただ…結末はそれもすべて裏切っていくけどね。

シーア

ネタバレ禁止だよ!続きを知りたい方は本を読んでね!

「medium」表紙イラストは遠田志帆さん

「medium」の表紙イラストは、遠田志帆さんが描かれています。

最近、本屋さんで平積みになっているミステリー小説は、遠田志帆さんの表紙がとても多いんです。

シーア

印象的な瞳で、インパクトがある絵だよね!

たとえば、今村昌弘さんの「屍人荘の殺人」シリーズや、ミステリーの巨匠・綾辻行人さんなど、本当によく見かけます。

¥1,870 (2020/10/19 07:31:32時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

¥704 (2020/10/19 07:31:32時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

絵の印象が強すぎて、私は最初、複数の作家さんがひとつのテーマで書いているシリーズ作品なのかな?と思ったくらい。

しかも、表紙の妖艶さに怯んで、ちょっとエロい作品なのかもしれないと敬遠していました。

シーア

エロくなかったし、イラストレーターが同じってだけでまったく別物だったよ。早く読めばよかった…。

ライト

飛躍しすぎだし、思い込みが強すぎるよ…。

「medium」の表紙の女の子はもちろん城塚翡翠ですが、なんとなく違和感がありませんか?

おとなしい性格のはずなのに、大胆不敵な笑みを浮かべています。

シーア

こんな子だったんだ…?意外だよね。

この作品を読んだあとなら、納得できるかもしれません。

「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」相沢沙呼|まとめ

「medium」は、正統派ミステリー小説が好きな方も、普段あまり本を読まないという方も、同じように楽しめる作品。

予想があっけなく裏切られる「してやられた」感、結末に向かって伏線を回収していく爽快感。

推理作家と霊媒師という、一風変わったコンビが、普通のミステリーにはないアクセントを与えています。

シーア

普通のミステリーに飽きた人には、特におすすめ!

今までの小説にはない、新しい衝撃が待っています。

¥1,540 (2020/10/19 10:39:33時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

関連記事

「medium」で初めて相沢沙呼さんの作品を読んだ方は、次に「マツリカ・マトリョシカ」を読んでほしい!

¥832 (2020/10/19 17:21:22時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

カドブンインタビューで、相沢沙呼さんご自身が「mediumの次に読むべき作品」と語っているんですよ。

matsulica-series
「マツリカ・マトリョシカ」相沢沙呼|美女とヘタレ男子の学園ミステリー【マツリカシリーズ】学校にある「開かずの扉」で事件が起こり、自分が犯人ではないかと疑われてしまう。柴山祐希は、自分の、そして友達の疑いを晴らすため、これまでに得た推理能力を集結させて、謎に挑みます。マツリカ・マジョルカ、マツリカ・マハリタ、マツリカ・マトリョシカの3作品からなるマツリカシリーズを解説します。【ネタバレなし】...

ラストのどんでん返し、伏線がキレイに回収されていく様子は、ミステリー小説の醍醐味。

七河迦南さんの作品では、そんなミステリー小説の良さをたっぷり味わえますよ。

七河迦南の小説3選|絶対もう一度最初から読みたくなる、ラストの伏線回収とドンデン返し!七河迦南とは? 知る人ぞ知る、ミステリーの名手です。児童養護施設「七海学園」3部作がオススメ。「七つの海を照らす星」は、七海学園の七不思議を巡る、連作短編集。「アルバトロスは羽ばたかない」は、前作にも増して、ドンデン返し感がヤバい作品。「空耳の森」は、シリーズ登場人物の関連に、嬉しくなってしまう3作目。...
相沢沙呼作品のレビュー記事はこちら
ABOUT ME
シーア
年間120冊の本を読んできた経験から、おすすめの本をご紹介します。 「絵本講師」の資格を持っています。大人にも子どもにも絵本の魅力をお伝えしたい! 夫・男子ふたり・犬と暮らすワーキングマザー。 仕事も読書も育児も、自分のやりたいことを全部諦めない、欲張りさんです。好奇心旺盛で、いろんなことに興味があります。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です