小説

「不在」彩瀬まる|愛とは、家族とは…アダルトチルドレンかも?と悩む人におすすめの小説

absence-ayasemaru

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

彩瀬まるさんの、ゆがんだ家族愛と自己愛のたどりつく先を描いた小説をご紹介します。

「不在」 彩瀬まる

created by Rinker
¥1,650
(2019/11/22 13:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

長い間、疎遠だった父親が亡くなり、自分にだけ屋敷を継ぐ権利を与えてくる…そんな違和感と戸惑いから、物語は始まります。

もっと愛されたかった、一緒に仲良く暮らしたかった…それなのに、どうして?

ライト
ライト
どんどん自己中心的になっていく明日香が、ちょっと怖くなってくるよ…。

愛に飢えて、人と上手に関係を結べない主人公の明日香が、なんだか恐ろしいようなかわいそうなような、不思議な感情に陥ります。

出口のない狭い世界が、どのような結末を迎えるのか…救いはあるのか、一緒に見届けませんか?

シーア
シーア
「不在」を解説します!

「不在」彩瀬まる|登場人物

  • 錦野明日香(ペンネーム:斑木アスカ)…主人公
  • 泉冬馬…明日香の恋人

主人公の明日香は、新進気鋭の売れっ子マンガ家。

5歳年下の冬馬とは、マンガ作品が舞台化した際に、重要な役どころを演じた俳優として出会いました。

貧乏な劇団員の冬馬に、高いごはんをご馳走して、服を買ってあげて、応援と称してお小遣いを渡し…

そんな打算的な関係から始まったけれど、意外にふたりの関係は良好で、結婚を前提に同棲しています。

シーア
シーア
だけど…明日香が洋館を相続してから、なんだかうまくいかなくなるよ。

「不在」彩瀬まる|あらすじ・内容

明日香の父親は、地元では有名な開業医の二代目でしたが、母親に暴力を振るい、離婚。

父親には愛されず、母親は無関心で、家族に機能不全感を抱いたまま大人になりました。

そんな父親が亡くなって、遺言状により、明日香には生家の屋敷と土地が相続されることに。

【私の死後、明日香を除く親族は屋敷に立ち入らないこと。】

シーア
シーア
なんだか、違和感があるっていうか、不思議な遺言…。

母と兄にも遺産はあったものの、明日香がいちばん価値のあるものを手に入れた印象。

明日香は、屋敷の片付けと不要品の処分のため、冬馬とともに、24年ぶりに生まれ育った洋館に足を踏み入れます。

自分の知らない、父の生活した痕跡に、心を乱されていく明日香。

ライト
ライト
その頃から、なんだか様子がおかしくなるよ…?

生き甲斐だったマンガの仕事もうまくかみ合わなくなり、冬馬との関係もギクシャクしてしまいます。

その原因は、明日香の「家族」や「愛」への複雑な感情にあったのです。

明日香はアダルトチルドレン。愛されたかった欲求が今も消えない

シーア
シーア
明日香は、ずっと家族のことを後悔してきたんだね…。

父親は、跡取りとして兄の鷹光を大切にしていました。

例えば、ピアノひとつとっても、兄は上手に弾けるのに、明日香は音階すらわかりません。

自分にもっと音感があって、上手にピアノを弾けたなら、家族はうまくいっていたのではないか…

みんなで仲良く暮らしたかった。

屋敷の整理をするにつれ、明日香は不安定になっていきます。

日常では忘れていた、過去のことをどうしても思い出してしまうのです。

作品中では、はっきりと言葉にされていませんが、きっと明日香は「アダルトチルドレン」なのだと感じました。

アダルトチルドレンとは…

幼い頃に、家庭内でトラウマ(心的外傷)があり、傷ついたまま大人になった人を指す言葉。

例えば、親の期待に応える生き方に縛られて、そうできない自分に罪悪感がある人もいます。

誰にも受け入れられず、居場所がないなど、孤独感を募らせる人も。

子どもの頃の家庭での経験を、大人になっても引きずっていて、生きていくのに支障がある状態。

明日香は、自分を受け入れて癒してくれる役割を、いつしか冬馬に期待していました。

シーア
シーア
それがどんなに不確かで、危ういものかも知らずに…。

抑えられない嫉妬、乾いた砂のように愛を欲する気持ち

明日香が屋敷の整理に訪れていた日、妃美子(きみこ)という女が現れます。

妃美子には、佳蓮(かれん)という娘がいて、ふたりは明日香の父親と暮らした時期があったのだと…

シーア
シーア
え、どういうこと?再婚してたの?

明日香は、妃美子と佳蓮の存在を知ったとき、無自覚な嫉妬に駆られます。

私は受け入れてもらえなかったのに、父親には妃美子がいて、ちゃんと受け入れてもらえてたんだ。

私は父に愛されなかったのに、佳蓮には愛情を注いだのだろうか。

ライト
ライト
なんだか悲しいし、不毛だね。

明日香は自分が愛されていないと思っていたから、人をまっすぐに愛することができなかったのです。

愛ってなんだろう?自らに問いかけたくなる小説

シーア
シーア
愛って、なんだろう…?

「不在」を読めば読むほど、家族とは、愛とはなんなのか、わからなくなってきます。

明日香は、冬馬に住む家を提供して、演出家や監督の大物を紹介して、人脈を広げてあげて…何もかも与えてあげることが愛だと思っていました。

愛しているから、家族だから、私を利用すればいい。

私にはマンガ家として才能があるのだから、私と対になる冬馬もそうあるべきだ。

でも…それって本当に冬馬のため?

そもそも、明日香は、冬馬の演技の才能を正しく評価しているでしょうか?

ライト
ライト
自己愛なのか、本当に相手を思っているのか、わからなくなってくるね。

ふたりの関係が、この先どうなるのか、目が離せません。

「不在」彩瀬まる|愛がなくなったあと、人はどう生きていくのか

シーア
シーア
愛されたくて、だけど難しくて…明日香の生き方はとてもつらそう。

家族でも、恋人でも、ずっと同じ関係でいられるわけではありません。

ひととき、愛があったとしても、時を経て消えてしまうこともあります。

花が咲いて、やがて枯れていくように。

だけど、そのとき花が咲いていたことまで、否定して、なかったことにしなくてもいい。

ライト
ライト
受け入れて、それでいいんだって思えればいいね。

この作品の結論は、妃美子のセリフに全て凝縮されています。

「こんなに好きときらいが絡まって苦しいのは、特別なことだよ」

人間ってどうしてシンプルに生きられないんだろう。

そんな悩みを持った方に読んでいただきたい作品です。

created by Rinker
¥1,650
(2019/11/22 13:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

彩瀬まるさんは、胸に突き刺さる感情表現が魅力的な作家さんです。

彩瀬まる「骨を彩る」は特におすすめ!
「骨を彩る」彩瀬まる|大切なものを失ったことのあるあなたに読んでほしい本こんにちは。シーアです。(@seer1118b) あなたは、大切なものを失ったことがありますか? 埋められない穴を感じながら...
彩瀬まる作品、他にもレビュー記事を書いています。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、ジップロックに入れたiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

>>Kindleでセール本をチェック

 

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です