小説

三浦しをん「神去なあなあ日常」お仕事小説+コメディ+林業のお話♪【ネタバレなし】【あらすじ・感想】

神去なあなあ日常

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

三浦しをんさんの「神去なあなあ日常」のご紹介です。林業をテーマにした、一風変わったお仕事小説ですよ。

読後感は爽やか。田舎暮らしの良さ、自然と向き合い生きることを考えさせられます。

「神去なあなあ日常」は、林業に従事することになった青年の成長物語

主人公は、横浜育ちの18歳、平野勇気。

勉強は嫌いだし、かと言って就職するのも気が進まない。高校卒業後は、だらだらフリーターで食っていくつもりでした。

それなのに…担任の先生と親がグルになって、神去村で林業の見習いをすることに。

こうして、勇気は神去村へと向かうのでした。強制的に、本人の意志とは無関係に…果たしてこれからどうなるのでしょうか?

created by Rinker
¥393
(2018/10/18 08:00:04時点 Amazon調べ-詳細)

  • 内容紹介(「BOOK」データベースより)

美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?

林業っておもしれ〜!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。

個性的な登場人物たち。勇気と直紀の恋の行方は?

勇気がやってきた神去村には、個性的な人々が、自然と共存していました。

「なあなあ」は方言で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」みたいな意味です。他にも、語尾に「な」がついたりして、なんとものんびりな印象です。

特に、女性が全員美人で、勇気は「美人の産地」と表現しています。直紀さんとの恋の行方も気になるところです。

  • 平野勇気 都会育ちの18歳。林業の見習いで神去村にやってきた。
  • 飯田与喜 金髪がトレードマーク。山仕事の天才。勇気の居候先。
  • 飯田みき ヨキの妻。感情が激しく、ヨキが好きすぎてしょっちゅうケンカしている。
  • 繁ばあちゃん ヨキのばあちゃん。しわくちゃのまんじゅうみたいにちんまり座っている。
  • ノコ ヨキが飼っている犬。山にも連れて行く。
  • 中村清一 中村林業の社長で、勇気の雇い主。神去山の大地主でもある。
  • 中村祐子 清一さんの妻。直紀の姉。
  • 中村山太 清一さんの息子。村で唯一の子ども。勇気はよく遊び相手にされている。
  • 直紀 祐子の妹。神去小学校の教師。勇気が一目惚れした相手。

ヨキの豪快っぷりと、みきさんとの夫婦関係がほほえましいです。みきさんの機嫌は、おにぎりの具やご飯に反映されるので、重要なのです。

大自然を畏れ、敬う神去村の人々。

神去村は、携帯の電波も入らず、ローカル線の駅まで、車で1時間かかります。横浜にいた勇気には、信じられないくらい原始的な暮らし。

山に入るようになって、勇気はその美しさ、季節によって色を変えるところに、不思議と魅せられていきます。

山は、ときに、豹変したように厳しい天候になります。人間の手には負えない、圧倒的な姿を見せつけるのです。

こわくて、うまく踏み入ることもできなくて、でもいつだってうつくしい。

神去村の人々は、大自然と、目に見えないものを敬い畏れる心をもっています。神聖で畏敬なるものを感じさせる風習がたくさんあります。

神おろしという、霧が山の上から降りてくる自然現象。山に鳴り響く太鼓のような音。そんなものと触れ合っていると、畏れを抱かずにはいられないのです。

山太の神隠し事件では、繁ばあちゃんの予言に基づいて、身を清めて、白装束で神去山の神様のもとへみんなで迎えに行きました。

勇気からしたら「非現実的じゃないの?」「迷信だよね?」と思うようなことが、神去村では、当たり前のように信じられています。

「山ではなにが起こるかわからない。最後は神頼みしかないんだよ」という、清一さんの言葉の意味が、だんだん分かってきます。

勇気の素直さと頑張りが、神去村に受け入れられる

オオヤマヅミさんの大祭では、勇気もヨキたちに混じって、神去山に登ります。

よそ者の勇気を、神去村の伝統的なお祭りに参加させることに、反対する人もいました。住民の絆が深い分、よそ者への抵抗感も強いのです。

ですが、勇気は、愚痴を言いながらでも、性根は素直でまっすぐ。山仕事に謙虚に向き合い、下手くそでも少しずつ成長してきました。

神去村の人たちとも、林業という未知の世界にも、逃げずに向き合いました。だから、村の人たちにも受け入れてもらえたんだと思います。

フリーターのままダラダラ暮らそうとしていた勇気が、神去村に根付こうとしています。なりゆきとはいえ、振り返ってみれば、大きな成長ですよね。

続編|神去なあなあ夜話

created by Rinker
¥691
(2018/10/18 08:00:05時点 Amazon調べ-詳細)

続編もあります。「なあなあ」な神去村の人たちにも、山の仕事にも馴染んできた、勇気の暮らしを描いています。

古風な習慣てんこもりなのに、細かいことは気にしない人々との暮らしに、ツッコミどころ満載です。

勇気が知らなかった、悲しい過去の事故も明らかになります。それも受け入れて、立ち上がった上での、今の明るさや強さなのだと思い知らされます。

勇気と直紀の距離も、ゆっくりじわじわ縮まっていくので、乞うご期待。すぐシモの話に結びついちゃうくせに、行動はオクテなんだよね…。

映画|WOOD JOB!神去なあなあ日常

2014年に映画化されています。主演は染谷将太さん。勇気のイメージにぴったりですね。

ヨキは伊藤英明さん、直紀は長澤まさみさん。キャストは原作のイメージ通りな気がします。

関連記事

お仕事小説、ホワイトカラー編でのおすすめは「クローバー・レイン」です。本の編集者が主人公ですよ。

あわせて読みたい
「クローバー・レイン」大崎梢~本が好きなすべての人に捧げるお仕事小説【あらすじ・感想】こんにちは。シーアです。(@seer1118b) クローバー・レイン ~編集者の熱意と努力!1冊の本ができるまで~ ...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です