小説

「虹にすわる」瀧羽麻子|能力も性格も正反対、不器用なふたりの椅子工房

sit-the-rainbow

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

昔の夢を諦めても、ずっと年月が経ってから、思いがけず叶えられるかもしれない…。

未来に期待したくなる、希望がわいてくる小説をご紹介します。

「虹にすわる」 瀧羽麻子

¥1,650
(2020/10/23 19:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

シーア
シーア
徳井と魚住は、全く違う性格のアラサー男子たちだよ。

東京での仕事に疲れた徳井と、夢見がちで天才肌の魚住が、ふたりで椅子工房を立ち上げる…

ふたりの、不器用ながらも心温まるやりとりが、なんとも癒される小説。

お互いの得意なことを活かして、足りないところは補い合いながら、デコボコでも前に進む彼らを応援したくなりますよ。

ライト
ライト
「虹にすわる」を解説します!

「虹にすわる」瀧羽麻子|登場人物

「虹にすわる」は、大学時代を一緒に過ごした、ふたりの男たちが主人公。

  • 徳井律…東京で働いていたが、地元に帰ってきてじいちゃんの修理屋を手伝っている。職人気質で細かい作業が得意。慎重で神経質な性格。
  • 魚住光…有名家具工房に就職したが、訳あって退職。椅子を愛している。デザインが得意。細かいことは気にしないタイプ。

彼らは、大学で建築や造形を学んでいた仲間でした。

魚住は、木製家具の中でも、特に「椅子」が好きで、愛しているといってもいいほど。

大学を選んだのも、憧れの建築家の講義があったからだし、各地の有名な家具職人が作った椅子を見に行くほどのこだわり。

シーア
シーア
そんなに椅子が好きって、よっぽどだね!

魚住は、「いつかふたりで椅子工房をやろう」と語り合ったときの気持ちのまま。

ですが、実際には、卒業後のふたりはお互い別々の道に進み、違う現実を生きていました。

ライト
ライト
そんなとき、ふたりに転機が訪れるよ!

「虹にすわる」瀧羽麻子|あらすじ・内容

徳井は、一人暮らしのじいちゃんを案じて、東京の仕事を辞めて、実家に戻っていました。

じいちゃんは仏壇職人でしたが、今は引退して、近所の人を相手に細々と修理屋をしています。

シーア
シーア
仏壇って斜陽産業だし、じいちゃんもお年寄りだし…仕方ないよね。

徳井は、高齢で手元が怪しくなったじいちゃんに代わって、修理屋の仕事を手伝うように。

ですが、特にやりがいも熱意もなく…サボっているわけではないけれど、張り合いのない日々。

そんなある日、大学の後輩だった魚住がフラッと現れて、「ここにおいてほしい」と頼み込みます。

ライト
ライト
魚住は昔と変わらず明るいけれど、かなりやつれていて、ちょっと心配…。

大手の家具工房に就職したはずの魚住でしたが、気に入った弟子ほど厳しく接する親方と合わず、ついに出ていくことになった様子。

魚住は、徳井と一緒に椅子工房を立ち上げるのが夢でした。

徳井は、現実派なので、「そううまくいくはずがない」「現実問題、どうやって注文を取ってくるんだ」と慎重です。

だけど、魚住がデザインした椅子を、徳井が木を削って作る…その作業は、抑えがたいくらい心が浮き立つのでした。

シーア
シーア
夢を諦めたつもりでも、好きな気持ちはずっと変わらないものだよね。

魚住の熱意と、周囲を巻き込むチカラに乗せられて、徳井も少しずつその気になってきます。

評判が広がり、軌道に乗ってきた頃に、ふたりがすれ違う事件があるのですが…。

ライト
ライト
多少ギクシャクしても、乗り越えて前に進むふたりに、勇気がもらえるよ。

仕事も恋愛も、すべてにおいて不器用なふたりだけど、ぎこちないながらも夢を叶えようと努力するのです。

幼なじみに元恋人…恋愛模様も気になる

ライト
ライト
ふたりとも、気になる関係の女の子がいるよ!

徳井の幼なじみの菜摘は、よくご飯を食べに行く「いしやま食堂」の看板娘。

ふたりの椅子作りを応援してくれて、いしやま食堂にサンプルの椅子を置いてくれるなど、協力的。

シーア
シーア
実は、昔から徳井のことが好きだったみたい…!

地元で生まれ育ち、一度も離れて暮らしたことのない菜摘。

徳井がまたどこかに行ってしまうのではないか、と不安があっても、気丈で健気で、言葉を飲み込むタイプ。

一方、魚住は、付き合っていた彼女がいましたが、東京に置いてきてしまいました。

ライト
ライト
モテるのに、こういうことしちゃうから、女の子泣かせなんだよね…。

実は、魚住の彼女だった胡桃(くるみ)は、元勤務先の親方の娘。

本人もドール作家で、芸術の理解があり、魚住の椅子づくりへの執念もわかっています。

シーア
シーア
胡桃の作るぬいぐるみは、いろいろスゴい尖っているよ…!

胡桃は、魚住を東京に連れて帰ろうとしますが、一度言い出したら聞かない魚住のことを考えて、無理には動きません。

ベタベタ甘い関係ではなく、パートナーといったところ。

徳井と菜摘、魚住と胡桃の関係も、物語の重要なエッセンスなんです。

ライト
ライト
これから、彼らはどうなっていくんだろうね?

別の登場人物の視点からも知りたくなる

徳井のじいちゃんの視点、幼なじみの菜摘の思い、胡桃のたくらみ…

もし、メインふたり以外の登場人物の視点から、それぞれの感情が語られたら、もっとストーリーに深みが出る気がします。

シーア
シーア
今のままでも、もちろん完結しているんだけどね。
ライト
ライト
続編やサイドストーリーがあればいいなぁ。

物語は、徳井の視点で進みますが、言葉足らずで全てを語らないので、どうしてももどかしいんです。

徳井が地元に戻ってきた理由、魚住が就職先の工房を追い出された理由、じいちゃんが孫の徳井には遠慮するのに魚住には頼れる理由…

どれもさりげなく語られてはいるけれど、はっきりした言葉にはされていません。

もっと思いを伝えてもいいんだよ、気持ちをぶつけちゃいなよ、と言いたくなるシーンも。

シーア
シーア
スピンオフを期待しちゃうなぁ。

「虹にすわる」瀧羽麻子|夢を夢で終わらせないふたりの物語

「虹にすわる」は、忘れかけていた夢や、昔やりたかったことを、思い出させてくれる作品。

こんな方におすすめ
  • 若い頃に諦めた夢がある人
  • 挫折や失敗を経験した人
  • 進学や就職で地元を離れた人
  • 初心を思い出したい人
  • 20代後半〜30代の若者

人間の一生は、あなたが思っているよりも長いもの。

実は、まだまだやれるのに、自分で勝手に「もうダメだ」って決めつけているだけでは?

虹に座れなくても、手の届く夢なら叶えられるかもしれませんよ。

¥1,650
(2020/10/23 19:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

ABOUT ME
シーア
年間120冊の本を読んできた経験から、おすすめの本をご紹介します。 「絵本講師」の資格を持っています。大人にも子どもにも絵本の魅力をお伝えしたい! 夫・男子ふたり・犬と暮らすワーキングマザー。 仕事も読書も育児も、自分のやりたいことを全部諦めない、欲張りさんです。好奇心旺盛で、いろんなことに興味があります。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です