小説

「クローバー・レイン」大崎梢|本が好きなすべての人に捧げるお仕事小説

良い作品を、自分の手で世に出したい。

偶然手にした、ピークを過ぎた作家の作品との出会いが、若手編集者に熱い思いを抱かせました。

本を愛するすべての人が感動する、作家と編集者にまつわるお仕事小説をご紹介します。

¥748 (2020/07/12 23:32:14時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

どんな思いで作品が書かれ、どのようにして作られ、出版まで至るのか…、知れば知るほど、さらに本が好きになりますよ。

ライト

「クローバー・レイン」を解説するよ!

「クローバー・レイン」大崎梢|登場人物

「クローバー・レイン」は、出版社の編集者が主人公。

  • 工藤彰彦…主人公。大手出版社・千石社の文芸編集者。
  • 家永嘉人…近年パッとしない、落ち目の作家。「シロツメクサの頃」を書く。

彰彦は、今まで順風満帆、人生すべて第一希望、大物作家の担当を任されて、うまくいってきた人でした。

シーア

ときどきそんな人、実際にいるよね…!羨ましい。

だからといって、いけ好かないやつではありませんが、世間知らずではありました。

出版社の歯車として、大物作家の著作を出版してきた彰彦。

これまで、自分から「この本をどうしても出したい!」と声を上げることはなかったのです。

そんな彼が、誰に反対されても絶対出版したいと願った原稿が「シロツメクサの頃」。

並々ならぬ思い入れで、徐々に周囲の人を動かしていきます。

「クローバー・レイン」あらすじと内容

彰彦が、家永の自宅でたまたま読んだ原稿が「シロツメクサの頃」でした。

感動のあまり、その場で「うちで出版させて下さい」と頼み込み、預かります。

シーア

だけど、そううまくはいかないよ。

話題の作家なら、引く手数多なのに、知名度のない作家は、どんなに内容がよくても、出版されるまで一苦労。

  • この作家じゃ話題性がない。
  • 売れないと意味がない。
  • 千石社はそんな作家は相手にしない。
  • 他社で出してもらって、賞を取ったらうちでも出版してもらおう。
ライト

失礼な話だけど、これが現実なんだね。

熱意・交渉・戦略! 大手出版社の裏事情と戦う

シーア

それでも、彰彦は諦めないよ。

良い本と売れる本は違う、というのが出版業界の本音。

それは、私たち消費者にも責任の一端があるのかもしれません。

大手出版社のお高くとまった対応にはうんざりですが、現状に文句を言っていても解決しません。

彰彦は諦めず、熱意と交渉と戦略を武器に、「シロツメクサの頃」の出版を目指します。

「クローバー・レイン」大崎梢|家族のあり方を考えさせられる

家永は、娘の冬実と折が悪く、家族との確執を抱えていました。

家永が「シロツメクサの頃」に入れた詩は、冬実が書いたものだったため、彰彦は編集者として「このまま使わせてほしい」と交渉します。

一方で、彰彦にも、複雑な関係の家族がいます。

「シロツメクサの頃」を出版することは、どちらにとっても、わだかまりを少し溶かすことにつながる、と信じていました。

シーア

家族って、外側からはわからないけれど、いろいろあるよね。

幸せそうに見える人も、きっといろいろ抱えているのかもしれません。

「クローバー・レイン」大崎梢|協力者、ライバル…人間ドラマにも注目

彰彦ひとりの力では、到底出版までこぎつけられません。

先輩編集者の赤崎や、編集長、家永の前々任の担当編集者・鈴村など、多くの人の協力が不可欠でした。

出版後は、「シロツメクサの頃」の販売部数を伸ばすために、営業の若王子にも協力を願い出ます。

シーア

若王子って、すごい名前だよね…。

彰彦は、若王子との交渉で、恵まれた立場からではなく、相手のメリットも考えて依頼することを学びました。

ライバルの相馬出版の編集者・国木戸とは、言い合いになったり、やけ酒に付き合わせたり、またやりあったり、いい関係です。

国木戸の方が先輩なのですが、だんだん彰彦の態度がざっくばらんになってきます(笑)。

また、最も見逃せないのが、家永の娘である冬実との関係。

編集者として、作品のために、家永先生のために…という壁を越えたときが、見どころですね。

「クローバー・レイン」大崎梢|誰かの「雨」になりたい

ライト

本ができるまでに、こんなにいろんな人の力が必要なんだね。

1冊の本ができ、人の手に渡り、読まれるまでに、こんな過程があるなんて。

この作品を読むまで、考えもしませんでした。

しかも、出版して終わりじゃなくて、その後売れなければ、やっぱり消えてしまいます。

シーア

絶版になる本もあるもんね…。

「シロツメクサの頃」に出てくる、冬実の書いた詩の中に、「雨になりたい」という言葉があります。

私がいま、手にしている本も、感動した誰かの力でここまできて「雨」になったのかもしれません。

誰かの行動が、いつかの自分を濡らす雨になって、その後の自分を形作っていく

私も、誰かの雨になれているだろうか…そんな自問をしてしまうような作品です。

「クローバー・レイン」単行本の表紙

購入するなら、文庫本のほうが手軽で持ち運びやすくて良いのですが、装丁は、単行本の方が好きです。

¥136 (2020/07/13 05:55:33時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

彰彦より「シロツメクサの頃」が主役って感じられると思いませんか?

シーア

文庫本の表紙を見て「彰彦ってメガネなんだ~」って思ったなぁ。

ライト

そこなの…?

大崎梢の他の著作|日常の謎、書店ミステリー

大崎梢さんは、元書店員。

本屋さんや出版社、出版社と本屋さんの間に立つ「取次」を主人公にした作品を多数執筆されています。

日常の謎と言われるジャンルの、ライトなミステリーを多く書かれています。

¥495 (2020/07/12 17:24:35時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

この作品はKindle Unlimitedの読み放題対象です!>>Kindle Unlimitedを30日間無料で試してみる

¥770 (2020/07/13 11:21:04時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

「クローバー・レイン」作者の大崎梢さんのコメント

Twitterで、著者の大崎梢さんご本人に、この記事をご覧いただきました!

「クローバー・レイン」を大切に思っていらっしゃることをお聞きできて、愛読者としてとても嬉しかったです。

シーア

こんな素敵な作品を生み出してくださったこと、感謝しています!

これまで作者さんに頂いた反応をこの記事にまとめています。
My-book-history
私の読書遍歴と、読書ブログをやる理由。おもしろい作品を応援したい!私の読書遍歴と、私が読書ブログをやっている理由を書いています。同世代の方には懐かしいはず!本が好きな子どもが、本が好きな大人になるまで。創作ができる人は、自分に向き合える強さを持っています。創作をする人を、応援する立場でいたい。著者の方に見てもらいたい記事を目指しています。自分のブログは、大好きな本であふれさせたい!...

「クローバー・レイン」大崎梢|まとめ

「クローバー・レイン」は、本が好きな方全員におすすめしたい作品です。

今、自分の手元にある本が、よりいっそう愛おしくなることは間違いありません。

彰彦の「シロツメクサの頃」にかける熱い思いに触れると、仕事への熱意ややりがいを再認識させられます。

シーア

明日からまた仕事頑張ろうって思えるよ。

お仕事小説としても、おすすめの1冊ですよ。

関連記事

じんわり心温まる系のお話が好きな方は、彩瀬まる「骨を彩る」もおすすめ。

ほろっと泣けたり、優しい気持ちになれますよ。

「骨を彩る」彩瀬まる|大切なものを失ったことのあるあなたに読んでほしい本埋められない穴を感じながら日常を過ごしている方に、おすすめしたい小説。そこはかとない孤独だったり、大切な骨が欠落しているかのような心許なさ、取り戻せない過去、もういない、かけがえのない人。5つの作品からなる連作短編集。1作目の冒頭から、世界観に引き込まれて、現実世界に戻ってこられないくらい、グッときます。...

「クローバー・レイン」でも描かれた、家族の関係。

距離が近いだけに、ぶつかり合ったり誤解したり…さまざまな形の家族を取り上げた作品をまとめました。

family-novel
家族がテーマのおすすめ小説12選【愛と感動、ときどき葛藤】離婚や死別、シングルやステップファミリーなど、家族のあり方が多様化している現代。身近すぎて、ときに甘えすぎてしまったり、壊れそうになったり…家族って、意外と儚いものなのかもしれません。また、血のつながりがなくても家族といえる関係も。さまざまな家族小説をご紹介します。...
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です