柚木麻子「あまからカルテット」おいしい食べ物と女の友情物語。【ネタバレなし】【あらすじ・感想】

あまからカルテット

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

「あまからカルテット」は、女の友情とおいしい食べ物が魅力

柚木麻子さんは、女性の心情を描くのがとても上手な作家さんです。

ときにはドロドロした物語もありますが、「あまからカルテット」は、嫉妬も意地悪もない、ただひたすらに純粋な友情物語です。

スパイスとして、各章においしい食べ物が登場します。表紙のいなり寿司もそのひとつ。お腹が減ってくるような小説ですよ。

created by Rinker
¥637
(2018/08/18 20:44:34時点 Amazon調べ-詳細)

  • 内容紹介(「BOOK」データベースより)

薫子は編集者、満里子は美容部員、咲子はピアノ教師、由香子は専業主婦。女子校時代からの仲良し4人組が30歳を目前にして、恋に迷い仕事に悩みながらも友情の絆で乗り越えていく連作集。

咲子が花火大会で一目惚れした時、由香子がネット・バッシングでへこんだ時、満里子に恋敵が現れた時、薫子が仕事をなげそうになった時、いつも美味しい食べ物が解決の鍵になる――

登場人物は、個性的なアラサー女子4人

メインとなる登場人物は、女子中学・高校時代から仲良しの4人の女性たち。

彼女たちは29歳。女性にとっては大きな区切りである、30歳を目前にした、絶妙なお年頃です。

  • 咲子…ピアノ講師。おっとりとした性格。
  • 薫子…編集者でバリバリのキャリアウーマン。
  • 由香子…お料理好きの専業主婦。ブログがきっかけで料理研究家に。
  • 満里子…美容部員。女王様気質の美人。合コンの常連。

学校を卒業して、それぞれの道を歩みながらも、ときどき集まっては他愛もない話をする間柄です。深い絆があるんですよね。

実は、私もエスカレーター式の女子中学・高校に通っていたので、すごく親近感があります!

6年間も一緒だったから、深い絆が薄れることなく続いてるんですよね。その後しばらく会っていなくても、ブランクを感じずにいきなり昨日の続きみたいに話せます。

5つの連作短編集 〜おすすめは「恋する稲荷寿司」〜

本作では、5つの短編が収録されています。彼女たち一人ひとりにスポットライトを当てながら、関係性を掘り下げています。

良いことも、悪いことも、成功も失敗も、いつも味覚とセットです。

  1. 恋する稲荷寿司
  2. はにかむ甘食
  3. 胸さわぎのハイボール
  4. てんてこ舞いにラー油
  5. おせちでカルテット

私は、冒頭の「恋する稲荷寿司」がいちばん好きです。誰も傷つかずハッピーなお話で、きれいにまとまっています。表紙のインパクトと相まって、お気に入りです。

恋する稲荷寿司

咲子は、自宅でピアノの先生をしています。当然、男性との出会いはほとんどありません。

そんな咲子が、花火大会で出会った運命の人。手がかりは、彼が作ったお稲荷さんだけ。

普段、浮いた話のない咲子の恋を応援しようと、親友たち3人は、彼を探し出そうとします。

薫子は、グルメ記者のバキさんこと膳場恭一郎と、お寿司屋さんを巡り、彼のお店を探します。満里子は、合コンで出会ったジャズファンの男と、ジャズ研をリサーチ。由香子は、お稲荷さんのレシピを再現しようとします。

咲子のために頑張る、親友たちを見ていると、心があったかくなりますよ。

はにかむ甘食

由香子は、お料理ブログに掲載しているレシピが人気になり、料理本を出版することに。

なんと担当編集者は薫子。親友の本の編集ができるなんて素晴らしいですよね。

そんな由香子ですが、ネットで容姿をバカにされたり、「レシピがパクリじゃないか」などというバッシングを目にしてしまい、料理を作る気力をなくしてしまいます。

そんなとき、やっぱり力になるのが親友たち。彼女たちらしい手助けの仕方で、由香子に自信を取り戻させます。

余談ですが、私は昔お料理ブログをやっていました。ブログから本を出版するの、一時期、本気で目標にして頑張っていました。黒歴史かもしれません(笑)。

胸さわぎのハイボール

満里子は、合コンで知り合ったシステムエンジニアの彼氏が、浮気をしているんじゃないかと不安になっていました。

超美人で、放っておいても男が寄ってくるような満里子が、まさか浮気されるはずなんてない、と、彼氏がよく行くお店を探し当てる親友たち。

店主の雪子は、女っぽくないタイプでした。女優の小雪みたいな和風美人を想像していたけど、全然違っていて、やっぱり満里子の勘違い!と思ったけれど…

女心がギュッと詰まったお話で、気持ちが痛いほど分かります。どんなときも、支え合う友達のありがたさを感じます。

てんてこ舞いにラー油

薫子は、結婚したけれど、相変わらず仕事が忙しく、妻らしいことができていない罪悪感を持っています。家はぐちゃぐちゃ、料理もできない…

そんなある日、玄関先に手作りの「食べるラー油」が差し入れされていました。料理上手の由香子から?いえ、違いました。じゃあ誰が…?

ラー油の謎と、薫子の育った家庭環境、人に頼れない性格が絡み合って、複雑なハーモニーです。

おせちでカルテット

雪の大晦日、薫子の家に集まって、みんなでおせちを作る予定でした。薫子の姑がやってくるのに備えてです。

しかし、親友たち3人は、それぞれやむを得ないトラブルに巻き込まれ、薫子の家にたどり着くことができません。

そんな状況の中、姑は、天候不良を見越して、なんと事前連絡なしに前乗りしてしまうのです…!

満里子は、閉店後の百貨店で、化粧品の福袋の準備をしていたら、誤って閉じ込められてしまいます。

咲子は、ピアノ教室の生徒が減ったため、生活費稼ぎでアルバイトをした帰り、元カレにバッタリ出会ってしまいました。

由香子は、テレビ番組の収録のあと、急遽別の番組に使うおせち料理が届かないから…と、おせち料理作りを頼まれます。

いつの間にか、由香子がプロの料理研究家に成長していました。限られた材料と時間でも、ベストを追求します。

グルーポンのスカスカで残念なおせち、というパワーワードが出てきます(笑)懐かしい…! 固有名詞が伏せられず出てきてるの、空気感が伝わりますね。

さて、彼女たちは無事、薫子の家にたどり着けるのでしょうか。

変わるもの、変わらないもの。甘くて辛い、女の友情

女性には、ライフスタイルの変化がつきものです。

学生時代とは違って、彼女たちの置かれている環境は、それぞれ変わっていっています。仲が良いだけではうまくいかなくなってきます。

独身か既婚か、どんな仕事かなど…立っているステージが変われば、価値観も変わっていきます。彼女たちも、子どもができたりしたら、またすれ違うこともあるはず。

だから、いつまでも変わらない関係なんて、本当はありえないのかもしれません。

でも、出会ってから10年以上、性格や趣味がバラバラでも、仲良く付き合ってきた事実。揺るぎない絆があります。

お互いの置かれた環境が変わっても、そのときどきで、頼って頼られて、助け合っていける。そんな信頼関係が成り立っています。

甘いだけではない、女の友情を、ぜひ読んでみてください。

関連記事

男の友情は、三木笙子さんの「帝都探偵絵図シリーズ」がおすすめです。ファンタジー要素・ミステリー要素もあり、面白いですよ。

あわせて読みたい
三木笙子「人魚は空に還る」明治時代の幻想的な推理小説【帝都探偵絵図シリーズ1】【あらすじ・感想】こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 人魚は空に還る 〜雑誌記者と美形絵師の交流が心温まる推理小説〜 内...

絵本の記事です。種族を超えた友情をぜひ。

あわせて読みたい
春を感じる絵本
【絵本】「モグラくんとセミのこくん」「はるをさがしに」心があたたかくなる!春を感じる2冊こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 春を感じる絵本を2冊 ~テーマは「種族を超えた友情」 春になると、日差しが明るく、...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です