小説

「正しい愛と理想の息子」寺地はるな|愛は本当にキレイで尊いものなのか?

right-love-and-ideal-son

愛って本当に、世の中で言われるほど、キレイで尊い、よいものなのだろうか?

そんな疑問から生まれた物語をご紹介します。

¥1,760 (2020/10/19 08:57:12時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

著者本人が、自ら「正しい愛ってなんだよ、気持ち悪い」と表現する本書。

これは、キレイなだけじゃない愛を描いた、「とっておきの話」です。

ライト

「正しい愛と理想の息子」を解説するよ!

terachiharuna-matome
寺地はるなの小説おすすめ12選|強くて優しい、心が疲れているときに読みたい作品寺地はるなさんの小説が好きです。つらい状況にあっても優しい登場人物、綺麗事じゃない世界、現実のほろ苦い毒、そんな中でもしなやかな心を忘れない強さ。人生いろいろあるけど、私ももうすこし頑張ってみよう、と思える作品たち。読後感がよく、心が疲れているときにもピッタリ。あらすじと感想を交えて、個人的おすすめ順にご紹介します。...

「正しい愛と理想の息子」寺地はるな|登場人物

「正しい愛と理想の息子」は、ふたりの男たちを中心に描かれます。

  • 長谷眞(ハセ)…32歳。違法カジノで働いていたが、沖のミスを一緒にかぶって借金を返す羽目になる。
  • 沖遼太郎…30歳。母性本能をくすぐるかわいい見た目。失敗ばかりで、ボヤ騒ぎを起こして200万円の借金を背負う。

ハセは、自分ひとりで生きていたほうが、要領よく器用に立ち回れるし、明らかに自由。

だけど、ハセは、沖に対して、友情とも愛とも言い難い、複雑な感情を持っていて、どうしても放っておけないのです。

「正しい愛と理想の息子」寺地はるな|あらすじと内容

ハセと沖は、違法カジノで働いていましたが、ヘマをして借金を抱えてしまいます。

元締めの灰嶋さんに、沖の失敗で被った損失200万円を返済しなくてはなりません。

ふたりは…というかハセは、沖のかわいらしい容姿を武器に、寂しい女をたぶらかして、偽物の宝石を売りつけ、金を稼ごうとします。

ところが、ようやく200万円が貯まったところで、騙した女に逆に騙され、金を奪われてしまう…。

シーア

この場面で「警察に言おう」って言い出す沖は、バカすぎてちょっと愛おしいよ…。

ライト

自分たちも悪事を働いてるのに、警察に頼れないでしょ!

どうにかして、早急にもう一度200万円を稼がなくてはならない…。

切羽詰まったハセは、商店街にたむろする老人たちを見て、「これからは年寄りだ」と閃きます。

騙すのは、年寄りだ。さびしさは、利用できる。

年寄りは、さみしいし、孤独で、人との会話に飢えていて、おおいにつけこむ隙がある…。

沖は老人ホームに雇われて内部に入り込み、ハセは老人ホームに入居したい年寄りたちと知り合い、仲介業者を装って金を騙し取ろうと画策します。

ライト

本当にうまくいくのかな?

誰にもハセと沖を断罪できない

シーア

人を騙すのはよくないけれど、ハセの生い立ちを見ていると、仕方ない部分もあったと思うよ。

ハセは、実は悪事には向いていないのに、生きていくために無理をしていたような気がします。

ハセや沖のことを、だらしない大人だ、いい年なんだからしっかりしなさい、というのは簡単。

だけど、そうやって断罪して、自分は間違ってもこんな人生は歩まないとたかをくくって、何が生まれるというのでしょう?

彼らは、生い立ちや環境やその他諸々、どうしようもない条件の中で、この道を選んでしまったのです。

ライト

正義ぶって家を訪ねてくる民生委員には、きっとわからないだろうね。

間違っているかもしれないけれど、そうするしかなかった…そんな彼らには、他の方法を選ぶ余地はなかったのです。

周囲の人のおかげで、なんとか道を踏み外さないでいられた

薬局をひとりで切り盛りしている未亡人のトクコは、事あるごとにハセを気にかけています。

トクコは「あんたこのあいだの子でしょ、やだやだちょっとそこ肘すりむいてんじゃないの。なにしたのあんた、やだやだちょっとこっちにおいで」とやかましく騒いでおり、心の底からうるせえババアだなと思った。

ハセいわく「ありがたくてうっとおしい」人ですが、8歳のときから、ケガをしたりお腹が減ると薬局の周りをウロウロしたりして、何かと助けられてきました。

トクコのおかげで、完全には道を踏み外さないでいられたのです。

シーア

詐欺でお金をまきあげてるから、道は踏み外してるんだけどね。

ハセは、老人をターゲットにしようと決めますが、簡単に信用して頼ってくる老人たちを目の当たりにして、心が揺らいでいきます。

お年寄りたちは、ハセのような悪巧みをしている人間に対しても、純粋な思いやりを持って接してくるから。

ハセが警察に捕まったり、女たちやお年寄りに告発されるのではないか?と、読みながら気が気ではありませんでした。

いつ、誰が警察に駆け込んでもおかしくなかった。

ライト

ハセの心境の変化も、このお話の見どころだね。

すべての愛は間違っていて、正しい愛なんてどこにもない

子どもを愛していない親なんていないとか、親に愛されたくない子どもなんていないとか、他人は正論ぶって言います。

だけど…愛しているからこそ、間違ってしまうこともある。

よかれと思って、思いを踏みにじってしまう。

沖と、年老いた母親の関係性。「すべての愛は正しくない」とひとりごちるハセ。

シーア

正解はないとはいえ、お互いの思いがすれ違うのは悲しいことだよね。

「正しい愛と理想の息子」寺地はるな|まとめ

シーア

ハセも沖も、これから詐欺なんてしなくても生きていけたらいいな…。

ハセも沖も、理想の息子なんかじゃなかったし、正しい愛なんて知らずに生きてきました。

だけど、彼らは生きてきた。それ以上でもそれ以下でもありません。

ライト

ふたりがどんな道を選ぶのか、見届けてね。

このタイトルを目にして、「気持ち悪い」と違和感を感じる人にこそ読んでほしいな、と願っています。

¥1,760 (2020/10/19 08:57:12時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

関連記事

「正しい愛と理想の息子」は、いろいろな意味で、寺地はるなさんらしくない作品。

普段は、あたたかみのある作風ですが、ときどき家族のあり方を強く斬りつけるような小説も書かれるので、目が離せません。

架空の犬と嘘をつく猫」は、近所ではほら吹きで有名な羽猫家の物語で、こちらもどうしようもなく突き刺さります。

imaginary-dog-and-lying-cat
「架空の犬と嘘をつく猫」寺地はるな|無駄なものを大切にしたくなる家族小説家族の形はひとつじゃない。嘘つきで、逃げ腰で、ときに間違ったこともしてしまう、どうしようもないけれど、かけがえのない人たち。みんな心が強くて弱くてボロボロに傷ついて、それでも優しくあろうとして嘘を選ぶしかなかったのです。家族の嘘が解かれて、真実の姿が見えたとき、あなたはどう思うでしょうか?家族のあり方を考えさせられる、残酷だけどあたたかい小説。...
寺地はるな作品のレビュー記事はこちら
ABOUT ME
シーア
年間120冊の本を読んできた経験から、おすすめの本をご紹介します。 「絵本講師」の資格を持っています。大人にも子どもにも絵本の魅力をお伝えしたい! 夫・男子ふたり・犬と暮らすワーキングマザー。 仕事も読書も育児も、自分のやりたいことを全部諦めない、欲張りさんです。好奇心旺盛で、いろんなことに興味があります。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です