「君の膵臓をたべたい」住野よる~衝撃的なタイトルに込められた意味。

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

「君の膵臓をたべたい」

  • 内容紹介(「BOOK」データベースより)

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。 それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。

そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。 【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。

全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!

 

中高生~若年層を中心に話題になり、2016年本屋大賞第2位を受賞したヒット作です。

著者の住野よるさんは、この作品がデビュー作でした。その後も次々と作品を発表されています。

膵臓の病気でわずかしか生きられない少女と、誰とも関わらず名前のない少年

山内咲良は、クラスの人気者で、いつも明るく、友達が多い女の子。 一方で「僕」は、他人に興味がなく、友達がいなくて、誰とも関わらず一人でも平気な男の子。まるで正反対です。

普通に暮らしていたら、交わることのなかったふたり。ですが、「僕」が、秘密の日記「共病文庫」を見たことから、日常を共有する間柄になります。

咲良は、膵臓の病気で、余命1年を宣告されているのです。それをクラスメイトには内緒にして、一見普通に日常生活を送っています。誰にも言わず、素知らぬ顔で。

咲良の秘密を知っているのは「僕」だけ。そんな関係が始まります。

衝撃的なタイトルの意味がわかったときに涙

まず、インパクトの強いタイトルに惹きつけられます。衝撃的で、猟奇的で、グロテスクです。

そんなタイトルに反して、純粋で切ない物語です。とはいえ、ベタベタの恋愛モノというわけではなく、さっぱりとした間柄で、お涙頂戴的なものではありません。

そもそも、どうして「君の膵臓をたべたい」なのか? 食べるって、本当にカニバリズムってことじゃないよね? と疑問に思うことでしょう。

作品の途中から、この言葉自体は出てくるのですが、ラストで本当の意味を知ることになります。咲良の伝えたかったこと、その真意に気づいたとき、自然と涙がこぼれました。

 

明るく振る舞うけれど、きっと死ぬのは怖いはず

咲良は、死をまるでジョークのように明るく語ります。「みんな明日死ねばいいのに」と言ってみたり、「病気になってから、毎日生きてるって思って生きるようになった」と言ってみたり。

病気や死を扱った作品は多くありますが、そのほとんどが、暗く思いつめた雰囲気です。しかし、本作にはその悲壮感や憂鬱さはありません。

でも、咲良は、やっぱり本当は怖いのです。怖いけれど、「僕」がいるから、一緒にいてくれるから、明るくいられるのです。

死に向かいながらも懸命に生きる。それって人間みんな同じ

病気だからこそ、明日死んでしまうかもしれないと思うけれど、それって、病気の人に限ったことでしょうか。

私たち人間は、みんな生まれた瞬間から、いつかは死ぬ可能性を秘めているのです。

どんなに健康で若い人でも、死が訪れる可能性はゼロではありません。まだ明日はあると思っていたのに、唐突に終わってしまう命。そんなことだってあるのです。私たちは、当たり前に生きているから、忘れてしまっているだけで。

17歳の少女が、死と向き合いながら前向きに生きているのに、ただなんとなく生きていちゃダメだよな、頑張らなくちゃ、と思わせてくれます。

 

誰かと関わることで、自分が生きる

咲良は、ひとりでいいと他人をシャットアウトしていた「僕」に、人と関わることの大切さを教えてくれました。

それこそが、咲良が「僕」に遺したもので、咲良の生きたしるしなのでしょう。

誰かを認める、誰かを好きになる、誰かを嫌いになる、誰かと一緒にいて楽しい、誰かと一緒にいたら鬱陶しい、誰かと手を繋ぐ、誰かとハグをする、誰かとすれ違う。それが、生きる。自分たった一人じゃ、自分がいるって分からない。

(本文より)

誰かとコミュニケーションをとることが、日々のエネルギーになるのです。咲良がいなくなったあと、「僕」は他の人とも関わるようになりました。

それってすごいことだと思います。「僕」の中に、咲良のDNAが息づいているってことですから。

「僕」の名前が最後に明かされた意味

この作品では、一人称が「僕」で、主人公の名前が出てこないままラストシーンを迎えます。

最後に、主人公の名前が明かされるのですが、私は1回目に読んだとき、主人公の名前がなぜ伏せられていたのか、意味が分かりませんでした。

ですが、あとから読み返して、ふと気づきました。名前とは、自分ひとりだけが存在するのなら、必要のないものなのです。誰か他者から、自分を自分と認識してもらうための名前。

「僕」は、咲良と出会うまで、他人と関わりを持たずに生きてきました。そのままでは、名前は必要なかったでしょう。

ですが、咲良と出会って、名前が必要になりました。「僕」にとって、初めて名前を読んでくれる相手が咲良だったのです。

そして、桜良と出会って変わっていき、咲良と永遠の別れを経た「僕」。これからは、きっと名前が必要です。自分ひとりじゃないから。

 

実写映画では、12年後の「僕」の姿が

ヒット作は、映像化がつきものです。小説を読んでから、映画を観るのもいいし、映画がきっかけで原作を読んでみたいと思う人もいるので、双方に好循環が生まれますね。

(ちなみに私は原作を先に読みたいタイプです)

映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

山内咲良は、浜辺美波さんが演じます。「僕」は北村匠海さん。

さらに、原作にはない、12年後の「今」が描かれています。成長して、母校の教師になった「僕」を小栗旬さんが演じ、親友の恭子を北川景子さんが演じます。

咲良が生きたかったはずの未来を生きているふたり。12年の時を超えて、咲良が伝えたかったこととは…?

 

関連記事

ミステリー好きの方には、七河迦南さんの小説がオススメです。ラストの伏線回収とドンデン返しに、もう一度最初から読み返したくなります。

あわせて読みたい
ラストの伏線回収とドンデン返し!絶対もう一度最初から読みたくなる「七河迦南」の作品3選こんにちは。シーアです。(@seer_1118) おすすめのミステリー小説のご紹介です! 七河迦南とは? 知る人ぞ知る、ミステリ...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です