小説

ラストの伏線回収とドンデン返し!絶対もう一度最初から読みたくなる「七河迦南」の作品3選

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

七河迦南(ななかわかなん)という作家さんを知っていますか?

ミステリー小説が好きな方ならご存知かもしれませんが、一般的な知名度はあまりない方かなと思います。

シーア
シーア
「七河迦南って知ってる!」と言う人に出会ったことがありません…!
七河迦南の作品はこんな人におすすめ
  • ミステリー小説が好きな方
  • どんでん返しが好きな方
  • ハラハラ・ドキドキしたい方
  • だいたいの小説で結末が分かっちゃう方

こんな方に楽しんで頂ける、オススメの作品ばかりです!

七河迦南とは? 知る人ぞ知る、ミステリーの名手

七河 迦南(ななかわ かなん)は、日本の小説家、推理作家。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。2008年、連作短編集『七つの海を照らす星』で東京創元社主催の第18回鮎川哲也賞を受賞しデビューした。

児童養護施設「七海学園」を舞台にしたデビュー作に続くシリーズ第2作の『アルバトロスは羽ばたかない』は、原書房『本格ミステリ・ベスト10』で第5位、宝島社『このミステリーがすごい!』で第9位にランクインした。

(Wikipediaより)

実は、「七河迦南」という不思議な名前にも秘密があるんです。

「七河迦南」をローマ字で書いてみると「NANAKAWA KANAN」で、上から読んでも下から読んでも同じ、回文になっているんです。

秘密って言っても、あとがきか何かで書いていらっしゃったことですけどね!

作品中にも、回文や言葉遊びが要所要所で登場します。

そんな著者らしい、遊び心のあるお名前です。

ライト
ライト
本名ではなくペンネームだそうです。念のため。

児童養護施設「七海学園」3部作

七河迦南の代表作は、児童養護施設「七海学園」を舞台にした3部作です。

同じ世界観で続いており、ストーリーが関連していたり、登場人物がリンクしています。

シーア
シーア
一見、短編集のように見えます。

実際最初はそうなのですが、最後まで読むと…ドンデン返しが待っています。

それまでの気になっていたポイント、気にも留めていなかった出来事が、全て回収される爽快感は、何ともいえません!

表紙の絵や、タイトルのセンスに、心を鷲掴みにされます。

すべて読み終わってから、表紙やタイトルに込められた意味を考えると、ハッとさせられます。

とにかく、刊行順に(=このブログで紹介している順番)に、期間を空けず、一気に全部読んでほしい!

七つの海を照らす星

created by Rinker
¥950
(2018/10/18 03:57:04時点 Amazon調べ-詳細)

  • 内容紹介 (「BOOK」データベースより)

様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。

孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル…七人の少女をめぐるそれぞれの謎は、“真実”の糸によってつながり、美しい円環を描いて、希望の物語となる。

繊細な技巧が紡ぐ短編群が「大きな物語」を創り上げる、第十八回鮎川哲也賞受賞作。

七海学園の七不思議を巡る、連作短編集

主人公は、児童養護施設「七海学園」に勤める、保育士の北沢春菜

育児放棄、虐待、貧困…様々な問題を抱え、親や家族に大切にされてこなかったことから、傷ついた子どもたちが暮らしています。

幸せな家庭に育った子にはない悩みがあります。

問題は次々起こりますが、児童福祉士の海王さんが謎を解き明かしてくれます。

シーア
シーア
海王さんは、このシリーズの重要人物!

役人なのですが、お役所仕事じゃなく、「みんないい子ですねぇ」というスタンスで、どの子にも温かいまなざしで語る海王さんは素敵です。

子どもたちに寄り添い、無理に謎を解決せず、ときには、謎を謎のままそっとしておく。

春菜は、様々なやり方で、少しずつ子どもや、その子に関わっている大人達の気持ちを理解しようとします。

片側からの見方だと、「これが事実だ」と思ってしまうことも、反対側から見ると、また違った解釈が生まれるのです。

また、もうひとりの重要人物は、春菜の大学の友人の、野中佳音です。

春菜は、佳音に他愛なく仕事のことを話します。謎が一つにつながった時、運命を感じてしまいます。

アルバトロスは羽ばたかない

created by Rinker
¥1,015
(2018/10/18 03:57:04時点 Amazon調べ-詳細)

  • 内容紹介 (「BOOK」データベースより)

児童養護施設・七海学園に勤めて三年目の保育士・北沢春菜は、多忙な仕事に追われながらも、学園の日常に起きる不可思議な事件の解明に励んでいる。

そんな慌ただしい日々に、学園の少年少女が通う高校の文化祭の日に起きた、校舎屋上からの転落事件が影を落とす。警察の見解通り、これは単なる「不慮の事故」なのか?

だが、この件に先立つ春から晩秋にかけて春菜が奔走した、学園の子どもたちに関わる四つの事件に、意外な真相に繋がる重要な手掛かりが隠されていた。

鮎川哲也賞作家が描く、季節を彩る五つの謎。『七つの海を照らす星』に続く、清新な本格ミステリ。

前作にも増して、ドンデン返し感がヤバい

前作から数年後のお話ですが、ただの続編ではありません。

これほどまでに、ミスリードを誘う、作者の意図にまんまとハマってしまう作品はないでしょう。

七海学園に入所している高校生、鷺宮瞭が今回の重要人物です。

七海学園の生徒たちが通う、高校の文化祭で起こった転落事件を語る「冬の章」。

プロローグから幾度も登場する「冬の章」を挟みながら、季節ごとに、短編的なお話が展開されます。

そこから浮かび上がってくる事件の真相とは?

鷺宮瞭は、何を考え、何に傷ついてきたのか。すべてが冒頭の転落事件につながっていた…

アルバトロスとは、アホウドリのこと。

和名だと、のほほんとしていそうですよね。

アルバトロスは、楽に気流に乗って羽ばたかずに飛ぶように見えますが、実は地上や水面では必死でバタついているそうです。

このタイトルが意味するものは…。

ラストで、真実がぐるんとひっくり返ってしまって、びっくり。

シーア
シーア
「えっ、ちょっと待って」と声が出るくらい衝撃です!
ライト
ライト
ここで騙される!?

読み終わって、即もう一度最初から読みました。

答え合わせというか、ラストを知っていて読むと、また違った印象を受けます。二度おいしい作品です。

空耳の森

created by Rinker
¥1,836
(2018/10/18 03:57:05時点 Amazon調べ-詳細)

  • 内容紹介 (「BOOK」データベースより)

まだ早い春の日、思い出の山を登るひと組の男女。だが女は途中で足を挫き、つかの間別行動をとった男を突然の吹雪が襲う。そして、山小屋でひとり動けない女に忍び寄る黒い影―山岳を舞台にした緊迫のサスペンス「冷たいホットライン」。

孤島に置き去りにされた幼い姉弟の運命を描く「アイランド」。ある不良少女にかけられた強盗の冤罪をはらすため、幼なじみの少年探偵が奔走する「さよならシンデレラ」。居酒屋で男が安楽椅子探偵に遭遇する「晴れたらいいな、あるいは九時だと遅すぎる(かもしれない)」…

『アルバトロスは羽ばたかない』で一躍注目を浴びた鮎川哲也賞受賞作家の本領発揮。一編一編に凝らされた職人的技巧に感嘆すること間違いなしの、バラエティに富んだ九編を収める。

シリーズ登場人物の関連に、嬉しくなってしまう3作目

最初は、七海学園に関係ない短編のように見えます。

しかし、読み進めるにつれて、だんだん前作との絡みが生きてきます。

読んでいるから知っている、という、独占的な気持ちで嬉しくなってしまいます。

よくよく考えると、時系列がバラバラになってたり、関連があるのに伏せられている人の名前があり、練りに練ったミステリーという印象です。

前作を読んでいない人向けに、本作で前作のネタバレをしないように、表現の仕方で配慮しているようです。

シーア
シーア
私には難解すぎる部分もあり、一回では理解できませんでした(笑)。
ライト
ライト
何度も読みたくなるよ!

シリーズ3作ともを、期間を空けずに読むことをおすすめします!

記憶が新しいうちに、勢いそのままで、ラストまでなだれ込んでください。

七河迦南作品の映像化を熱望!

個人的には、七河迦南さんは、ゆくゆくはもっと有名になっていくだろうと思っています。

映画やドラマになってほしいけれど、言葉のあやでミスリードを誘うなど、映像化しにくい要素があるので、どうかなぁ~。

シーア
シーア
ちょっと期待しています!

七河迦南さんの文章に触れてみたい方は、講談社ノベルズのサイトをご覧ください。

鮎川哲也賞の受賞に際して、ご自分の作品観などを書かれています。

これだけでも、十分魅力的で幻想的な文章です。

関連記事

歴史小説がお好きな方はこちらもぜひ。

読みやすくエンタメ要素の強い時代小説ですよ。

あわせて読みたい
戦の勝敗を司る「軍配者」を描いた3部作。時代小説が苦手な方にもオススメ!著者:富樫倫太郎こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 軍配者とは、戦のすべてを指揮する立役者 軍配者という言葉は、あまり聞き慣れないです...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です