ラストの伏線回収とドンデン返し!絶対もう一度最初から読みたくなる「七河迦南」の作品3選

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

おすすめのミステリー小説のご紹介です!

七河迦南とは? 知る人ぞ知る、ミステリーの名手

七河 迦南(ななかわ かなん)は、日本の小説家、推理作家。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。2008年、連作短編集『七つの海を照らす星』で東京創元社主催の第18回鮎川哲也賞を受賞しデビューした。

児童養護施設「七海学園」を舞台にしたデビュー作に続くシリーズ第2作の『アルバトロスは羽ばたかない』は、原書房『本格ミステリ・ベスト10』で第5位、宝島社『このミステリーがすごい!』で第9位にランクインした。

(Wikipediaより)

ミステリー小説が好きな方ならご存知かもしれませんが、一般的な知名度はあまりない方かなと思います。私は「七河迦南って知ってる!」と言う人に出会ったことがありません。

実は、「七河迦南」という不思議な名前にも秘密があるんです。「七河迦南」をローマ字で書いてみると「NANAKAWA KANAN」で、上から読んでも下から読んでも同じ、回文になっているんです。

秘密って言っても、あとがきか何かで書いていらっしゃったので、別にたいしたことないんですが、Wikipediaには書いてなかったので。

作品中にも、回文や言葉遊びが要所要所で登場します。そんな著者らしい、遊び心のあるお名前です。

(本名ではなくペンネームだそうです。念のため)

児童養護施設「七海学園」3部作

七河迦南の代表作は、児童養護施設「七海学園」を舞台にした3部作です。同じ世界観で続いており、ストーリーが関連していたり、登場人物がリンクしています。

一見、短編集のように見えます。実際最初はそうなのですが、最後まで読むと…ドンデン返しが待っています。

それまでの気になっていたポイント、気にも留めていなかった出来事が、全て回収される爽快感は、何ともいえません!

表紙の絵や、タイトルのセンスに、心を鷲掴みにされます。すべて読み終わってから、表紙やタイトルに込められた意味を考えると、ハッとさせられます。

とにかく、刊行順に(=このブログで紹介している順番)に、期間を空けず、一気に全部読んでほしい!

七つの海を照らす星

created by Rinker
¥950
(2018/08/19 05:59:52時点 Amazon調べ-詳細)

  • 内容紹介 (「BOOK」データベースより)

様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。

孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル…七人の少女をめぐるそれぞれの謎は、“真実”の糸によってつながり、美しい円環を描いて、希望の物語となる。

繊細な技巧が紡ぐ短編群が「大きな物語」を創り上げる、第十八回鮎川哲也賞受賞作。

七海学園の七不思議を巡る、連作短編集

主人公は、児童養護施設「七海学園」に勤める、保育士の北沢春菜

育児放棄、虐待、貧困…様々な問題を抱え、親や家族に大切にされてこなかったことから、傷ついた子どもたちが暮らしています。幸せな家庭に育った子にはない悩みがあります。

問題は次々起こりますが、児童福祉士の海王さんが謎を解き明かしてくれます。海王さんは、このシリーズにおいて重要人物です。

役人なのですが、お役所仕事じゃなく、「みんないい子ですねぇ」というスタンスで、どの子にも温かいまなざしで語る海王さんは素敵です。

子どもたちに寄り添い、無理に謎を解決せず、ときには、謎を謎のままそっとしておく。

春菜は、様々なやり方で、少しずつ子どもや、その子に関わっている大人達の気持ちを理解しようとします。

片側からの見方だと、「これが事実だ」と思ってしまうことも、反対側から見ると、また違った解釈が生まれるのです。

また、もうひとりの重要人物は、春菜の大学の友人の、野中佳音です。春菜は、佳音に他愛なく仕事のことを話します。謎が一つにつながった時、運命を感じてしまいます。

アルバトロスは羽ばたかない

created by Rinker
¥1,015
(2018/08/19 05:59:52時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です