小説

七河迦南の小説3選|絶対もう一度最初から読みたくなる、ラストの伏線回収とドンデン返し!

七河迦南ななかわかなんという作家さんを知っていますか?

ミステリー小説が好きな方ならご存知かもしれませんが、一般的な知名度はあまりない方かなと思います。

シーア

七河迦南って知ってる!と言う人に出会ったことがありません…!

七河迦南の作品はこんな人におすすめ
  • ミステリー小説が好きな方
  • どんでん返しが好きな方
  • ハラハラ・ドキドキしたい方
  • だいたいの小説で結末が分かっちゃう方

こんな方に楽しんで頂ける、オススメの作品ばかりです!

ライト

七河迦南の代表作、七海学園3部作を紹介するよ!

七河迦南とは? 知る人ぞ知る、ミステリーの名手

七河 迦南(ななかわ かなん)は、日本の小説家、推理作家。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。2008年、連作短編集『七つの海を照らす星』で東京創元社主催の第18回鮎川哲也賞を受賞しデビューした。

児童養護施設「七海学園」を舞台にしたデビュー作に続くシリーズ第2作の『アルバトロスは羽ばたかない』は、原書房『本格ミステリ・ベスト10』で第5位、宝島社『このミステリーがすごい!』で第9位にランクインした。

Wikipediaより

実は、「七河迦南」という不思議な名前にも秘密があるんです。

「七河迦南」をローマ字で書いてみると「NANAKAWA KANAN」で、上から読んでも下から読んでも同じ、回文になっているんです。

秘密って言っても、あとがきか何かで書いていらっしゃったことですけどね!

作品中にも、回文や言葉遊びが要所要所で登場します。

そんな著者らしい、遊び心のあるお名前です。

ライト

本名ではなくペンネームだそうです。念のため。

児童養護施設「七海学園」3部作|七河迦南

七河迦南の代表作は、児童養護施設「七海学園」を舞台にした3部作です。

同じ世界観で続いており、ストーリーが関連していたり、登場人物がリンクしています。

シーア

一見、短編集のように見えます。

実際最初はそうなのですが、最後まで読むと…ドンデン返しが待っています。

それまでの気になっていたポイント、気にも留めていなかった出来事が、全て回収される爽快感は、何ともいえません!

表紙の絵や、タイトルのセンスに、心を鷲掴みにされます。

すべて読み終わってから、表紙やタイトルに込められた意味を考えると、ハッとさせられます。

とにかく、刊行順に(=このブログで紹介している順番)に、期間を空けず、一気に全部読んでほしい!

「七つの海を照らす星」七河迦南

¥968 (2020/09/20 22:35:42時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

シリーズ1作目は、第十八回鮎川哲也賞受賞作。

児童養護施設「七海学園」では、それぞれの事情で家庭で暮らせない子どもたちが生活しています。

ここには「学園七不思議」と呼ばれる、ちょっと怖い、不思議な言い伝えがあるんです。

ライト

迷信とか、そういうんじゃないの?

シーア

それだけとは言い切れない出来事が起こるんだよ!

7人の少女をめぐる謎は、ひとつひとつがつながって、思いがけない真実へと結びつくんです。

「七つの海を照らす星」七海学園の七不思議を巡る、連作短編集

主人公は、児童養護施設「七海学園」に勤める、保育士の北沢春菜

育児放棄、虐待、貧困…様々な問題を抱え、親や家族に大切にされてこなかったことから、傷ついた子どもたちが暮らしています。

幸せな家庭に育った子にはない悩みがあります。

問題は次々起こりますが、児童福祉士の海王さんが謎を解き明かしてくれます。

シーア

海王さんは、このシリーズの重要人物!

海王さんは役人なのですが、お役所仕事じゃなく、「みんないい子ですねぇ」というスタンスで、どの子にも温かいまなざしで語る素敵な人。

子どもたちに寄り添い、無理に謎を解決せず、ときには、謎を謎のままそっとしておく。

春菜は、さまざまなやり方で、少しずつ子どもや、その子に関わっている大人達の気持ちを理解しようとします。

片側からの見方だと、「これが事実だ」と思ってしまうことも、反対側から見ると、また違った解釈が生まれるのです。

また、もうひとりの重要人物は、春菜の大学の友人の、野中佳音

春菜は、佳音に他愛なく仕事のことを話しますが…謎がひとつにつながったとき、運命を感じる結末ですよ。

「アルバトロスは羽ばたかない」七河迦南

¥1,034 (2020/09/21 02:03:31時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

1作目「七つの海を照らす星」の続編で、春菜は、七海学園に勤めて3年目になっています。

高校の文化祭で、校舎の屋上から生徒が転落する事件がありました。

警察は、「不慮の事故」として処理しましたが…本当にそうなのでしょうか。

シーア

春菜の心の中に、ずっと引っかかっているんだね。

しかし、この事件の前に、学園の日常に起きていた謎の事件が、実はつながっていたのです…。

季節ごとに振り返りながら、だんだん近づいてくる真実に、またしても鳥肌が立つこと間違いなし!

「アルバトロスは羽ばたかない」前作にも増してドンデン返し

前作から数年後のお話ですが、ただの続編ではありません。

これほどまでに、ミスリードを誘う、作者の意図にまんまとハマってしまう作品はないでしょう。

七海学園に入所している高校生、鷺宮瞭が今回の重要人物です。

七海学園の生徒たちが通う、高校の文化祭で起こった転落事件を語る「冬の章」。

プロローグから幾度も登場する「冬の章」を挟みながら、春・夏・秋と過去を振り返り、季節ごとに短編的なお話が展開されます。

そこから浮かび上がってくる事件の真相とは?

鷺宮瞭は、何を考え、何に傷ついてきたのか。

シーア

すべてが冒頭の転落事件につながっていた…!?

アルバトロスとは、アホウドリのこと。

ライト

なんだか、のほほんとしていそうだよね。

アルバトロスは、楽に気流に乗って羽ばたかずに飛ぶように見えますが、実は地上や水面では必死でバタついているそうです。

シーア

このタイトルが意味するものとは…!?

ラストで、真実がぐるんとひっくり返ってしまって、びっくり。

シーア

「えっ、ちょっと待って」と声が出るくらい衝撃です!

ライト

ここで騙される!?

読み終わって、即もう一度最初から読みました。

答え合わせというか、ラストを知っていて読むと、また違った印象を受けます。二度おいしい作品です。

「空耳の森」七河迦南

¥3,222 (2020/09/21 02:03:31時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

3作目は、短編集です。

七海学園とどういうつながりがあるのか…考えながら読み進めると、「あっ!」と気づく瞬間があります。

  • 冷たいホットライン…思い出の山を登る男女のサスペンス。女性の方は足をくじいてしまって、男は吹雪の中で姿を消す…?
  • アイランド…無人島に置き去りにされた姉弟のお話。
  • さよならシンデレラ…盗みの疑いをかけられた不良少女を助けるために、幼馴染の少年が
  • 晴れたらいいな、あるいは九時だと遅すぎる(かもしれない)…居酒屋で男が探偵に遭遇して、これまでの謎を一気に解明する。その正体とはいったい…?

「空耳の森」シリーズ登場人物の関連が嬉しい

最初は、七海学園に関係ない短編のように見えます。

しかし、読み進めるにつれて、だんだん前作との絡みが生きてきます。

シーア

シリーズを続けて読んでいると、知ってる!って気持ちで嬉しくなっちゃう。

よくよく考えると、時系列がバラバラになってたり、関連があるのに伏せられている人の名前があり、練りに練ったミステリーという印象。

前作を読んでいない人向けに、本作で前作のネタバレをしないように、表現の仕方で配慮しているようです。

シーア

私には難解すぎる部分もあり、一回では理解できませんでした(笑)。

ライト

何度も読みたくなるよ!

シリーズ3作ともを、期間を空けずに読むことをおすすめします!

記憶が新しいうちに、勢いそのままで、ラストまでなだれ込んでください。

七河迦南作品の映像化を熱望!

個人的には、七河迦南さんは、ゆくゆくはもっと有名になっていってほしい。

映画やドラマになってほしいけれど、言葉のあやでミスリードを誘うなど、映像化しにくい要素があるので、どうかなぁ~。

シーア

ちょっと期待しています!

七河迦南さんの文章に触れてみたい方は、講談社ノベルズのサイトをご覧ください。

鮎川哲也賞の受賞に際して、ご自分の作品観などを書かれています。

これだけでも、十分魅力的で幻想的な文章です。

関連記事

ミステリーやどんでん返しがお好きな方は、こちらもぜひ。

シーア

最後にええっ!てなる作品、ほんと好き…!

「こわれもの」浦賀和宏|衝撃のラストを見逃せない!【ネタバレなし】【あらすじ・感想】「こわれもの」は、二転三転する衝撃のラストが味わえます。立ち読み厳禁!読み始めたら止められません。恋人の死は予知されていたのか? 未来は変えられるのか?ラストの展開が読めた、と思っても油断しないで下さい。...

本記事で紹介している「七つの海を照らす星」のような、ひとつひとつのお話に関連性のある連作短編集をまとめてご紹介しています。

short-series
連作短編集のおすすめ17選!長編とも短編とも違った魅力連作短編集は、短いお話の中に、凝縮されたエッセンスが詰まっていて、それらが関連し合いながら進んでいきます。ひとりの主人公の視点ではわからなかった事実を知ることも。それぞれに異なる登場人物の語りで、世界観を掘り下げていくことができ、より深くテーマを味わえます。そんな魅力たっぷりの連作短編集をご紹介します。...
ABOUT ME
シーア
年間120冊の本を読んできた経験から、おすすめの本をご紹介します。 「絵本講師」の資格を持っています。大人にも子どもにも絵本の魅力をお伝えしたい! 夫・男子ふたり・犬と暮らすワーキングマザー。 仕事も読書も育児も、自分のやりたいことを全部諦めない、欲張りさんです。好奇心旺盛で、いろんなことに興味があります。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です