小説

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな|幸せのカタチはひとつじゃない

todays-honey-tomorrows-me

「蜂蜜をもうひとさじ足せば、たぶんあなたの明日は今日より良くなるから」

お守りみたいに大切にしてきた言葉に導かれるように、蜂蜜作りに関わっていく。

みどりは、身ひとつで見知らぬ場所に飛び込んで、自分の居場所を作っていきます。

誠実さを武器に、自分の人生を、自分のために切り開いていくお話をご紹介します。

角川春樹事務所
¥682 (2020/09/24 13:17:18時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

主人公は、仕事を辞めて住み慣れた街を離れ、恋人の故郷である「朝埜市」という田舎に移り住みます。

すんなり彼氏と結婚することもできず、なんだか危なっかしいスタート。

碧の選んだ道は、おとぎ話のように「めでたしめでたし」とはいかないけれど、きっと彼女なら大丈夫だと思えるのです。

ライト

「今日のハチミツ、あしたの私」を解説するよ!

terachiharuna-matome
寺地はるなの小説おすすめ11選|強くて優しい、心が疲れているときに読みたい作品寺地はるなさんの小説が好きです。つらい状況にあっても優しい登場人物、綺麗事じゃない世界、現実のほろ苦い毒、そんな中でもしなやかな心を忘れない強さ。人生いろいろあるけど、私ももうすこし頑張ってみよう、と思える作品たち。読後感がよく、心が疲れているときにもピッタリ。あらすじと感想を交えて、個人的おすすめ順にご紹介します。...

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな|登場人物

今日のハチミツ、あしたの私」は、主人公の碧を中心に描かれるストーリー。

  • 塚原碧つかはらみどり…主人公。中学生のときいじめられた過去を持つ。カフェチェーンに勤めていて、料理が得意。
  • 安西渉あんざいわたる…碧の彼氏。苦手なことや怖いことから逃げがちで、仕事が長続きしない。絵を描いている。

安西の故郷である朝埜市に移ったあと、いろいろな人と出会います。

シーア

ここでは主要な登場人物を紹介するよ。

  • 黒江さん…クロエ蜂蜜園を運営。目つきが悪く、無駄に怖い。
  • 朝花ともか…黒江さんの娘。元妻が親権を持っているが、突然訪ねてきた。
  • あざみ…スナックあざみのママ。碧にメニュー開発を依頼。
  • 三吉さん…徘徊癖のある父親を介護している。碧にアパートを紹介してくれた。

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな|あらすじと内容

碧は、中学生の頃、いじめられて拒食気味になり、家族からも大切にされなかった過去がありました。

そんなとき、ずけずけと物を言う見知らぬ女性に、「あさのはちみつ」と書かれた蜂蜜の小瓶をもらいます。

シーア

碧にとっては、大切な思い出で、ターニングポイントなんだね。

それから、きちんとご飯を食べて、自分なりに生活してきて、16年が経ち…碧は30歳になりました。

恋人の安西が、例によって仕事を1日で辞めて帰ってきた日、「地元に帰ろうと思う」「碧と離れたくない」と、なかばプロポーズのようなことを言う…。

碧は、仕事を辞めて、朝埜についていくことにしました。

ライト

仕事を辞めるなんて、人生の大きな転機だよね。

ですが、安西は父親に碧のことを一切話しておらず、結婚を許すどころではありません。

それどころか、蜂蜜園を営んでいる黒江から、地代を回収してこいと命令されます。

碧は、黒江さんに養蜂を教えてもらい、指導料としてお金を払って、それを安西(父)への地代として回収することに。

シーア

碧、なかなかやるじゃん!頭いい!

碧は、蜂蜜園の手伝いをすることで、新しい自分を見つけていくのです。

優柔不断ではっきりしない安西にイライラ

シーア

安西、はたから見てるとめっちゃイライラするわ…!

安西は、傷つきやすくて、ちょっとしたことで不機嫌になって…どうしようもない、まったくもって幼稚な男。

だけど、そんな安西のことを甘やかして、許してきてしまったのは、他でもない碧なのです。

ライト

碧の立場からすると、もっと安西を責めてもおかしくないよね。

碧は、本来、彼氏の地元についていったはずなのに、結婚を約束してくれるわけでもなく、宙ぶらりん。

「安西渉の妻」として移住してきたならともかく、それすらもおぼつかない状況。

普通に考えて、30歳独身女性が、右も左も分からない土地で、一から人間関係を築くのは、なかなかハード。

ですが、碧は、想像以上のたくましさで、さまざまな人と出会い、少しずつ自分の居場所を獲得していきます。

おそらく、安西よりももっと、朝埜の地になじんでいる…。

ライト

安西にとっては、碧が楽しく朝埜ライフを満喫しているの、複雑な気持ちだったのかな…。

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな|自分のために人生を生きよう

シーア

碧は、安西を責めずにいられるのがすごいよ。

彼氏のために仕事を辞めた、彼氏のために住む場所を変えた…。

碧には、いくらでも安西の責任を問うことができました。

だけど、碧はそうはしませんでした。

あくまでも、安西と一緒にいたかった自分のために、仕事を辞め、朝埜に移り住んだのです。

自分の人生の舵取りを、安西にゆだねなかった碧は、とても立派。

ライト

「明日、人生が終わるとしたら」っていう、安西の問いかけが意味深だよ。

明日、人生が終わるとしたら、自分のために生きたい。

「誰かのために」「あなたのために」は、決して崇高な使命感なんかではなく、重い足かせになります

それよりも「自分のために」生きている方が、ずっと健全で頼もしいと、教えてくれる作品です。

「今日のハチミツ、あしたの私」には、心に刻みたい名言がいっぱい

今日のハチミツ、あしたの私」には、冒頭のセリフだけでなく、ずっと心に刻みたい名言がたくさんあります。

ここでは、一部を抜粋してご紹介します。

シーア

「今日のハチミツ、あしたの私」の世界を感じてくれたらいいな。

あなた自身が、あなたを大事にしてないから。あなたがあなたを嫌っているから。だから周りの人はみんな、ますますあなたを大事にしないし、嫌いになる。こいつはそういうふうに扱ってもいいんだって思われてしまう。

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな|P11 (角川春樹事務所)

冒頭のセリフとともに、蜂蜜の小瓶をくれた女性が、碧にかけてくれた言葉。

自分を大切にしていないと、周囲からも軽んじられて、ないがしろにされる…。

いじめられて傷ついた中学生、しかも初対面の女の子にかける言葉としては、あまりにもストレートですが、それでも碧は救われました。

そのときもらった「あさのはちみつ」というラベルのついた小瓶を、30歳になっても大事に持っているくらいだから。

わたしもう30歳なのね。その年齢で、人見知りなんですーとかって、そういうのを言いわけにつかうのはどうなのかなって思うから。

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな|P161 (角川春樹事務所)

自分の居場所があらかじめ用意されてる人なんていないから。

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな|P162(角川春樹事務所)

どちらも、あざみさんと朝花ともかと3人で、蜂蜜レモンのソーダ水を作って出店で売っていたとき、碧が朝花に言ったセリフ。

朝花は、高校生らしく、将来の夢や親との関係に悩んでいます。

碧自身も、人間関係で悩んできたから、朝花の気持ちがわかるのです。

ライト

碧だって、最初から誰とでも仲良くなれる性格じゃなかったもんね。

本当は、この言葉を、朝花ではなく安西に言ってやりたかった…そんな後悔もありながら。

碧が、行動したからだよ。碧の良いところがその人たちに伝わったからだよ。全部、あんたが自分の手で勝ち取ったもんだよ。

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな|P197 (角川春樹事務所)

親友の真百合が、朝埜まで会いにきてくれたとき、碧にかけた言葉。

碧は、自分はラッキーだったと語りますが、置かれた場所で努力をしたからこそ、手に入れた居場所なのです。

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな|まとめ

シーア

碧の選択は、不器用だけど誠実だよね。

たとえば、事前に安西と婚約しておけば、自身の正当性をアピールすることもできるし、もっとうまく立ち回れたでしょう。

だけど、碧はそうはしなかった。

その代わり、自分の明日を、自分の手で切り開きました。

碧の選択に、すがすがしい感動を覚え、応援したくなるのです。

ライト

自分の幸せは、自分の力で見つけなくちゃね。

角川春樹事務所
¥682 (2020/09/24 13:17:18時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

関連記事

寺地はるなさんの作品は、仕事に向き合うこと、自分を見つめることを教えてくれます。

月のぶどう」は、母の急死にともなって、実家のワイナリー経営に取り組む双子の物語。

ふたりは正反対の性格で、ぶつかり合いながら成長していく様子に、心を打たれるのです。

moon-grapes
「月のぶどう」寺地はるな|ワイナリー経営に取り組む双子の成長物語実家のワイナリーを営んできた母が、突然この世を去りました。母の跡を継いで、ワイン作りに奮闘する双子の物語。姉・光実にとっては、美しく優秀で、憧れの母。弟・歩にとっては、失望されたくなくて逃げてきた存在。仕事への向き合い方、不幸比べをする不毛さ、自分を磨く努力の価値、人に頼る才能…さまざまなメッセージが詰め込まれた作品です。...
寺地はるな作品のレビュー記事はこちら
ABOUT ME
シーア
年間120冊の本を読んできた経験から、おすすめの本をご紹介します。 「絵本講師」の資格を持っています。大人にも子どもにも絵本の魅力をお伝えしたい! 夫・男子ふたり・犬と暮らすワーキングマザー。 仕事も読書も育児も、自分のやりたいことを全部諦めない、欲張りさんです。好奇心旺盛で、いろんなことに興味があります。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です