小説

辻村深月「島はぼくらと」 離島に暮らす高校生4人の青春小説【ネタバレなし】【あらすじ・感想】

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

瀬戸内海の小さな島を舞台にした、青春の一瞬のきらめきを感じる小説をご紹介します。

島はぼくらと 辻村深月

created by Rinker
¥756
(2018/10/18 16:59:38時点 Amazon調べ-詳細)

この本の内容

朱里、衣花、源樹、新。4人の高校生たちが主人公。

島の子どもたちは、高校生になるとフェリーで本土に通います。島には高校がないからです。

島への移住に憧れる都会人もいますが、少子化、過疎化、医師不足など、根深い問題を抱えている…

淡い恋心や、青春のきらめきを閉じ込めて、一緒に過ごせる最後の季節を描きます。

辻村深月さんは、10代の心の機微を描いたら最強

デビュー以来、10代の繊細で切実な感情を描いてこられた、辻村深月さん。

言葉にならなかったはずの感情を、的確にすくい上げてくれます。

過去にタイムスリップして、高校生の頃の私に届けられたかのような言葉たち。

なぜ、こんなにも私の気持ちが分かるんだろう?と思うほどです。

2004年、「冷たい校舎の時は止まる」でメフィスト賞を受賞されています。

学校を舞台にした物語で、まさにデビュー作にして辻村深月さんの代名詞のような作品でした。

その後も「凍りのくじら」「ぼくのメジャースプーン」「ツナグ」など、次々に話題作を発表されています。

2014年から毎年本屋大賞にノミネートされていましたが、2018年「かがみの孤城」でついに本屋大賞を受賞されました。

シーア
シーア
こちらも主人公は10代、中学生の女の子です。
あわせて読みたい
辻村深月「かがみの孤城」 不登校の中学生たちの、絆と闘いの1年間。【本屋大賞受賞作】【ネタバレなし】【あらすじ・感想】こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 本屋大賞受賞作、辻村深月「かがみの孤城」 辻村深月さんがついに本屋大賞を受賞されま...

島はぼくらと ~離島に暮らす高校生4人の青春小説~

舞台は、瀬戸内海に浮かぶ冴島(さえじま)です。

島の子どもは、いつか本土に渡ります。まず、島には高校がありません。

フェリーで本土の高校に通います。

島の母親は、子離れの時期を強く意識せざるを得ません。

15歳または18歳で、子どもと離れて暮らすことになるからです。

シーア
シーア
子育ての期間がとても短いんですね…。

主人公は、高校生の男女4人。

彼らもまた、それぞれの進路を前に、共に過ごせる最後の季節なのです。

今だけのきらめきに儚さを感じます。

中心となる登場人物は高校生4人

  • 朱里…母と祖母と暮らす、純粋でのびやかな女の子。物語のメイン
  • 衣花…女優のようにオシャレな、島の網元の娘。はっきり物を言うタイプ
  • 新…おとなしい、演劇好きの男の子。島へ戻るフェリーの関係で30分しか演劇部に参加できない
  • 源樹…Iターン族でリゾートホテルの息子。見た目はイケメンだけど不良っぽい

フェリーで高校に通う、彼らを中心に、島全体をひとつの共同体のように描いています。

幻の脚本とは? 怪しい作家、霧崎ハイジ

物語は、彼らが高校に通うフェリーの中で動き出します。

胡散臭い作家、霧崎ハイジが、声をかけてきたのです。

霧崎が言うには、冴島には「幻の脚本」が存在するのだと。

それを探すためにIターンしたのだと言います。

怪しいけれど、興味を隠せない4人。退屈な島の生活に、ちょっとした刺激です。

しかし、霧崎は、Iターンしてきた人達の間でも浮いた存在になり、冴島に不穏な空気を撒き散らし始めました。

過疎化、医師不足…離島の問題点

都会の人たちは、島の人たちのあたたかいつながりや、あふれる自然に期待して「また来たい」とか「移住したい」と言います。

しかし、離島にはポジティブな面だけでなく、ネガティブな要素もあります。

例えば、少子化、過疎化、医師不足、地元民と移住者の確執、Iターンの受け入れ問題、シングルマザー…

シングルマザーの蕗子と、娘の未菜

蕗子は、有名な水泳選手でしたが、取り入ろうとしてくる人々に疲れて、既婚者のコーチと不倫をして、妊娠してしまいます。

それで、娘の未菜とともに冴島にやってきました。

蕗子のように、居場所を必要としている人もいます。

島は、国土交通省から地域活性デザイナーのヨシノを招き、Iターンやシングルマザーを受け入れ、過疎にならず成功しています。

シーア
シーア
それでも、問題もあります…。

例えば、村長が、自分の利益や関係者の都合を優先して、施策を進めている…

のどかな島のようで、そんな生臭い現実があるのです。

「スロウハイツの神様」に登場したあの人が…

辻村深月さんの作品は、それぞれがリンクしていることが多々あります。

過去の作品の登場人物が、他の作品に関わってくるのです。

created by Rinker
¥713
(2018/10/18 16:59:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥788
(2018/10/18 16:59:39時点 Amazon調べ-詳細)

今回は「スロウハイツの神様」から。

シーア
シーア
どの登場人物なのか…、お楽しみに!

チョイ役ではなく、結構しっかり物語に絡んできますよ。

みんなが島を思い、人と人がつながるラスト

いくつかの刺激的な事件と、恋愛や部活や、ままならない高校生活や、甘酸っぱい青春。

そうしている間に、それぞれが別の道に進む時期がやってきてしまいます。

「いってらっしゃい」「いってきます」と島を離れる人たち。

でも、「おかえり」「ただいま」は、ずっと来ない。

みんな出ていってしまい、戻ってくる人なんてほんのわずか。

シーア
シーア
果たしてそうでしょうか?

彼らが何を思い、どう考え、道を選んだのか、ぜひ本作を読んでみてほしいと思います。

みんなが島を思い、人と人がつながって、よりよい島を目指すラストに胸が詰まります。

関連記事

「島はぼくらと」、この前泊まったbook and bedにも置いていました。

自分が読んだことのある本があると、嬉しい気持ちになりますね。

あわせて読みたい
book and bed
泊まれる本屋「book and bed」で、至福の読書タイムを体験♪設備やアメニティを公開!こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 泊まれる本屋「book and bed」 素敵な空間でしょう?こちらは「泊まれる本...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です