小説

「大人は泣かないと思っていた」寺地はるな|古い価値観を変えていく、さわやかな短編集

adult-not-cry

現代は、多様性が認められる社会になりつつあります。

ですが、恋愛や結婚、家族のあり方は、「昔ながらの当たり前」を押しつけられ、傷ついている人も多いですよね。

シーア
シーア
特に、田舎であればあるほど…。

そんな古い価値観を少しずつ変えながら、生きづらさを克服して、自分らしく過ごそうとする人たちを描いた短編集をご紹介します。

¥1,760
(2020/07/05 23:36:15時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

男だから・女だからという差別や、「普通」のありかたを、しなやかに変えていく彼らのスタイルを、応援したくなりますよ。

ライト
ライト
「大人は泣かないと思っていた」を解説するよ!
結婚をテーマにした小説をまとめました。
marriage-novel
幸せって何だろう?結婚観を見直したいときに読む小説4選恋愛の先には、結婚が視野に入るもの。「本当にこの人と結婚していいのかな?」「もっと他にいい出会いがあるかも…」と、迷う人も多いはず。結婚はゴールではないし、結婚すれば幸せになれる、なんて簡単なものではありません。この記事では、結婚観を考えさせられる小説を4冊厳選してご紹介します。結婚をテーマにした小説を読んで、自分にとっての幸せな結婚のあり方をイメージしてくださいね。...
寺地はるなさんの小説、個人的おすすめランキングです。
terachiharuna-matome
寺地はるなの小説おすすめ9選|強くて優しい、心が疲れているときに読みたい作品寺地はるなさんの小説が好きです。つらい状況にあっても優しい登場人物、綺麗事じゃない世界、現実のほろ苦い毒、そんな中でもしなやかな心を忘れない強さ。人生いろいろあるけど、私ももうすこし頑張ってみよう、と思える作品たち。読後感がよく、心が疲れているときにもピッタリ。あらすじと感想を交えて、個人的おすすめ順にご紹介します。...

「大人は泣かないと思っていた」寺地はるな|登場人物

「大人は泣かないと思っていた」は、山で囲まれた九州の田舎、耳中市肘差(みみなかしひじさし)が舞台。

市町村合併の前は「肘差村」だったこともあり、昔ながらの古い価値観が根強く残っています。

シーア
シーア
閉鎖的で、男尊女卑で、人の噂が好きで…。

そんな肘差で暮らす、20〜30代の男女が主人公。

  • 時田翼…32歳、農協勤務。母親は11年前に家を出て、大酒飲みの父と二人暮らし。お菓子作りと落語を聞くことが趣味。
  • 小柳レモン…22歳。ファミリーレストラン勤務。金髪だけど染めているだけで、キラキラネームの日本人。
  • 時田鉄也…翼の同級生。内装工事会社勤務。あだ名は「鉄腕」。男らしく大雑把。玲子という恋人がいる。

ちなみに、翼と鉄腕は、苗字は同じだけど親戚でもなんでもなく、単なる友達関係。

ライト
ライト
肘差では、「時田」はよくある苗字なんだって。

彼らは、親や祖父母、そのさらに前から続く価値観に疑問を感じつつも、まっとうに誠実に暮らしている、「普通」の人たちです。

「大人は泣かないと思っていた」寺地はるな|田舎が舞台の連作短編集

「大人は泣かないと思っていた」は、メインとなる登場人物を変えながら、同じ世界で語られる連作短編集。

ライト
ライト
ひとつひとつのお話が関連しているよ。

主人公は時田翼ですが、他の人から見た彼の姿も語られて、違う角度から深まっていくのです。

短編7作品のタイトル
  1. 大人は泣かないと思っていた
  2. 小柳さんと小柳さん
  3. 翼が無いなら跳ぶまでだ
  4. あの子は花を摘まない
  5. 妥当じゃない
  6. おれは外套を脱げない
  7. 君のために生まれてきたわけじゃない

片側から見ているとわからないことも、相手の立場で語られるとすんなり理解できるのです。

大人は泣かないと思っていた|翼とゆず泥棒

時田翼は、農協へ出勤する身支度をしながら、不機嫌をまき散らす父の言葉を聞いています。

隣の家に住むおばあさん、田中絹江が、うちの家の庭のゆずを盗んでいるというのです。

翼に「現場を押さえて、あの女に注意しろ」と言い募る父。

シーア
シーア
もともとふたりは仲が悪いし、ただの被害妄想かもよ?
ライト
ライト
ていうか、翼に言わないで、お父さんが自分で捕まえればいいのにね…。

小学校からの同級生である鉄腕(鉄也)の協力を得て、ゆず泥棒を捕らえましたが、犯人は予想外の人物で…。

子どもの頃、大人は泣かないと思っていた。そんなふうに思えるほど、子どもだった。

翼は、そう気がついたとき、本当の大人になったのかもしれません。

小柳さんと小柳さん|レモンと継父

小柳レモンは、バイト先のファミレスをクビになりました。

なぜなら、店長に頭突きしたから。理由は、言いたくない。

シーア
シーア
なんで…!?
ライト
ライト
ちゃんと作品中で語られるから、読んでみてほしいな。

田舎って、噂が広まるのが早くて、しかもみんないつまでも覚えていて、しつこく話題に上りますよね。

出身高校で人となりを語られたり、その人の家庭環境を周囲の全員が知っていたり…。

5年前、17歳のときに、母の再婚で「田中」から「小柳」になったレモン。

家庭環境は複雑だし、キラキラネームだし、いろいろと良からぬことを言われてきました。

シーア
シーア
本人は、ちょっと変わってるけど、いい子なんだよね。

現・父親である「小柳さん」のことを、お父さんとは呼ばないし、無理に呼ぼうともしていません。

小柳さんの方も、「お父さんと呼んでほしい」なんて思ってもいないし、対等な関係を築いています。

ライト
ライト
そういうのって、いいよね。

翼が無いなら跳ぶまでだ|鉄腕と玲子

鉄腕、こと時田鉄也は、「肘差春まつり」に、彼女の玲子を呼んで、両親に会わせようとしています。

玲子は3歳年上で、離婚歴があるので、鉄腕の親は結婚に大反対。

ですが、鉄腕は「玲子はきっぱり・はっきりした性格のいい女だから、両親も玲子に会えばきっと気に入るだろう」とかなり楽観的です。

シーア
シーア
そんな状態で彼氏の家に行くって考えたら、玲子はめっちゃ気が重いだろうね…。

春まつりの宴会のお酒や料理は、女たちが徹夜で準備し、男たちはどっしり座って飲めや食えやの大騒ぎ。

玲子は、鉄腕の父に気に入られようと、無理に頑張って、お酌をしたり笑顔で話を聞いていますが…

ライト
ライト
本当に大丈夫かな? 玲子、無理してそう…。

鉄腕は、玲子の心を守ることができるのでしょうか?

あの子は花を摘まない|翼の母、広海(ひろみ)

白山広海は、翼の母親で、11年前に離婚して家を出ていきました。

離婚後、ビジネスパートナーの千夜子とともに、年齢を重ねた女性のための服やジュエリーのお店を経営しています。

ここ最近、広海が一人暮らししている家の玄関先に、花束やチョコレートなどのプレゼントが、ひっそりと置かれることがたびたびありました。

ライト
ライト
誰からだろう?

広海は、「きっとあの子だろう」と、今は離れて暮らす息子、翼のことを思うのです。

自分は、夫を、肘差を捨てたんだ、という罪の意識がずっと消えない広海。

シーア
シーア
だけど、人が誰かを捨てるなんて、言葉ほど簡単なことじゃないよね。

広海は、世間的には離婚して成功した女社長だけど、自分の幸せだけを考えて、振り返らずに生きていくほど、強くはないのです。

妥当じゃない|農協の同僚、平野さん

平野さんは、同期の原田亜衣から、結婚(そして妊娠)報告を受けました。

ライト
ライト
先を越された…とかなんとか、どうでもいいのに張り合うのって「あるある」だよね。

平野さんの願いは、ただひとつ。

結婚適齢期に、自然に出会った相手に好意を寄せられ、順調なおつきあいを経て、穏やかで祝福された結婚がしたい…。

シーア
シーア
それって、簡単なようで、めちゃくちゃハードル高いと思うよ!?

だから、平野さんにとって、時田翼は「妥当」なんです。

だって、職場の同僚で、独身で、少し年上で。

女子社員に雑用を押し付ける男性社員が多い中、「手が空いてるから」と会議資料の準備を手伝うような人。

だけど…時田翼には、どうやら付き合っている女性がいるようなのです。

シーア
シーア
どんな子なんだろう?

平野さんと亜衣は、時田翼の彼女を突き止めようと動きます。

平野さんの言う「妥当」な結婚は、辻村深月「傲慢と善良」を思い出させます。
arrogance-and-goodness
「傲慢と善良」辻村深月|真の自立とは何か? 結婚・婚活の価値観を問う30代の主人公たちの、結婚にまつわる自意識や自我、周囲との対立、自立を描いた作品。他人に点数をつけるなんて、はしたない…そう教えられてきたのに、いざ結婚適齢期になると、恋愛の駆け引きや、人を値踏みすることを覚えないといけない。人生って、綺麗事じゃない。生きる苦しみや辛さに寄り添うような、新たな代表作の誕生です。...

おれは外套を脱げない|時田鉄也の父、義孝

時田義孝は、妻の遠縁の飯盛春馬と、原田亜衣の結婚式に出席しています。

シーア
シーア
古い考え方の塊みたいなおじさんだよ。

とにかくイライラと不機嫌なのは、肺に影が見つかってタバコをやめろと言われたから(吸ってるけど)。

そして、次男の鉄也が、最近結婚を考えていると連れてきた、離婚歴のある女が生意気だから。

ライト
ライト
玲子のことだ…。

玲子の影響で、三歩下がってついてくるタイプだと思っていた妻が、「これからは言いたいことを言うことにした」と宣言したのも気に食わない。

あと、肘差の祝言の伝統である「くる節」を、「そういうの、なしで」と言われたことも納得いきません。

農協で定年まで勤めて、嫁をもらって子ども3人も作って、土地と家を守ってきたのに、俺の人生のいったい何がいけなかったのか…。

シーア
シーア
女だからとか関係なく、人の気持ちを考えることができたら、今こうなってはいないと思うけどね。

「外套」は、義孝おじさんの凝り固まった価値観で、今さら変われないという意思表示なのです。

君のために生まれてきたわけじゃない|時田翼と小柳レモン

時田翼は、父親が入院し、仕事と父の見舞いとで、生活の余裕をなくしていました。

父ひとり子ひとりだから、自分が全部背負い込むしかなくて、今さら母親には頼れなくて…。

シーア
シーア
なんだか無理をしていて、見ていて辛くなるよ…。

鉄腕や、平野さんなど、翼の周囲の人も同じ思いで、ご飯に連れ出したり、仕事を手伝ったりとあれこれ世話を焼きます。

誰にも頼っちゃいけない、自分でそれなりに卒なくやっていける、仕事だって生活だって…。

そんな風に気を張っていた翼ですが、知らず知らずの間に、いろんな人に助けられて、支えられていたのです。

誰も、誰かのために生まれてきたわけじゃない

翼は、父親の面倒を見るために生まれてきたわけじゃない。

だけど、それを自分で選んで生きてきました。これまでも、これからも。

シーア
シーア
心がほっとあたたかくなる、素敵なエンディングだよ。

男尊女卑の古臭い呪いを解いていく物語

女は男を立てて、三歩後ろを歩くべき。

飲み会の席でお酌をしない女は気が利かない。

年配者に口答えをするな。

そんな古臭い、呪いのような言葉たち。

シーア
シーア
未だにそんなこと言ってるおじさんたち、滅びればいいのに…!

30年くらい前は普通だったかもしれないけれど、時代は変わって世の中は良くなっているのです。

ライト
ライト
男だって女だって、自分がしたいようにしていいんだよ。

古い価値観をぶっ壊す、なんて強い意志があるわけじゃなく、ただひたすら自分が居心地良く過ごしたいという、切なる気持ちで動いているのです。

お菓子作りが好きな翼も、ガサツで力強い鉄腕も、自分らしさを貫けるように。

シーア
シーア
子どものときに思っていた以上に、大人っていろいろ悩んだり迷っているしね。 
ライト
ライト
大人だって、泣いてもいいんだよ。

「大人は泣かないと思っていた」寺地はるな|古い価値観を変えていく爽快な小説

シーア
シーア
「大人は泣かないと思っていた」は、いま生きにくいと感じている人におすすめ!

今の世の中は、いろんな価値観が入り乱れていて、正しさを見失うこともしばしば。

自分の意見や考え方を、強く押し通せる人ばかりではありません。

そんな世界で、やるせなさや生きづらさを抱える、20〜30代の方にこそ、読んでほしい作品です。

今すぐ世の中が変わる、魔法みたいな特効薬はないけれど、私たちが伝え続けることで、少しずつ自分らしくいられる社会になるといいですね。

ライト
ライト
黙って我慢していたら、いつまでも古い価値観のままだもんね!
¥1,760
(2020/07/05 23:36:15時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

「大人は泣かないと思っていた」著者の寺地はるなさんのコメント

Twitterで著者の寺地はるなさんにこの記事をご覧いただきました。

こうして、作者さんに感想記事を読んでいただけること、読書ブログ運営の醍醐味だなぁと感じます。

ファンレターにお返事を頂いたような気持ちで、とてもうれしい!

これまで作者さんに頂いた反応をこの記事にまとめています。
My-book-history
私の読書遍歴と、読書ブログをやる理由。おもしろい作品を応援したい!私の読書遍歴と、私が読書ブログをやっている理由を書いています。同世代の方には懐かしいはず!本が好きな子どもが、本が好きな大人になるまで。創作ができる人は、自分に向き合える強さを持っています。創作をする人を、応援する立場でいたい。著者の方に見てもらいたい記事を目指しています。自分のブログは、大好きな本であふれさせたい!...

関連記事

連作短編集というスタイルの小説が好きです。

各作品の関連を探すのもワクワクするし、ひとりの視点よりも、より多くのメッセージが伝わる気がするから。

「骨を彩る」は、胸に突き刺さる連作短編集です。
「骨を彩る」彩瀬まる|大切なものを失ったことのあるあなたに読んでほしい本埋められない穴を感じながら日常を過ごしている方に、おすすめしたい小説。そこはかとない孤独だったり、大切な骨が欠落しているかのような心許なさ、取り戻せない過去、もういない、かけがえのない人。5つの作品からなる連作短編集。1作目の冒頭から、世界観に引き込まれて、現実世界に戻ってこられないくらい、グッときます。...
「早朝始発の殺風景」は、『気まずい密室』という共通点のある短編集。
stomy-morning-first-train
「早朝始発の殺風景」青崎有吾|気まずさでできた密室で起こる、小さなミステリー始発電車で、あまり親しくない同級生とばったり出会う。地元の遊園地の観覧車で、後輩と二人きり。 卒業式を欠席した、孤高のクラスメイトに、卒業証書を渡しに行く…「早朝始発の殺風景」は、そんな気まずさをスパイスにした、青春時代の甘酸っぱい短編集です。ミステリーの中でも「日常の謎」が好きな方には、絶対ハマるはず!...
寺地はるな作品、他にもレビュー記事を書いています。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です