小説

「早朝始発の殺風景」青崎有吾|気まずさでできた密室で起こる、小さなミステリー

stomy-morning-first-train

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

始発電車で、あまり親しくない同級生とばったり出会う。

放課後のファミレスで、幼馴染と心がすれ違う。

地元の遊園地の観覧車で、後輩と二人きり。

離れて暮らす兄妹が、捨て猫を巡ってケンカ。

卒業式を欠席した、孤高のクラスメイトに、卒業証書を渡しに行く。

シーア
シーア
なんだか…どれもこれも、気まずい雰囲気…。

そんな気まずさをスパイスにした、青春時代の甘酸っぱい短編集をご紹介します。

「早朝始発の殺風景」青崎有吾

created by Rinker
¥1,566
(2019/06/27 01:01:27時点 Amazon調べ-詳細)

青崎有吾さんは、今私が最も注目している若手作家。

ミステリーの中でも「日常の謎」が好きな方には、絶対ハマるはず!

シーア
シーア
「早朝始発の殺風景」を解説します!

「早朝始発の殺風景」のあらすじ

青春は、気まずさでできた密室だ。

このワンフレーズが、「早朝始発の殺風景」を端的に物語っています。

5つの短編は、すべて場面転換なしのワンシチュエーション、リアルタイムなストーリー進行。

青春時代の気まずい密室は、いたるところにあるのです。

  1. 早朝始発の殺風景
  2. メロンソーダ・ファクトリー
  3. 夢の国には観覧車がない
  4. 捨て猫と兄妹喧嘩
  5. 三月四日、午後二時半の密室
シーア
シーア
どれもちょっとした謎があるんだよね。
ライト
ライト
ひとつひとつ紹介するね!

第1話|早朝始発の殺風景

加藤木くんは、早朝の始発電車で、あまり親しくないクラスメイトとばったり出会ってしまいます。

シーア
シーア
こんな時間には、知り合いは誰もいない、と思っていたのに…。

彼女は、どうしてこんな時間に学校に向かう電車に乗っているのか?

部活でもない、会いたい人がいるわけでもなさそう…。

ライト
ライト
まぁ、なんで始発に乗っているのか謎なのは、自分もだけどね。

学校の最寄り駅まで、探り合いの気まずい時間が始まります。

第2話|メロンソーダ・ファクトリー

真田と詩子とノギちゃんは、放課後のファミレスで、ドリンクバーを頼んでダラダラおしゃべりするのが日課。

くだらないことで笑ったり、愚痴ったり…。

シーア
シーア
なんか、青春って感じ!

ところが、クラT(=クラスTシャツの略)のデザイン案の話から、思いがけずギクシャクしてしまいます。

ライト
ライト
なんでこうなっちゃったんだろう…?

第3話|夢の国には観覧車がない

幕張ソレイユランドは、某ネズミの夢の国とは違って、良くも悪くも「それなり」の遊園地。

部活の引退記念で訪れた寺脇は、ひそかに想いを寄せる葛城と一緒に回りたいと思っていましたが…

なぜか、後輩の伊鳥くんと観覧車に乗る羽目に。

伊鳥の行動に違和感を持って、彼の意図を考え始めます。

シーア
シーア
ところで、登場人物、みんな男の子だよね? ちょっと葛城の性別がわかんなかった!
ライト
ライト
ジェンダーフリーなんじゃない?

第4話|捨て猫と兄妹喧嘩

親が離婚して離れ離れに暮らす、兄と妹。

公園のレストハウスで、ふたりが向かい合う…その間には、ダンボールに入れられた捨て猫。

猫アレルギーの妹が、アニキに飼ってほしいとお願いするけれど、険悪なムードに…。

シーア
シーア
なんで?そんなにネコ嫌い?
ライト
ライト
事情があるのかな…?

第5話|三月四日、午後二時半の密室

クラス委員の草間さんは、高校の卒業式を欠席した煤木戸さんの家に、卒業証書を届けに行きます。

煤木戸さんは、孤高の存在で、女子同士の馴れ合いに交わらないタイプの、とっつきにくいクラスメイト。

シーア
シーア
ど、どうしよう…気まずいよね…。

ですが、煤木戸さんの態度はどことなく違和感があるのです。

ライト
ライト
何か隠してる…?

高校生たちの生活と小さな謎の、バランスがいい小説

日常のワンシーンを切り取ったような、気まずい密室で交わされるやりとり。

明るい、笑えるような話ではなくて、どこかぎこちない…。

シーア
シーア
それなのに、不思議と読後感はすっきり。

不器用な会話を通じて、小さな謎が、ひとつひとつ浮かび上がったり、ほぐれたり。

そのバランスがとても良いのです。

5つのストーリーのその後を結びつける、エピローグがとてもよかったです。

ライト
ライト
あのあと、こうなったんだな〜って感じだね!

最後は、ふっと力が抜けるような感覚。

読み終わったあとも、彼らの日常が、この私鉄沿線で続いている気がします。

青崎有吾は、今注目の若手作家|鮎川哲也賞受賞

青崎有吾さんは、2012年に「体育館の殺人」で鮎川哲也賞を受賞して小説家デビューされた、1991年生まれの若い作家さんです。

ライト
ライト
平成生まれで鮎川哲也賞を受賞したのは初だったんだって!

本格ミステリーから、ちょっとした日常の謎まで、幅広く手がけられています。

これから、きっとさらに注目を集めるはず。

シーア
シーア
私はひそかに目をつけています!
created by Rinker
¥1,566
(2019/06/27 01:01:27時点 Amazon調べ-詳細)

Twitterで著者ご本人にこの記事をご覧いただきました!

関連記事

ミステリーでいちばんゾクゾクするのは伏線が回収されていくところ。

七河迦南さんの小説は、その快感を余すところなく味わえます!

絶対もう一度最初から読みたくなる「七河迦南」の作品3選|ラストの伏線回収とドンデン返し!こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 七河迦南(ななかわかなん)という作家さんを知っていますか? ミステリー小説...

本が好きすぎて、「なんでこんなに好きなんだろう?」って考えた結果、10個の理由が見つかりました。

reason-why-love-books
私が本が好きな10の理由。いつでもどこでも、本の世界に没頭できる魔法の扉こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 2018年3月から運営してきた当ブログは、シーアブックスとしてリスタート...
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、ジップロックに入れたiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

>>Kindleでセール本をチェック

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です