小説

「傲慢と善良」辻村深月|真の自立とは何か? 結婚・婚活の価値観を問う、作家生活15周年記念小説

arrogance-and-goodness

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

辻村深月さんの、作家生活15周年を記念した新作は、「結婚」の価値観を問いかける作品。

30代の主人公たちの、結婚にまつわる自意識や自我、周囲との対立を描いています。

本当の意味で自立するとはどういうことか…考えさせられます。

「傲慢と善良」辻村深月

created by Rinker
¥1,760
(2019/10/18 16:54:28時点 Amazon調べ-詳細)

嘘は良くない。人を疑ってはいけない。

他人に点数をつけるなんて、はしたない。

そう教えられてきたのに、いざ結婚適齢期になると、恋愛の駆け引きや、人を値踏みすることを覚えないといけない。

シーア
シーア
どうして…正しくないのに、こんなに心揺さぶられるんだろう?

人生って、綺麗事じゃない。

生きる苦しみや辛さに寄り添うような、新たな代表作の誕生です。

ライト
ライト
「傲慢と善良」を解説するよ!

「傲慢と善良」のあらすじ

主人公たち
  • 西澤架(にしざわかける)
  • 坂庭真実(さかにわまみ)

ふたりは、恋人同士。

真実は、ストーカーにつけられていました。

ある日、真実が家に帰ると、部屋の明かりがついていて…「ストーカーが家にいる」と、泣きながら架に電話してきました。

シーア
シーア
大変じゃない!?

友達と飲み会をしていた架は、慌てて自宅に戻り、真実を自分の家に呼び寄せます。

この事件をきっかけに、同棲するようになったふたりは、結婚しようと決めたのです。

しかし、その後、真実は唐突に姿を消してしまいました

シーア
シーア
どうして…ストーカーにさらわれてしまったの?

架がプレゼントした婚約指輪は、真実の部屋に残されたまま。

真実はどこに行ってしまったのか…果たして無事なのか?

架は、真実を探します。手がかりを求めて真実の故郷・群馬へ…。

ライト
ライト
ちゃんと見つかるといいけど…。

婚活の苦悩|結婚がすべてじゃないと分かっていても…選ばれない屈辱

結婚をめぐる考え方、意識のあり方が、本作の大きなテーマ。

架と真実は、婚活アプリで出会いました。

シーア
シーア
だけど、お互いに、運命の出会い! ってほど確信を持てなくて…。

現代は、結婚しなくても生きていける社会。

ひとりでも楽しめることがたくさんあります。

だけど、誰かと一緒に生きたい、自分も誰かに選ばれたい…

ライト
ライト
かといって、誰でもいいってわけでもないもんね。

学生時代の友人や、職場恋愛など、自然な出会いに憧れる一方で、年齢や周囲の圧力など、刻々と迫るタイムリミット。

そこで、最近流行りの婚活アプリや、昔ながらの結婚相談所にも、出会いを求めます。

イチから自分を知ってもらうステップ、積み上げていく関係性、テンプレ的なやり取り…。

お互いの条件から始まる関係だから、「ピンとこない」なんてことももちろんあります。

シーア
シーア
なんか、疲れる…。

架も、真実も、「結婚」にとらわれて、本当のことがわからなくなってしまったのかもしれません。

親の干渉|子どもの自立を妨げる、親のストーリーに「NO」を突きつけよう

真実の母親は、真実が自分のことを何一つ決められない子だと、いつまでたっても子供扱いしています。

シーア
シーア
真実はもう30代なのに…いつまで子どものつもりでいるの?

希実(真実の姉)に言わせると、「自分のストーリーが強い」タイプ。

真実が、地元のお嫁さん候補としてふさわしい女子高・女子大に進学したこと。

父親のコネで、県庁の臨時職員(非正規)に就いたこと。

どちらも、母親の自慢で、「真実は人が良くて、いい子だから」と手放したくないストーリーなのです。

母親は、いい相手と結婚させるために、真実に黙って、結婚相談所に登録して、お見合いの話を進めてしまう。

シーア
シーア
えっ…真実本人の意志は? どうなってんの?

真実は、そんな母親から逃げ出したかったから、東京で一人暮らしすることにしたんです。

結婚しなきゃ一人前じゃない…本当にそうでしょうか

親に決められた相手とお見合いしても、親のレールに乗っていることに変わりありませんよね。

ライト
ライト
本当の自立ってなんだろうね…?

この物語は、真実の本当の自立を目指すストーリーでもあるのです。

「傲慢と善良」は、J・オースティン「高慢と偏見」のオマージュ

「傲慢と善良」というタイトルは、なんだか固そうというか、少しとっつきにくい印象。

いつもの辻村深月作品とは、ちょっとタイプが違います。

この作品は、イギリスの作家ジェーン・オースティンの代表作「高慢と偏見」を思わせるタイトルをつけたそうです。

created by Rinker
¥1,210
(2019/10/18 17:37:22時点 Amazon調べ-詳細)

シーア
シーア
なんと、1813年の作品なんだって!

「高慢と偏見」は、18世紀末〜の女性の結婚観や、誤解と偏見で生まれる男女の行き違いをテーマにしています。

当時、女性が自立できる職業はほとんどなく、家柄や相手の男性に依存した生き方を強いられていました。

結婚できなければ、一生独身…その事実が持つ意味は、現代よりずっと深刻なのです。

ライト
ライト
辻村深月さんの「傲慢と善良」は、現代版の結婚観を描いています!

昔よりも今の方が、結婚観や女性の立場が良くなっているのは間違いありません。

だけど、選択の自由があるからこそ、現代には現代の苦悩があります。

  • 傲慢…誰しも「自分が選ぶ立場だ」という意識がある。相手に選ばれる立場でもあるのに。
  • 善良…ちょっとした嘘も、恋の駆け引きのうち。正直すぎてもバカを見る。

結婚はゴールじゃないけど、結婚にたどり着くまでに、自分が選抜されてきたことは確か。

シーア
シーア
読んでいくうちに、身に覚えがある感情が出てきて、なんだか胸が苦しくなるよ…。

「傲慢と善良」は、現代の結婚観を見つめ直す作品

シーア
シーア
架と真実は、これからどうなるんだろう?

ふたりの始まりが、婚活アプリだったとしても、人間関係はいつも生身で発展するもの。

出会い方が変化しても、実は人間はなにも変わっていないのかもしれません。

100%の正解なんて、どこにもない。

だから、悩むし、疑うし、騙すし、悔しいし、泣いたり笑ったりするのです。

ライト
ライト
みんなの感想を聞いてみたいな。

独身、既婚、恋人がいる人、いない人…婚活に縁がある方も、ない方も、それぞれの価値観で読める作品です。

あなたは、どんな感想を抱くでしょうか?

created by Rinker
¥1,760
(2019/10/18 16:54:28時点 Amazon調べ-詳細)

辻村深月の他の作品をご紹介

辻村深月さんの作品は、どれも人の心の機微をとても繊細に描いています。

「かがみの孤城」は、本屋大賞受賞作品で、不登校の中学生が主人公。

いじめにあって、学校に行けなくなるこころの感情が、痛いくらい突き刺さります。

「かがみの孤城」辻村深月| 不登校の中学生たちの絆と闘い【本屋大賞受賞作】こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 辻村深月さんがついに本屋大賞を受賞されました。 「かがみの孤城」は、中学生...

「島はぼくらと」は、離島に暮らし、いずれ島を出て行く運命にある高校生4人の青春物語。

地元民と移民の確執、医師不足や過疎化など、離島ならではの問題提起も見どころ。

シーア
シーア
実は、「傲慢と善良」には、「島はぼくらと」に登場した”ある人物”が出てくるんです!
「島はぼくらと」辻村深月|ふるさとを離れた方にオススメ。離島に暮らす高校生4人の青春小説こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 瀬戸内海の小さな島を舞台にした、青春の一瞬のきらめきを感じる小説をご紹介します。...
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、ジップロックに入れたiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

>>Kindleでセール本をチェック

 

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です