絵本・児童書

「もりのおくのおちゃかいへ」モノクロの世界で、動物たちの優しいカフェタイム

tea-party-in-the-woods

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

モノクロで描かれた雪の世界で、優しい動物たちがお茶会を開いている…

そんなファンタジックでどこか懐かしい絵本をご紹介します。

created by Rinker
¥1,320
(2019/12/08 11:42:04時点 Amazon調べ-詳細)

ほとんどが、シンプルな黒と白で表現されている作品。

主人公のキッコちゃんの赤い帽子とスカート、黄色い髪など、ほんの少しのアクセントだけ色で彩られているんです。

子どもの頃の感情を思い出して、キッコちゃんの気持ちに同化してしまうシーンもあり、スルッと絵本の世界に入ってしまいます。

ライト
ライト
「もりのおくのおちゃかいへ」を解説するよ!

「もりのおくのおちゃかいへ」の絵本データ

  • 作・絵 みやこしあきこ
  • 出版社 偕成社
  • 出版年 2010年11月
  • ページ数 32ページ
  • サイズ 25.4cm×21.2cm
  • 楽しめる年齢の目安 4歳から

みやこしあきこさんは、1982年生まれの若い作家さん。

どことなく日本っぽくない、海外絵本のような風景は、木炭で描かれています。

ワークショップで公開された、制作過程の動画を、Youtubeで見ることができますよ。

ライト
ライト
絵ができあがるまでを見られるのって、ワクワクするね!

受賞歴
  • 日本図書館協会選定図書(2011)
  • 日本絵本賞・大賞(2012)

他にも、イラストだけを担当された絵本も含め、現在13作品刊行されています。

「もりのおくのおちゃかいへ」のあらすじ・内容

もりのおくのおちゃかいへ出典:「もりのおくのおちゃかいへ」作:みやこしあきこ 偕成社

雪がやんだ冬の朝、キッコちゃんのお父さんは、おばあちゃんの家に雪かきに行きました。

ところが、お父さんは持っていくはずだったケーキを家に忘れていっています。

「いまなら おいつけるよ。わたし、とどけにいく!」

森の向こうのおばあちゃんの家に向かって出発すると、遠くにお父さんらしき人影が見えます。

ですが、駆け出した途端、キッコちゃんは転んでしまいます。

シーア
シーア
あ〜、ケーキがつぶれちゃった…。

お父さんを見失わないように、慌てて立ち上がって後を追いますが、お父さんは見知らぬ家に入っていきます…。

なんと、お父さんだと思っていたのは、実はくまだったのです!

キッコちゃんは驚きますが、ひつじの子に「あなたもお茶会に来たの?」と、招き入れられます。

家の中には、動物たちがいっぱい!

ライト
ライト
家に入った瞬間、たくさんの視線を浴びるのは、ちょっとドキドキ怖い気持ちだね…!

みんな、新しいお客さんのキッコちゃんに優しくしてくれて、いろいろと話しかけてくれます。

つぶれてしまったケーキのことを話すと、「ケーキなら、ここにいっぱいあるよ!」と、木の実のぎっしり詰まった、動物たちの特製ケーキを分けてくれました。

シーア
シーア
ねずみさんの小さいアップルパイ、栗の乗ったケーキ、ベリーのタルト…どれもおいしそう!

動物たちは陽気に楽器を奏でながら、みんなでキッコちゃんのおばあちゃんちを目指して歩きます。

ライト
ライト
エンディングも、しみじみとしていい感じだよね。

「もりのおくのおちゃかいへ」の3つの魅力を解説

「もりのおくのおちゃかいへ」の素敵なポイントを3つピックアップします。

  1. 絵がキレイ! 木炭で描かれたモノクロの世界に、アクセントカラー
  2. 登場人物や動物たちが優しい! 雪の季節なのにあたたかい絵本
  3. 子ども心を思い出す!どことなく懐かしい、身に覚えのある感情
ライト
ライト
ひとつひとつ解説していくよ!

絵がキレイ! 木炭で描かれたモノクロの世界に、アクセントカラー

シーア
シーア
とにかく、絵が好きすぎて、言葉をなくしちゃう…!

みやこしあきこさんは、絵のメインの部分は木炭で描かれています。

色は黒しかないので、なんとなく闇の部分に誰かがいるような気配が漂っていて、一見怖いと感じるかもしれません。

ですが、お話を読んでみると、キッコちゃんを見守る動物たちは、優しさとあたたかさを持っていることがわかります。

白と黒の中に、一部分だけ鮮やかな赤や黄色がトッピングされているのがハイセンス。

ライト
ライト
色が少ないから、とても目立つね!

特に、ケーキが登場する場面がいちばんのお気に入り。

子どもたちも、わぁっと声を上げるくらいテンションの高まるシーンです。

登場人物や動物たちが優しい! 雪の季節なのにあたたかい絵本

シーア
シーア
絵本全体に、なんとも言えないあたたかさがつまっているんです!

キッコちゃんのお父さんは、おばあちゃんを気遣って雪かきをしに行きます。

それに、お母さんは、「ひとりで行ける!」というキッコちゃんに、おおらかにおつかいを頼みます。

家で待っていたおばあちゃんも、キッコちゃんがひとりで来たことにびっくりしたけれど、あたたかく迎えてくれます。

ライト
ライト
全員の優しさが連鎖しているね!

そして、見ず知らずのキッコちゃんをお茶会に参加させてくれて、リラックスさせようと話しかけてくれる、アットホームな動物たち。

人間だから、動物だから…といった垣根がなく、フラットに付き合ってくれる居心地の良さ。

シーア
シーア
きっと、小さい頃の私も、こんな世界を夢見ていたんだ…。

雪が積もる、寒い冬のお話だけど、心はちっとも寒くない。

なんだか、幼い自分に見せてあげたくなるような、特別な気持ちが沸き上がってくるのです。

子ども心を思い出す!どことなく懐かしい、身に覚えのある感情

キッコちゃんが抱いた感情は、どれも子どもの頃に感じたことのある気持ち。

例えば、忘れ物を届けたくて「ひとりでできる!」と張り切ったこと。

大事なものだとわかっていたのに、落として壊してしまって「どうしよう…」と泣きそうになったこと。

親だと思ってついていったら、振り返ったらまったく違う人で、怖かったこと。

知らない人たちに一気に注目されて、緊張してドキドキしたこと。

シーア
シーア
全部わかりすぎて、キッコちゃんを抱きしめたくなるよ。

キッコちゃんは、夢と現実の世界がリアルに共存していた、少女時代の私のような気がしています。

ライト
ライト
行ったこともないはずなのに、知ってる場所のような気がするよね。

「もりのおくのおちゃかいへ」みやこしあきこ|モノクロの世界に咲いた、あたたかい優しさ

「もりのおくのおちゃかいへ」は、子どもの頃の気持ちを、生身の心で思い出せる絵本です。

シーア
シーア
夢見がちだった女の子には、きっと胸に響くはず!

白黒の中に、ぽっと灯る色彩が、世界の優しさを表しているようで、とても癒されます。

読み終わる頃には、キッコちゃんと一緒に、大冒険をしたようなスッキリした気分になれますよ。

ライト
ライト
キッコちゃんみたいに、どこにでもすんなり入っていける子、いいよね。
created by Rinker
¥1,320
(2019/12/08 11:42:04時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

「お茶会」とか「カフェ」って、心惹かれる響きですよね。

私は、大好きな本とコーヒーが同時に楽しめるブックカフェが大好き!

おすすめのブックカフェをご紹介しています!
osaka-bookcafe
大阪でおすすめのブックカフェ・絵本カフェ7選【本好き必見】【実際に行ったお店のみ】こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 大阪には、素敵なブックカフェがたくさんあります。 オシャレで居心地のいい空...
お茶つながり、「おちゃのじかんにきたとら」を読んだブックカフェはこちら。
bookcafe-tables-cook-jonathans-bookstore
ブックカフェ「tables cook&jonathan’s bookstore」は本好きにおすすめ【大阪・京橋】こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 京橋は、飲み屋街で有名ですが、実はおしゃれなカフェも豊富なエリア。 京阪モ...
絵本の口コミ情報なら【絵本ナビ】
シーア
シーア
「絵本ナビ」では、みんなの絵本の感想が読めますよ!

絵本を買う前に、みんなの感想が知りたい方や、気になる絵本の口コミが見たい方は、「絵本ナビ」がおすすめ。

絵本だけでなく、「はらぺこあおむし」「ねないこだれだ」「バムとケロ」などの人気絵本のグッズもたくさんありますよ。

年齢別・シチュエーション別の検索機能も充実していて、お気に入りの絵本にきっと出会えますよ。

>>絵本ナビで人気の絵本情報をチェック

 

ライト
ライト
親子で読み聞かせを楽しもう!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です