絵本・児童書

「からすのパンやさんのパンをつくろう!」~絵本に出てくるパンが自分で作れる~

からすのパンやさんのパンをつくろう

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

からすのパンやさんのパンをつくろう

絵本には、おいしい食べ物がたくさん出てきます。小さい頃、絵本に出てくるおやつやパンを、うっとりと眺めていたことを覚えています。

絵本に登場するパンにまつわるレシピ本をご紹介します。

誰もが知っている絵本「からすのパンやさん」に出てくるパンが、自分で作れる! なんてワクワクするレシピ本なんでしょう。

なんと、80種類以上ものパンの作り方が載っています。

パン生地はひとつ。成型方法がいろいろ!

レシピといっても、生地はひとつです。白神こだま酵母を使ったパン生地が紹介されています。

同じ生地を使って、様々な形を作り出すのが、この本の見せどころ。成型の仕方が詳しく載っています。

丁寧な解説があるので、見ていると、自分にも作れそうに思えてくるのがうれしいです。これは、作るしかないでしょう!

長男とパンを作った思い出

私がこの本を見つけたのは、長男が未就学の頃でした。もちろん夢中になって、すぐに作りました!

全種類作るのは無理なのと、そこそこ面倒くさそうなものもあるので、長男に絵本を見せて、「どれか作って欲しいの選んで」と言いました。

「そのままじゃいっぱい選ぶかも?」と思い、あとから「2個までやで!」って付け加えました(笑)

リクエストは、恐竜のパンと、ボールのパン。簡単そうなのでよかった(笑)本を見て格闘しながら、なんとかできたのがこちら。

パン

恐竜の目はレーズン、ボールの模様は海苔です。海苔をちゃんと5角形に切ったら、もっとサッカーボールらしく見えたのかもしれないけど、ズボラなので適当に…。

恐竜、なかなかかわいいでしょ? 1個あたりに使う生地の量が、ものによって違います。レシピにあったとおり、ボールは70gの生地、恐竜は130gの生地を使いました。

形が面白いから、いつもよりたくさん食べられる!

強力粉300gで生地を作り、成型して焼き上がったのが、恐竜3匹とボール2個。めっちゃ大きかったです。

私、朝ごはんに小さめの恐竜さんを1匹いただいたんですが、お腹いっぱいいっぱいになりました。

子ども1人では食べきれないかな?と思ったけれど、長男は、大きく焼きあがった恐竜さんをペロリ!

形が面白いから、いつも以上に食べられちゃう、これぞ形のマジック。作った甲斐がありますね。

白神こだま酵母は、独特の風味

この本で採用されてた酵母は、白神こだま酵母だったので、初めて買って使ってみました。なんか独特の香りです。

子どもたちは、形の目新しさもあって、おいしい~と食べてくれたけど、私的には、普通のドライイーストのパンの方が、おいしいなぁと思っちゃいました。

でも、成型が複雑なパンは、成型するのに時間がかかって、その間に発酵が進んでしまいます。天然酵母の方が発酵力が抑えめだから、適しているのだと思います。

酵母を変えてみてもいいかもしれません。うまく成型できなくなるかもしれないけど、そちらも方が食べやすくなりそうです。

スーパーに売っている材料で作れるほうが、気軽ですしね。

おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です