絵本・児童書

「としょかんライオン」ルールよりも大切なことがある。図書館に来たのは、なんとライオン!

としょかんライオン

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

本が好き、動物が好き、ファンタジーが好きな方に、ぜひ読んでいただきたい絵本をご紹介します!

図書館にやってきた、礼儀正しいライオンのお話です。

created by Rinker
¥1,480
(2018/10/18 18:50:57時点 Amazon調べ-詳細)

シーア
シーア
図書館にライオンなんて…アリなの!?
ライト
ライト
どんなお話か気になるね〜!

「としょかんライオン」の絵本データ

  • 作 ミシェル・ヌードセン
  • 絵 ケビン・ホークス
  • 訳 福本友美子
  • 出版社 岩崎書店
  • 出版年 2007年4月
  • ページ数 41ページ
  • サイズ 30cm×26cm
  • 楽しめる年齢の目安 5歳から

図書館というところは、決まりを守りさえすれば誰でも入れるところです。

たとえ、それがライオンでも…?

シーア
シーア
そんなことって、あるのでしょうか!?

いつも静かな図書館に、大きなライオンがやってきて、みんなはびっくりします。

でも、ライオンはとってもお行儀がよくて、みんなと仲良くなるんです!

ライト
ライト
そんな図書館、本当にあったらいいなぁ〜。

図書館にやってきたのは、なんとライオン!

図書館にやってきたのは、なんとライオン。

最初はみんなびっくりしますが、ライオンは礼儀正しく賢くて、館長のメリウェザーさんのお手伝いをしてくれます。

あっという間に、図書館になくてはならない存在になります。

しかしそんなある日、メリウェザーさんが怪我をします。

それに気づいたライオンは、図書館員のマクビーさんに助けを求めましたが、相手にしてくれません。

ライオンは、メリウェザーさんのことを知らせたい一心で、思わず大きな吠え声をあげます。

メリウェザーさんは、おかげで手当を受けられましたが、「静かにしなくてはならない」という、決まりを破ってしまったライオン。

ライオンはひっそりと図書館を去ります。

シーア
シーア
さて、どうなるのでしょうか…?

ルールよりも大切なことがある

図書館には、「静かに!」「走らない!」など、決まりがいろいろあります。

しかし、逆にいうと、お行儀よくして決まりを守っていれば、誰もが受け入れられる場所なんです。

それがたとえライオンでもね。

でも、決まりを守ることより、もっと大事なことがあります。

シーア
シーア
それが、この絵本には描かれていますね!

もし、「静かにしないといけない」というルールを守ることにこだわっていたら、きっとメリウェザーさんは、誰かに見つけてもらうまで手当を受けられませんでした。

人が怪我をするなんて緊急事態ですから、臨機応変に対応する必要があります。

そんなこと、ライオンじゃなくたって、きっと子どもたちでも分かりますよね。

でも、「決まりは決まりですから!」というような、頭が固くなった大人って…現実社会でもいませんか? なかなか示唆に富んだお話です。

そんなことはさておいても、純粋に妄想がふくらみます。

ライト
ライト
うちの近所の図書館にも、ライオンがいてくれたらいいのにな~…。

もしライオンがいたら、ソファ代わりにモフモフして、たてがみに顔をうずめたい!

created by Rinker
¥1,480
(2018/10/18 18:50:57時点 Amazon調べ-詳細)

あ、もうひとつ豆知識を。

カバーをはずして、表紙の裏の絵から読んでみることをオススメします。

実は、裏表紙のところまで物語が続いているんですよ!

ライト
ライト
絵本の世界を味わい尽くせるんだね!

おすすめ記事

絵本のおすすめ記事をいくつか書いています。こちらもどうぞ。

あわせて読みたい
ぼくとクッキー_さよならまたね
「ぼくとクッキー さよならまたね」~遠くに行ってしまう友達に、プレゼントしたい絵本。こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 春は、出会いと別れの季節です。 仕事の転勤や、家族の都合で、新しい環境にな...
あわせて読みたい
swimmy
「スイミー」レオ・レオニ〜個性を知って、自分を活かす。教科書通りじゃない、奥が深い絵本。こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 教科書にも載っている、レオ・レオニの世界的名作絵本をご紹介します。 ...
おもしろい本・好きなものだけ紹介するブログ
シーア
シーア
たくさんの本を読んできた経験から、本当におもしろい本だけをご紹介します!

小説、歴史、写真集、自己啓発、ハウツー本など、様々な種類の本を読んでいます。特に絵本は、好きが高じて「絵本講師」という資格を取りました。

そんな中から、特におすすめの本を厳選してご紹介します。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です