小説

小野寺史宜のおすすめ作品4選|あらすじ・感想レビュー

onoderafuminori-matome

小野寺史宜さんの小説は、「人」にフォーカスした視点が特徴。

家族やご近所さん、友達…いろんな人が関わって、「ひとりじゃない」と感じさせてくれるんです。

派手な事件は起きないけれど、しみじみと「読んでよかったな」と思える作品ばかり

シーア

主人公は、善良な男の子が多くて、つい感情移入しちゃう!

ひと」が2019年本屋大賞2位に輝き、今後にも期待が高まる、注目の作家さんです。

この記事では、そんな小野寺史宜さんの作品を、あらすじや感想を交えて、個人的おすすめランキング形式でご紹介します。

ライト

きっと、1冊読み終わる頃には、他の作品も読んでみたくなっているはず!

小野寺史宜さんのプロフィール・作品の特徴

小野寺史宜さんは、1968年生まれ、千葉県出身の作家さん。

2006年に短編「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞、2008年に「ROCKER」でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞され、デビューしました。

私は、そのあと人気を博した「みつばの郵便屋さん」シリーズから小野寺史宜さんを知りました。

シーア

当時よく読んでいたポプラ社の会報誌に、小野寺史宜さんの短編が載っていたよ。

デビュー当初は、ライトノベル風の軽いタッチの作品が多かった印象ですが、最近は、ひとりの青年を描いた物語が中心。

若い方から、年齢層高めの方まで、幅広く受け入れられやすい作風です。

ひと」で2019年本屋大賞2位に輝き、一躍注目を集めています。

2019年本屋大賞ノミネート作品をまとめてご紹介しています。
hontai-2019
【2019年本屋大賞】全部おすすめ!大賞受賞作&ノミネート作品の感想・レビューまとめ本屋大賞は、書店員さんが売場からベストセラーを生み出そうという意図で設立されたもの。どれも面白くてハズレなしの名作ばかり!2019年の本屋大賞の大賞受賞作&ノミネート作品と、レビュー記事をまとめました。1位「そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ」2位「ひと/小野寺史宜」3位「ベルリンは晴れているか/深緑野分」など...

小野寺史宜さんの作品の特徴1|「名前」を大事にしている

小野寺史宜さんの小説を読んでいると、名前を特に大切にしているのがわかります。

「初めまして。ノムラといいます。ノムラアンナです」
野村杏奈さん、だそうだ。

「ひと」小野寺史宜(祥伝社)より引用

「(前略)おれはナカジョウね。篠から竹かんむりをとった條じゃなく、条例とかの条で、中条」
「僕は井川です。井戸の井に川で、井川」

「ライフ」小野寺史宜(ポプラ社)より引用

このように、フルネームで、漢字まで聞いて、関係性を築いていくんです。

みつばの郵便屋さん」では、郵便物を届けるために必要なのかなと捉えていたけれど、それだけではありません。

名前には、小野寺史宜さんのポリシーがあります。

通りすがりの人や、ただのご近所さんでも、名前をきちんと聞くことで、「ひとりの人間」として存在を意識します。

ライト

中条さんにも、後半で下の名前を聞くことになるシーンがあるよ。

小野寺史宜さんは、作品を書く前に、登場人物たちの名前を徹底的に考えるそうです。

どういう登場の仕方をするか、主人公とどう絡むかは、名前さえ決まっていれば、あとから自然と動き出すんだといいます。

シーア

そういう物語の書き方もあるんだね…!

「ライフ」刊行時の小野寺史宜さんのインタビューで、登場人物の名前について語られています。
祝・本屋大賞2位! 小野寺史宜の最新作は「一生ワンルーム」と決めた男が、アパートの騒音親子に出会う物語|ダ・ヴィンチニュース

小野寺史宜さんの作品の特徴2|同じ登場人物が複数の作品に出てくる

小野寺史宜さんの作品では、ひとりの登場人物が、いくつかの作品にまたがって出演しています。

作品が違っても世界は同じで、クロスオーバーしているんです。

シーア

ファンにはうれしい発見だよね!

たとえば、作品中に出てくるアパート・筧ハイツ。

A棟には「ライフ」の主人公・井川幹太が、B棟には「まち」の主人公・江藤瞬一が住んでいます。

瞬一は、幹太に引越バイトを勧められたり、図書館でタダで本が借りられることを教えてもらいます。

ふたりとも、喫茶『羽鳥』に通っていたり、近所の高校生・郡くんと知り合っていたり、共通点があるんです。

ライト

郡くんが主人公のストーリーがいつかあるんじゃないか…?とか、予想するのも楽しいよね。

ひと」で柏木聖輔が勤めている、おかずの田野倉は「まち」にも登場します。

こうして、小野寺史宜ワールドに暮らしている人たちの人生に触れることができるのも、楽しみ方のひとつなんです。

小野寺史宜の小説|個人的おすすめランキング4選

私が読んできた、小野寺史宜さんの小説の、個人的おすすめランキングをご紹介します。

シーア

読む人によって響くポイントは違うかもしれないけど、参考にしてね!

小野寺史宜おすすめランキング
  1. ひと
  2. まち
  3. ライフ
  4. みつばの郵便屋さんシリーズ
ライト

ひとつひとつ紹介していくよ!

「ひと」小野寺史宜【2019年本屋大賞2位】

¥1,500 (2020/10/23 17:01:57時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

主人公の柏木聖輔は、幼いころに父親を亡くしています。

鳥取から上京し、東京の大学に進学しましたが、二十歳の秋、女手ひとつで育ててくれた母親も急死してしまいます。

シーア

こんなに不幸なのに、人を恨んだりしない、真面目な好青年なんだよ…!

自分の主張が強くなく、常に何かを手放してきた聖輔。

前から人が歩いてきたら、道を譲ってあげるし、大事にしていたベースも、バイト先のパートさんの息子にあげてしまう。

だけど…そんな聖輔が、最後に自分の気持ちを言葉にします。

ライト

この一言のために、最後まで読んでよかったって思えるよ。

ひとりだけど、ひとりじゃなかった。

肉親はいなくても、赤の他人だって、聖輔を助けて親身になってくれる…。

心のつながりが大事なんだと思わせてくれる作品です。

シーア

読後感が最高に良くて、聖輔よかったね〜!ってテンション上がるよ。

2019年本屋大賞2位の作品ですが、個人的には大賞を取ってほしかった!

ひと|小野寺史宜
「ひと」小野寺史宜|ひとりになって感じる、人間のあたたかさ。【本屋大賞2位】ひとりだけど、ひとりじゃなかった。 人のあたたかさを再確認できる、そんな小説をご紹介します。主人公の柏木聖輔は、決して恵まれた境遇ではないのに、誰のことも恨まないし、真面目で、フラットで、誠実な青年。この作品は、最後の一行にすべてが詰まっています。「この一言のために、私はこの本をたどってきたんだ」と心から感動しますよ。...

「まち」小野寺史宜

祥伝社
¥1,650 (2020/10/24 03:47:39時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

「瞬一は東京に出ろ。東京に出て、よその世界を知れ。知って、人と交われ」

江藤瞬一は、歩荷(ぼっか)をしていたじいちゃんの言葉に背中を押されて、高校卒業と同時に群馬から上京しました。

瞬一が小学三年生のとき、両親は火事で亡くなりました

両親の死は、自分のせいではないか…という思いがずっと消えません。

ライト

瞬一は家にいなかったけど、いるかもしれないと思った両親が、火事の最中に探しに入ったみたいだから…。

もし、あのとき…という考えが頭から離れないまま、大人になった今も、火が怖い気持ちが残っています。

ですが、瞬一はそんな過去にとらわれてクヨクヨするタイプではありません。

両親のことを忘れたわけではないけれど、じいちゃんや周りの人に感謝しながら、前向きに生きています。

じいちゃんの言葉通り、人と関わり町で暮らす、瞬一のまっすぐでひたむきな成長ストーリーです。

machi-onoderafuminori
「まち」小野寺史宜|人とつながりながら強く優しく生きる。等身大の成長ストーリー群馬の田舎で暮らすじいちゃんの言葉に背中を押されて、高校卒業と同時に上京した青年の、まっすぐでひたむきな成長ストーリー。小野寺史宜さんの描く人物は、ありのまま等身大の姿を見せてくれます。両親を亡くした痛みを抱えているけれど、それだけにとらわれていないところもリアル。2019年本屋大賞第2位の「ひと」と対をなす、新たな青春小説です。...

「ライフ」小野寺史宜

ポプラ社
¥1,637 (2020/10/24 14:35:50時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

主人公は、井川幹太は、大学を卒業して就職した製パン会社を辞め、転職先の家電量販店も辞め、今はフリーター。

コンビニバイトと、単発の結婚式の代理出席のバイトでなんとかやりすごしています。

「自分には何もない」と思っていた幹太ですが、このままずっとバイトのままではいられない…。

そんなとき、高校時代の同級生と再会したり、がさつで騒音がひどい上の階の住人と親しくなったりして、新しい人間関係を築きます。

ライト

幹太はどんな道を選ぶのかな?

やりたい仕事じゃなくても、フリーターでも、ひとりで生きていけるけれど、周囲の人と関わることで、自分を深く知ることができる…そんな当たり前のことに気づかせてくれます。

life-onodera
「ライフ」小野寺史宜|自分には何もない、を切り開く小説【あらすじ・感想】「ひと」で2019年本屋大賞2位に輝いた注目の作家、小野寺史宜さんの最新作。自分には何もない、と感じたことがある方におすすめの小説です。「自分の人生って、こんなもんなんだ」と諦めたようでいて、「ずっとこのままでいいのか」と焦る気持ちもあって。ひとりでも生きていけるけれど、周囲の人と関わることで、自分を深く知ることができます。...

「みつばの郵便屋さん」シリーズ|小野寺史宜

ポプラ社
¥660 (2020/10/23 20:26:15時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

平本秋宏は、「みつば町」の配達を担当している郵便屋さん。

目立たないように暮らしていますが、よく見るとイケメンで、「アイドルの誰かに似てる気がする」などと言われ隠れファンが多いんです。

それもそのはず。実は、秋宏の兄は人気タレント。

シーア

お兄ちゃんのことがバレたら、サインを求められたりいろいろややこしいから、なるべく内緒にしてるんだって。

ですが、秋宏自身は、真面目で優しくて、地味にコツコツ頑張るタイプ。

郵便局員は、ただ手紙やハガキを届けるだけじゃなく、人と人をつないだり、地域に貢献する仕事だということがわかります。

ちょっとした謎解き要素もあって、ワクワクしながら読めますよ。

シリーズ化されているので、気に入ったら続きも読んでみてくださいね。

【2020年新刊あり】小野寺史宜は今後も注目の作家

シーア

本屋大賞2位をとったのも最近だし、意欲的に活動されているよ。

小野寺史宜さんは、刊行ペースが早く多作な作家さん。

私自身、まだ読んでいない作品があるので、これから読んでいくのが楽しみ!

2020年も、新刊の出版予定があり、まだまだ書きたい作品があると話されているので、今後にも大いに期待しています。

小野寺史宜おすすめランキング
  1. ひと
  2. まち
  3. ライフ
  4. みつばの郵便屋さんシリーズ
ライト

今後も、既刊でまだ読んでいない作品を読んだり、新刊が出たら、この記事を更新していくよ!

ABOUT ME
シーア
年間120冊の本を読んできた経験から、おすすめの本をご紹介します。 「絵本講師」の資格を持っています。大人にも子どもにも絵本の魅力をお伝えしたい! 夫・男子ふたり・犬と暮らすワーキングマザー。 仕事も読書も育児も、自分のやりたいことを全部諦めない、欲張りさんです。好奇心旺盛で、いろんなことに興味があります。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です