小説

「流浪の月」凪良ゆう|事実と真実は違う。新しい人間関係を描く【本屋大賞受賞】

wandering-moon

男子大学生が、9歳の少女を誘拐、監禁。少女はそれでも青年をかばっていた…。

そう聞いたら、世間の人はきっと「ロリコンの大学生が、女の子をそそのかして洗脳したんだ」と思うでしょう。

シーア

でも…本当にそうなのかな?

客観的に見た「事実」と、当事者しか知らない「真実」がある…「流浪の月」は、新しい人間関係を描いています。

東京創元社
¥1,650 (2020/10/19 17:43:56時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

「かわいそう」と同情する世間の目は、正義感なのかもしれないけれど、きっと誰のことも救えない。

よくある筋書きや、典型的な愛や家族のあり方が、本当に正しいのか…考えさせられる作品です。

ライト

「流浪の月」を解説するよ!

本屋大賞2020大賞受賞作&ノミネート作品の感想・レビューまとめはこちら!

hontai-2020
【2020年本屋大賞】大賞受賞作&ノミネート作品の感想・レビューまとめ本屋大賞は、全国の書店員さんが、売りたい・おすすめしたい本を選ぶもの。毎年、面白い作品ばかりで、期待が高まります!2020年の本屋大賞の大賞受賞作&ノミネート作品と、レビュー記事をまとめました。1位「流浪の月/凪良ゆう」2位「ライオンのおやつ/小川糸」3位「線は、僕を描く/砥上裕將」など...

「流浪の月」凪良ゆう|登場人物

メインの登場人物は、世間にうまく馴染めないふたり。

彼女たちは、他人から見た姿と、真実の関係が違います。

ライト

本当のことって、ふたりにしかわからないんだと思う。

【事実】世間から見たふたり
  • 家内更紗…一家離散し、叔母の家に引き取られたあと、文に誘拐され、2ヶ月監禁されていた。
  • 佐伯文(ふみ)…大学生の頃、9歳の少女を誘拐した小児性愛者。
【真実】本当のふたり
  • 家内更紗…父が亡くなり、自由な母は出奔。伯母の家に引き取られたあと、従兄に性的虐待を受けていた。公園で出会った大学生の文についていく。
  • 佐伯文(ふみ)…自分の身体や精神のことで悩んでいた大学生の頃、更紗に出会う。いけないことと知りつつ、2ヶ月をともに過ごす。

ふとしたことから、更紗は「被害者の少女」になり、文は「加害者の青年」になってしまいました。

「流浪の月」凪良ゆう|あらすじと内容

更紗の母親は、浮世離れした自由な人でした。

たとえば、明るいうちからお酒を飲んだり、たまに晩ごはんがアイスクリームだったり、子どもには過激とされる映画を家族で観たり。

だけど「更紗はどれが好き?」「更紗はどうしたい?」と、いつも意見を聞いてくれました。

シーア

更紗はそんなお母さんが好きだったよ。

ですが、父親が病気で亡くなったあと、母親は彼氏と家を出て、そのまま戻ってきませんでした。

ライト

自由を大事にするのはいいけど、それはダメでしょ!

シーア

でも、更紗はお母さんのことをそこまで恨んでないというか、受け入れちゃってる感じがする。なんとなく。

更紗は、伯母の家に引き取られ、常識のある子どものふりをします。

伯母のひとり息子の孝弘は、夜になると更紗の部屋に入ってきて…。

周りに合わせてばかりで、窮屈で自由がなくて、もう何もかも嫌になったとき、文に出会います。

雨の日、傘を持たずに濡れていた更紗を、文は「うちにくる?」と誘い、そのまま文の家に住みつきました。

シーア

だけど…いつまでもこのまま暮らしてはいられないよ。

当然ながら、更紗の居場所が知られるのは、時間の問題。

文が逮捕され、更紗は事情を聞かれますが、どうしても本当のことを言い出せません。

文の容疑を晴らすには、更紗の証言は幼すぎました。

文は優しかった。文はわたしにひどいことはなにもしてない。ひどいのは、わたしにひどいことをしたのは…

更紗と文は引き離され、長い間お互いの消息も知らずに暮らしましたが、十数年後、不思議な縁でまためぐり合います。

名前のない関係だけど、それでもそばにいたい

更紗と文の関係には、名前がありません。

愛ではないし、恋人でも、家族でもない。友達というのもちょっと違う。

だけど、世界中の人に反対され、批判されても、更紗は文と一緒にいたい。

強いて言うなら、更紗の言葉にすべてが集約されています。

放浪の末、世界にたった二匹しかいない仲間にようやく出会えた動物って、こんな気持ちなんじゃないかな。

そばにいたいという気持ちに、名前をつける必要があるでしょうか?

シーア

ふたりの関係を、無理に型にはめようとすること自体、なんだか違和感があるよ。

更紗を被害者扱いしていつまでも同情したり、文を誘拐事件の犯人として白い目で見たり…そんな世間のために、ふたりは生きているわけじゃない。

よかれと思って、善意でかけられる言葉たちが、逆に彼女たちを傷つけて、追いつめていく。

本当のことは、ふたりにしかわからないし、他人が理解する必要もないことなのです。

凪良ゆうさんはBL出身の作家

凪良ゆうさんは、二次創作からスタートされ、BL(ボーイズラブ)を10年以上書かれてきた作家さん。

BLは、お約束が多いジャンルと言われています。

ふたりの男性が、攻めと受けで、最後はハッピーエンドで…という流れ。

シーア

だんだん、「この約束事がなかったら、もっと深く踏み込めるのに」と思うようになったんだって。

徐々に、型にはまらないストーリーを目指すようになり、一般文芸にもチャレンジ。

一般文芸で、より広い読者に向けた作品を書いたのは、「流浪の月」が3作目。

ライト

文庫じゃなく単行本としては、「流浪の月」が初の刊行だよ。

深く狭いファンに向けた独特のBL、自由に書けて多くの人に届く一般文芸

これからも、どちらかひとつに絞らず、そのときご自身の書きたいものを書いていくと語っています。

「流浪の月」が受け入れられたのは、生きづらさを抱える人に届いたから

凪良ゆうさんが、一貫して描いてきたのは、人と人が理解し合えない生きづらさ。

「流浪の月」は、少女が大学生に誘拐されるという、あらすじだけ聞いたらセンセーショナルな作品。

だけど、ふたりの間に芽生えた心の交流を、繊細に丁寧に描いているからこそ、読者は「真実」に納得させられます

私たちは、現実問題として、「家族だったら100%大丈夫」と言い切れないことを知っています。

シーア

子どもに殺される親、親に虐待される子ども…そんなニュースが絶えないもんね。

安らげるはずの家庭でも、つらい思いをしている子どもって、想像以上に多い。

だから、更紗が文に出会って救われたことも、文が更紗をかくまった罪に問われても恨んでいないことも、実体験がなくたって心から共感できるのです。

「流浪の月」凪良ゆう|まとめ

「流浪の月」は、新しい人間関係を深く描いた作品。

既存の価値観に人を当てはめて、わかりやすいレッテルを貼って、理解したつもりになるのって、よくあること。

シーア

わからないことって不安だから、つい自分の理解の及ぶ範囲に置きたくなっちゃうんだろうね。

ですが、そんな表面的な善意では、本質をつかむことはできません。

わからないものはわからないまま、そっとしておくのも、現代の私たちがとれる選択肢なのかもしれません。

東京創元社
¥1,650 (2020/10/19 17:43:56時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

関連記事

世間一般の「当たり前」からはずれて、生きにくさを抱える人は、実は世の中にたくさんいます。

寺地はるなさんの作品にも、そんなやるせなさが描かれています。

adult-not-cry
「大人は泣かないと思っていた」寺地はるな|古い価値観を変えていく、さわやかな短編集現代は、多様性が認められる社会になりつつありますが、恋愛や結婚、家族のあり方は、「昔ながらの当たり前」を押しつけられ、傷ついている人も多いですよね。そんな古い価値観を少しずつ変えながら、生きづらさを克服して、自分らしく過ごそうとする人たちを描いた短編集をご紹介します。男だから・女だからという差別や、「普通」のありかたを、しなやかに変えていく彼らのスタイルを、応援したくなりますよ。...

更紗と文は、家族ではありませんが、どうしようもなく結びつき、離れられない関係。

多様化している「家族」のあり方を問う作品を集めた記事です。

family-novel
家族がテーマのおすすめ小説12選【愛と感動、ときどき葛藤】離婚や死別、シングルやステップファミリーなど、家族のあり方が多様化している現代。身近すぎて、ときに甘えすぎてしまったり、壊れそうになったり…家族って、意外と儚いものなのかもしれません。また、血のつながりがなくても家族といえる関係も。さまざまな家族小説をご紹介します。...
ABOUT ME
シーア
年間120冊の本を読んできた経験から、おすすめの本をご紹介します。 「絵本講師」の資格を持っています。大人にも子どもにも絵本の魅力をお伝えしたい! 夫・男子ふたり・犬と暮らすワーキングマザー。 仕事も読書も育児も、自分のやりたいことを全部諦めない、欲張りさんです。好奇心旺盛で、いろんなことに興味があります。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です