小説

「ビオレタ」寺地はるな|棺桶を売る雑貨屋を舞台に、失恋から立ち直る再生ストーリー

violeta

美しく装飾された「棺桶」を売る、ちょっと風変わりな雑貨店、ビオレタ。

失恋を経験した27歳のたえが、ビオレタとお店を取り巻く人たちに出会い、徐々に自信をつけていく…。

自分の人生を、自分の足で歩いていく、すべての女性におすすめしたい小説です。

¥852 (2020/09/23 00:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

何事にも自信がなく、流されやすくて、それなのに意外と頑固で、柔軟に自分を変えることができない。

誰かに必要とされたくて、ずっと居場所を探している。

シーア

特に女性は、そういう人って多いんじゃないかな?

「ビオレタ」が、あなたに自分の力で人生を切り開くきっかけを与えてくれるかもしれません。

ライト

「ビオレタ」を解説するよ!

寺地はるなさんの小説、個人的おすすめランキングです。

terachiharuna-matome
寺地はるなの小説おすすめ11選|強くて優しい、心が疲れているときに読みたい作品寺地はるなさんの小説が好きです。つらい状況にあっても優しい登場人物、綺麗事じゃない世界、現実のほろ苦い毒、そんな中でもしなやかな心を忘れない強さ。人生いろいろあるけど、私ももうすこし頑張ってみよう、と思える作品たち。読後感がよく、心が疲れているときにもピッタリ。あらすじと感想を交えて、個人的おすすめ順にご紹介します。...

「ビオレタ」寺地はるな|登場人物

「ビオレタ」の登場人物たちをご紹介します。

  • 田中妙…27歳で恋人に婚約破棄された。菫に拾われてビオレタで働くことに。
  • 北村菫…棺桶を売る雑貨屋「ビオレタ」の主人。風変わりでつかみどころのない人。
  • 千歳健太郎…ボタン屋の主人。年配の女性にモテる。妙と付き合っているが、菫の元夫。
  • 北村蓮太郎…菫と千歳さんの息子。二十歳の大学生。変な両親たちの間を自由に行き来している。

他にも、千歳さんのマンションの大家さんの娘の桃子さんとか(遠いな)、その他いろいろなお客さんたちがいます。

みんな、それぞれに悩みを持ってビオレタにやってくるのです。

寺地はるなさんのデビュー作!ポプラ社小説大賞の新人賞

作者の寺地はるなさんは、ワーキングマザーのかたわら小説を書かれていました。

この「ビオレタ」で第4回ポプラ社小説新人賞を受賞され、デビュー。

選考委員の方々の満場一致で受賞が決まったそうで、納得の結果ですね。

シーア

実は、その当時、ポプラ社の月刊広報誌「asta*」を定期購読していたから、寺地はるなさんのこと知ってたんだ!

asta*に載っていた短編「夢の種」は、棺桶を求めてビオレタに訪れる男性が主人公で、より「ビオレタ」が読みたくなるお話。

文庫版の「ビオレタ」に収録されています。

もっとこの人の作品を読みたいな…と思っていたことを、今になってようやく思い出しました。

「ビオレタ」寺地はるな|あらすじ・内容

妙は、婚約者の慎一に呼び出され、突然別れを告げられました。

「妙を嫌いになったわけじゃないんだよ」と言いつつも、「無理」とはっきり言われてしまいます。

シーア

理由もよくわかんないし、こんなの到底受け入れられないよ…!

道端で大泣きしていた妙を拾ってくれたのが、菫さんでした。

「道端で泣くのはやめなさい」と、厳しい態度でしたが、抗いがたい雰囲気のまま、雑貨屋「ビオレタ」で働くことに。

ビオレタは、普通の人形やアクセサリーだけでなく、「棺桶」を売っています。

ライト

棺桶って、なにかの死骸を入れる、あの棺桶…?

棺桶は、言うなれば比喩で、本当に人間や動物の遺体を入れるわけではありません。

宝石箱のようにキレイな箱で、忘れられない記憶や感情、思い出の品など、行き場のないものたちを入れるもの。

ときには、入れるものの大きさによってオーダーメイドで作られることも。

お客さんが望めば、棺桶はビオレタの庭に埋められます。

「棺桶あります」と看板を出しているわけでもないのに、新しいお客さんが定期的に買いにくるのです。

シーア

こういう雑貨屋さんって、インスタとかクチコミ掲示板で評判になっていそうだよね。

婚約者にはフラれるし、仕事もうまくいっていないまま結婚を理由に辞めてしまったし、何事にも自信を持てない妙。

ですが、菫さんや千歳さんら、ビオレタと周囲の人々との出会いを通じて、少しずつ変わりはじめます。

婚約破棄といえば、宮下奈都さんの「太陽のパスタ、豆のスープ」を思い出します。

sun-pasta-beens-soup
「太陽のパスタ、豆のスープ」宮下奈都|失恋した女性におすすめ!元気がもらえる小説失恋、それも結婚が目前に迫った時期の婚約破棄となれば、目の前が真っ暗になるほどの絶望を感じるでしょう。そんなとき、すべてを終わりにしてしまえれば楽だけど、それでも続いていくのが人生というもの。どん底から立ち直りたいけれど、どうしたらいいか分からない…そんな方におすすめの作品。...

とりあえず誰かとつきあう、の先にあるもの

菫さんが商品を作るのに使うボタンは、千歳さんのお店「チトセボタン」で買っています。

妙は、おつかいで出かけたときに千歳さんと出会い…慎一のことを忘れようと、手近だった千歳さんとつきあうことに。

シーア

失恋あるあるすぎて、逆にドン引きなんだけど…!

千歳さんは、女の子に優しくて、たくさん話を聞いてくれて、柴犬みたいな人。

だけど、妙は最初、千歳さんのことなんて全然好きじゃなかったんです。

とりあえず付き合っただけだから。

ライト

千歳さんを都合よく扱いすぎだよね…。

普通なら、そんないい加減な始まり方だと、妙の気持ちが落ち着いたらそのうちフェードアウトしてしまいそう。

ですが、妙が成長していくにつれ、千歳さんとの関係性も変わっていきます。

見えてなかったものが、見えるようになってくる。

揺らがないでいられる人なんて、本当はどこにもいないのです。

シーア

ふたりがどんな道を歩むのか、本作を読んでみてほしいな。

人に必要とされる存在になりたい

妙は、マイナス思考で、なんでも先回りして考えすぎる性格。

必要とされていないのがつらい。

いてもいなくてもどうでも良いような存在である自分、というのがつらい。前の会社でもそうだったし、慎一のことだってそうだ。慎一を失うことそのものより「僕の人生に必要のない存在」と自分が認識されたということがつらかった。

誰だって、誰かに必要とされたいし、ここにいていいんだよって言われたい。

逆に言えば、妙は、誰かに「必要だよ」と言われ続けていないと、自分ひとりではそう思えていないってこと。

慎一と婚約していたときは、そのことが存在を許された証になっていただけ。

シーア

そんな気持ちのまま結婚しても、慎一に依存し続けるだけだよね…。

ビオレタで菫さんと出会ったことで、「菫さんみたいに、揺るぎなくなりたい」と願うようになります。

だけど、菫さんだって、ずっと順調な人生というわけでもありません。

千歳さんと結婚したことにも、蓮太郎を産んだことにも、複雑な感情がありました。

人は、どうしても自分から見える一面だけで判断してしまうし、他人を無条件に強く大きく感じてしまうけれど、誰だって誰かに支えられたいのです。

「ビオレタ」は、母親観を見つめ直す物語

「ビオレタ」は、失恋からの再生物語であると同時に、母の物語でもあります。

結婚の先には、出産や子育てが待っています。

「幸せ」のものさしは、どこにあるのか…それは人それぞれ。

妙の母親は、「子どもを産んでこそ、女は一人前」というようなことを言うので、妙はモヤモヤします。

子どもを生むどころか、婚約破棄された私はどうなるの?
女の幸せって何なの?

菫さんは、離婚したけれど元夫の千歳さんとも交流があるし、ちょっと変わった母親像。

妙の姉も、義理の妹(弟の奥さん)も、すでに結婚して子どもがいるし、妙だけが「母」の要素がまったくないのです。

芯になるものがなくて、頼りなく揺らいでいる妙が、さまざまな母親像を通して、自分の「揺るぎなさ」を見つけて、誰かにとっての「庭」になるストーリーでもあるのです。

「ビオレタ」寺地はるな|恋や仕事がうまくいかない人におすすめの小説

「ビオレタ」は、恋や仕事がうまくいかなくて、自分に自信がないと感じる人に、読んでほしい作品。

ライト

自信って、身につけようと頑張ってなんとかなるものじゃないもんね。

いつかは、誰かに認めてほしい、優しく受け入れてほしいと求めるばかりの人間ではなく、誰かを受け入れて励ましてあげられる、大きな人になれるように。

「ビオレタ」は、そんな人たちのよりどころ、「庭」になってくれることでしょう。

シーア

あなたなら、棺桶に何を入れますか?

¥852 (2020/09/23 00:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

Kindle Unlimitedなら本・マンガが読み放題【30日間無料】

関連記事

寺地はるなさんの作品が大好きで、最近ハマっています。

どれもフラットな視点で、弱者に優しく、心があたたまりますよ。

adult-not-cry
「大人は泣かないと思っていた」寺地はるな|古い価値観を変えていく、さわやかな短編集現代は、多様性が認められる社会になりつつありますが、恋愛や結婚、家族のあり方は、「昔ながらの当たり前」を押しつけられ、傷ついている人も多いですよね。そんな古い価値観を少しずつ変えながら、生きづらさを克服して、自分らしく過ごそうとする人たちを描いた短編集をご紹介します。男だから・女だからという差別や、「普通」のありかたを、しなやかに変えていく彼らのスタイルを、応援したくなりますよ。...
寺地はるな作品、他にもレビュー記事を書いています。
ABOUT ME
シーア
年間120冊の本を読んできた経験から、おすすめの本をご紹介します。 「絵本講師」の資格を持っています。大人にも子どもにも絵本の魅力をお伝えしたい! 夫・男子ふたり・犬と暮らすワーキングマザー。 仕事も読書も育児も、自分のやりたいことを全部諦めない、欲張りさんです。好奇心旺盛で、いろんなことに興味があります。
【Kindle】スマホで読書をはじめよう
シーア
シーア
小説もビジネス書も、全部自分のスマホ1台で読めるよ!

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方には「Kindle」がおすすめ。

いつでもどこでも、片手で読めるから便利。

私は、防水のiPhoneをお風呂に持ち込んで、Kindleで読書しています。

日替わり・週替わり・月替わりでセールがあるほか、Kindle Unlimitedでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、チェックしてみて下さいね。

ライト
ライト
紙の本よりもちょっと安いのもいいところ!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です